TOP

電動RCヘリコプターの部屋です

電動ヘリ
リポバッテリー化
ブラシレス化
社外プロポ
オプション仕様
スケール化
ラマ
ベル
ジャットレンジャー
シュワイザー300
マクダネルダグラス500E
V100D03BL 新機導入
インドアプレーン

初挑戦

ドローン

EP-コンセプト

懐かしのEP復活

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DR

遅ればせながらドローンに挑戦@

数年前から無人飛行機(ドローン)と呼ばれるものが、趣味の世界はもちろん、商業の世界にも進出し始めていたのは、インターネット等の情報で承知していましたが、なにぶん高価で大型でしたので、私のインドアと言う範疇に入りませんでした。しかし、最近はその価格も一桁も二桁も低下、大きさも数センチの物までが発売されており私の興味をそそっています。手始めにその飛行性能、構造等になじむため小型のドローンの導入としました。
Cheerson CX-10C 2.4GHz 4CH 6軸ジャイロ RC ラジコン クアッドコプター マルチコプター ナノドローン UFO 0.3MP カメラ付 RTF
仕様  
ブランド名 Cheerson
モデル番号 CX-10C
アイテムタイプ RCクアッドコプター
カラー ブラック
材質 ABS
送信機のモード モード2
チャンネル 4チャンネル
ジャイロ 6軸
モーター コアレスモーター
リモコン周波数 2.4GHz
バッテリー パワー 3.7V 120mAh リポ
アイテムの寸法 60 * 60 * 25ミリメートル
アイテムの重量 15グラム
飛行時間 約2〜4分
対象年齢 14歳以上(十分にクリアーしてます・・)
装備 0.3MPカメラ(静止画、動画)
4GB SD カード・リーダー
LEDライト
機体本体は数千円で4GBのSDカードとリーダーが付いて6,600円、予備のプロペラとガード1,050円をプラスして購入しました。さっそく梱包を開いて中身の確認をしましたが、SDカードとカードリーダーが見当たらなく、梱包材をもう一度確認すると梱包材に紛れていました、危うく捨てられるところでした。一通りマニュアルに目を通して、と言っても全て英文でしたので翻訳ソフトで翻訳しながらとなりました。手順として機体本体のスイッチON、送信機電源スイッチON(この時、機体のLEDが点滅し、ブザーが鳴りました)、その間に左側レバーを最上段へ動かして、再び再下段に戻すとLED点滅が点灯に変わり、ブザーも鳴りやんで同期されたようです。送信機はモード2、左スティックの上下でパワー強弱、左右で左右、右スティックの上下で前後進、左右でエルロンのコントロールのようです。機体はカメラ方向が前となります。送信機右下に動画撮影スイッチ、静止画撮影スイッチが有ります、この世界目を見張る進化ですね〜。
前掲の手順で飛行準備を終えて、いざ発進。小さいながら気持ちよくプロペラが回転します、少しづつスロットルを上げてゆくとヒョイと言う感じで離陸しました、前後進・エルロントリムで調整してホバリング状態確保、しかし部屋の中のファンヒーターの風にも流されてしまいます、猫も狙って今にも飛びつきそうです。少し高度を取って猫から逃げながら最初の3分間の飛行を無事終えました、バッテリーが低下するとLEDが点滅します。ほとんどヘリのケツホバでした。次の飛行では画像撮影にも挑戦してみます。USB充電ですのでノートパソコンのUSB端子から充電していますので、少しパソコンの出し入れが面倒ですので、USB-ACアダプターを物色しています。
撮影した画像です、動画を取ったつもりでしたが静止画となっていました。離陸時と着陸時となりました。画像については縮小等の加工はしていません、思いのほか十分な画質で驚きです、次は動画も・・・・。
画像詳細データ
サイズ 42.5KB
種類 JPEGイメージ
大きさ 640×480
640ピクセル
480ピクセル
水平方向の解像度 72dpi
垂直方向の解像度 72dpi
ビットの深さ 24
画像詳細データ
サイズ 41.3KB
種類 JPEGイメージ
大きさ 640×480
640ピクセル
480ピクセル
水平方向の解像度 72dpi
垂直方向の解像度 72dpi
ビットの深さ 24
撮影動画です。
再生
再生 
再生 

back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

dr2

ドローンA

第一弾の導入機体は最少サイズタイプとしましたが、部屋の中の少しの風にも大変敏感でそれはそれで面白味が有りますが、もう少し安定感のある機体を・・・とネットを物色していると、FPVと言う機能が装備されたものを発見、これは機体に装備されたカメラから動画等がリアルタイムに送られて、送信機に付いたモニターに写し出される(もちろん録画も可能)と言うもので、大変興味をそそられ”ポチ”してしまいました。

AEROCRAFT 106FPV

サイズ 18×18×7.5cm
プロペラ直径 6cm
ライト LEDライト
チャンネル 2.4GHz 5.8GHz
素材

ABSプラスチック

ジャイロ 6軸ジャイロ
制御距離 80〜100m
バッテリー Lipo 7.4V
飛行時間 約6分(環境による)
重量 約90g
装備 高画質HDカメラFPV
リアルタイム液晶モニター付き送信機
ヘッドレスモード

back