808

釣行月日 8月8日 黒鯛釣果 -

サイズ・数

-

場   所

相馬沖防波堤

時   間

5:00-14:00

同 行 者

直・K・山ちゃん

気象状況 天   候 気温(開始時) 水   温 満潮時刻

晴れ

20度前後 -

北=弱

仕   掛 竿 リ ー ル ライン/ハリス ウ   キ ガ ン 玉
ガイド 1.2号 5.3 2500 2.5号/1.75号 4B 4B 4号金

釣行状況

 直が休みが取れたのでサバ釣りに来ると言うので、沖防波堤サバ釣り第2弾です。今回は山ちゃん(私のヘラ鮒釣りの師匠と言ってもまだ2回の指導釣行)も誘って総勢4名での釣行です。沖防波堤に到着し、コマセを入れ始めてすぐに直にアタリ。一年ぶりの大サバにてこずりながらも楽しんでいます。水深は約8mですが、サバの棚が随分浅いようで、軽い仕掛けにしていた直に次々にアタリが出ています。サバ釣り初めての山ちゃんも棚を浅くしてあげると、即アタリが出て大サバにもてあそばれていました。サバに混じりイナダの子供・カンパチの子供がおり、群れが回ってくると次から次から掛かりお祭り騒ぎです。サバの型も大型もいますが20cmほどの小サバも出没し始めました。直も山ちゃんも十分に堪能したようでした。

Back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

817

釣行月日 8月17日 黒鯛釣果 -

サイズ・数

-

場   所

相馬沖防波堤

時   間

5:30-13:00

同 行 者

やなやん・K

気象状況 天   候 気温(開始時) 水   温 満潮時刻

20度前後 -

北=弱

仕   掛 竿 リ ー ル ライン/ハリス ウ   キ ガ ン 玉
ガイド 1.2号 5.3 2500 2.5号/1.75号 4B 3B+G 4号オキアミ色

釣行状況

 kの初黒鯛GETを実現すべく気合を入れての釣行です。・・・のはずでしたが、福島を出発した頃から振り出した雨に加え、渡船屋さんに付くと地震による津波注意報が出ており、早めに到着していた人々は足止めとなっておりました。渡船が出船したのは5時30分となってしまいました。そろそろ黒鯛にターゲットを戻し、今日はテトラでの釣行です。沖防波堤も朝方は雨は降っていたものの潮も上がっており、期待の持てる状態とおもわれましたが、あまりにも海が穏やかすぎます。ほとんど鏡のような海面で、どこもさらしは出ていません。午後よりうねりが出ることを期待しながら、コマセを入れるとフグ、タナゴの連続攻撃。さらにコマセに誘われたイナダの子供が出没。潮が止まってしまった午前10頃からはタナゴの総攻撃となり、つけ餌は全く残りません。午前中は風は気にならない程度で、雨は降ったり止んだりでしたが、午後に入ると急に東北よりの強い風と豪雨、撤収予定は午後2時としていましたが、たまらず午後1時の早上がりとなってしまいました。Kも35cm程のアイナメを掛けましたが、本命は随分遠いようです。私もなかなか満足する釣りをさせてもらえませんでした。黒鯛はどこに?

Back

 

 

 

 

 

 

826

釣行月日 8月26日 黒鯛釣果 -

サイズ・数

-

場   所

相馬沖防波堤

時   間

5:30-14:00

同 行 者

気象状況 天   候 気温(開始時) 水   温 満潮時刻

曇り

20度前後 -

南東=中

仕   掛 竿 リ ー ル ライン/ハリス ウ   キ ガ ン 玉
ガイド 1.2号 5.3 2500 2.5号/1.75号 4B 3B+G 4号オキアミ色

釣行状況

 kが家庭サービスから解放されると言うので、久々の黒鯛釣行です。今週平日に黒鯛の釣果情報がチラホラ入っていましたので、期待と気合をもっての釣行でした・・・・・が、なんと海水の透明度が非常に高くスケスケ状態、沈みテトラまでしっかりと見えます。朝方は風も無く、潮は干潮に向かい下げている状態でした。サラシは何とか頼りなくも出ていましたので、めげずにKと共に釣行開始です。しかしあまりにも海水の透明度が高いため、仕掛けを投入すると同時にタナゴに見つかってしまい、付け餌に黒々と群れてしまうのがはっきりと目視できます。かなりの遠投にもタナゴたちは敏感に反応し、なすすべはありません。時折姿を見せていた青物たちの姿も見られませんので、タナゴの天下となっているようです。運良くタナゴを避けることが出来ても、下にはフグが待ち構えており絶対絶命状態です。午後に入ると風も出て、潮も上がって来ましたので一分の望みを持って粘ってみましたが、とうとう黒鯛の気配は出ませんでした。

Back