Back

水槽 ポンプ停止

非常事態! メインポンプ緊急停止

2005年7月18日午前、浸水により水槽の揚水用メインポンプが停止するというかつて無い惨事にみまわれ、ホームセンターに行ったりして1日中その仮復旧に追われてしまいました。気が付いたのがポンプ停止から約1時間ほどたっていましたので、水槽の中の魚たちはすでに少々酸欠気味の状態で、揚水されていなかったので当然クーラーも機能しておらず水温は24度程になっており、あげくにエアーポンプもすっかり浸水し停止状態で、一時は致命的な状態に陥っていました。どこから手をつけて良いかほとんどパニック状態に陥ってしまい一時呆然とするのみでした。とりあえず予備のエアーポンプによりエアーを送ろうとしましたが、なにぶんにも容量が小さく、深さ60cmとなると十分な稼動が困難で悪戦苦闘の末セットしました。原因はプロテインスキマー用のポンプのホース取付部分よりの漏水で、ポンプ設置箇所には、漏水を想定したアクリルによる囲いを取り付けていましたが、これが逆にマグネット式のポンプの一部水没を招き機能を停止させてしまったようです。現在はスキマー用のポンプを臨時的に揚水ポンプとして使用していますが、なにぶん流量が少ないためにかろうじて機能している状態です、エアーポンプも容量的には小さいものでエアーを送っていますので、早急な揚水ポンプとエアーポンプの交換を必要としている状態です。
7月20日、ついに犠牲者が出てしまいました、直近釣った黒鯛君が3枚逝去されました、まだ水槽の海水に慣れていなかったのでしょうか、でも比較的敏感な石鯛が元気なところを見ると不思議です、成仏するのを祈るのみです。ポンプの手配は済んでいるのですが、21日の入荷待ちで、現状では手も足もだせずはがゆい状態です。
7月22日メイン揚水ポンプ復旧、とりあえずこれでプロティンスキマーも稼動し一安心です。おそらくアンモニア濃度は限界近くであったとおもわれます、3枚のみの犠牲者で済んだのが奇跡としか言いようがありません、みんなようがんばった
7月25日今思えば18日は休日でなぜ釣行しなかったのか自分でも不思議です。いつもなら17日に釣果が出ていますので必ず出かけていたはずでしたが、虫の・・いや魚の知らせとでも言うのでしょうか、当日はめずらしく荒磯会メンバーのうち5名が沖防波堤に乗っていたと言うのに・・・・。教訓その1 水槽周りの点検は1日一回必ず行うと言う事ですか。エアーポンプの手配が完了しましたので、完全復旧まであとわずかです。
7月31日金曜日に手配していたエアーポンプが29日に届き、セットを完了し完全復旧となりました。