oBACKt                                 損傷の多い箇所

004クラスの電動ヘリの丈夫さは定評がありますが、損傷箇所は、その操縦技術の向上(?)に伴って変化しました。下記が損傷に伴って交換した部品等の発注状況です。HM=WALKERA-#04 FP=PHONEIX-FP EK=E-SKY-E004
190108 本体発注 1機
190126 バッテリー(HM-004-Z-25)1個・練習用アメンボ 1個
190128 スーパーランデングスキッド・トップフレームコネクター(HM-004-Z-14)・フライバーロッド(HM-004-Z-18)・ローターヘッド(HM-004-Z-01)
190130 コンバートセット(FP-PH001/PH002/PH006/ph007)1セット・スワッシュプレートセット(FP-PH003)1セット
190213 テールブーム(HM-004-Z-20)1本・メインブレードセット(HM-004-Z-09)1セット・フライバーロッド(HM-004-Z-18)2本
190215 Rotathing Frane(HM-004-Z-02)1個・トップフレームコネクター(HM-004-Z-14)2個・フライバーロッド(HM-004-Z-18)2本・フライバーパドル(HM-004-Z-22)1セット
190220 メインモーター(HM-004-Z-15)1個・スキッド(HM-004-Z-07)3セット
190301 メインギア(HM-004-Z-04)1セット・テールモーター(HM-004-Z-05)1個・スキッド(HM-004-Z-07)2セット・トップフレームコネクター(HM-004-Z-14)1個
190328 コントロールリンク(FP-PH004)・センターハブ(FP-PH006)1個・サーボリンクセット(FP-PH008)1セット・バッテリー(HM-004-Z-25)1個
190409 シーソー&タイミングヨーク(EK1-0206)1個・ロングコネクター(HM-004-Z-10)1個・メインブレード(HM-004-Z-09)が1セット・バッテリー(HM-004-Z-25)1個・メインシャフトカラー(EK1-0246)1個
190418 メインブレードコントロールリンク(EK1-0201)1個・センターハブ(FP-PH006)1個・スキッド(HM-004-Z-07)1セット・ショートコネクター(HN-004-Z-06)1個・テイルブレード(HM-004-Z-17)1個・ロングコネクター(HM-004-Z-10)1個・スワッシュプレート(HM-004-Z-21)1個
190424 LIPO AC/DCチャージャー 
190512 メインモーター(HM-004-Z-15)1個・バッテリー(HM-004-Z-25)1個・受信機セット(HM-004-Z-28)1台
190529 メインブレード(EK1-0202)1セット・ワイヤーセット(EK1-0226)1個・バッテリー(EK1-0100)1個・ メインドライブギヤ(EK1-0238)1個・メインマスト(EK1-0267)1本
190610 メインフレーム(HM-004-Z-27)1個
190619 テールモーター(HM-004-Z-05)1個・メインブレード(HM-004-Z-09)1セット・テールモーターケーブル(HM-22E-Z-40)1個
190626 バッテリー(EK1-0100)1個・テールモーター ヒートシンク(EK1-0223)・メインモーター ヒートシンク(EK1-0224)
190707 受信機セット(HM-004-Z-28)1台・メインブレード3組セット(EK4-0000)1セット
190711 ローターヘッドセット(FP-PH001)2個・コントロールリンク(FP-PH004)3個・センターハブ(FPPH006)
190719 E-SKY 4CH ラジコンヘリ オークション落札
190924 E-SKY 4in1コントロールユニット (004 EK2-0702) オークション落札
190928 キャビン(HM-004-Z-16)1個・メインブレード(HM-004-Z-09)1セット・リポバッテリー7.4V 800mAh 10C(EK1-0181)
191030 シーソー&タイミングヨーク(EK1-0206)1個・キャノピー(EK1-0274)1個

記部品は現在予備ストックとなっているものも含みますので、全てではありませんが随分壊してますね〜。ひとつひとつ、悲鳴とため息を伴って思い返されます。

スキッド

浮上できるようになる前からよくぶつけて折っていました。少しでも浮上するようになると機体の全重量がかかりますからなおさら折れます。あまりに折れますのでスプリングを利用した自作のスキッドを使用していました。現在は早々に購入しておいた「スーパーランデングスキッド」なるものを使用していますから、損壊の心配はありません。もっと早く使っていれば・・・・と思いますが、浮きもしない状態では重量増加が心配で、使用を躊躇していました。

トップフレームコネクター

練習当初特にこれはよく壊れてました、メインシャフトにピンで固定されベアリングを介してメインブレードを支えているものですが、未熟な操縦で当然のごとく物に激突しますから仕方ありませんでした。

メインブレード

上に同じ

バッテリー

損壊はしませんが、バッテリーの特性を理解せずに酷使したため当初は一月に2個のペースでダウンしていました。ニッケル水素バッテリーにはメモリー効果と言う特性があり、これはニッケル水素電池を放電する際に、充分に電池電圧が低下する前に容量をある程度残した状態で放電を中止し再度充放電を行うことを繰り返すと、初回に放電を中止した付近で電圧が低下してしまうもののようです。放電機能付の充電器を使用することで、随分解消されました。

送受信機メカ

中国製で安価だから・・・。と言ってしまえばそれまでですが、特にW製は内部のハンダ付けなどは私のハンダ付け技術よりも劣っているようで、衝撃を与えていないはずの送信機さえ接触不良をたびたび起こし、自分で再度ハンダ付けをやり直しました。現在使用しているのは送受信機・サーボともE社製ですが不具合は起こっていません。と言っても、最近はぶつけたり落とす頻度が少なくなりましたから当然の事かも知れません、あくまで精密機械ですから取扱は十分注意が必要です。

back

 

 

 

 

 

 

 

 

s

back