Back

楽    し    み

台風の影響で海が荒れてしまい、休日黒鯛釣行が出来ずに暇を持て余していたところへ山ちゃんからへら鮒釣りに誘われ、山ちゃんにゼロから指導を受け今年の8月上旬からすっかりへら鮒釣りにはまってしまい、休日のみですが約2ヶ月で約15日間程度の釣行の超初心者です。ですからへら釣りに関して語るなど大変おこがましいのですが、そのへら鮒釣りの奥の深さ、繊細さにすっかりとりこになってしまっています。そのせいで黒鯛釣行がめっきり減ってしまいました。私のような超ビギナーでさえ可能なへら鮒釣りの楽しみを報告できればと思います。

楽しみその1

釣行が非常に楽な事、釣行場所が自宅から数キロと近く、2〜3時間の暇があれば釣行が可能であること。実際の釣行はほとんど朝から早くてお昼までの6時間、気合が乗っているときはウキが見えなくなるまでの10時間程です。

楽しみその2

なんと言ってもウキを見ていられる事。始めた頃は、ウキの微妙な動きを捉えることができず大変四苦八苦していましたが。最近ようやく気がつきました、このウキの動きで魚の動きをイメージする事が非常に大切であるということ、でもウキに動きを出すのも自分次第、でもいまだにアタリの半分以上を逃しています。

楽しみその3

作った餌の状況により、魚のアタリが出なかったり、出たり。魚の掛かりがあったり、無かったり。いまだに毎回この餌作りには相当苦労しています。へら鮒釣の中で最も重要な要素であるだけに早く自分なりの基本餌を完成させたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本

Back

道    具

釣竿

値段はそれこそピンからキリですから・・・・、私は自分の経済状況で許される範囲となりました。長さによって数本そろえてます。

釣り台

私が最初に通った沼は、傾斜した土手でしたのでこれが無いと不安定で怖くて釣りになりませんでした。アルミ製で4本の足で沼にせり出して設置します。今通っている沼は元管理釣り場だった場所なので、木製台が組まれておりこれは使っていません。

竿掛け

へら鮒釣り独特の、穂先を水に入れてアタリを待つのに使います。

竿ケース

竿・竿掛け・長めのウキケースなどが収納出来るようになっています。その他釣り台の脚を収納したり、傘を収納したりしています。

バック

数種類の餌と、餌ボール大小2つ、携帯灰皿、自分の餌を入れています。へら用座布団も二つ折でぴったり収納できます。サイドポケットには雨具、仕掛け巻、仕掛けケースなど細々としたものを収納。

たも網ケース

たも網を収納します、本来はフラシ入れのようです。

仕掛け巻

竿の長さに応じた仕掛け数種類を巻いておきます。

ウキケース

ウキを収納します。私のレベルではウキを使い分けるなどと言う技量はありませんが、セット販売で購入したものですから、1番から7番までの8本(一番のみ2本)と他に数本を収納しています。両だんご用の2種類のハリスの収納も出来るように改造しています。

仕掛けケース

棚取りゴム、オモリ、針(4号・5号のみ)、ウキ止め、ウキ止めゴムなどの小物を収納します。ハリス及びライン、針巻き器はタッパーに入れています。

以上が主なへら用道具となりますが、こだわらなければ経済的にもあまり負担にはなりませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

釣行

Back

難   関

釣行はほとんど山ちゃんと一緒です。基本的なことは山ちゃんに教わりました、最初は仕掛について説明されてもへら釣りの用語で何を言われているか、どうしてそうしなければならないのか理解できない状況でしたが、理屈はともかく実釣あるのみで爆走し、釣行に釣行を重ねるに従い少しずつ説明されたことが理解できるようになってきました。山ちゃんの最大の欠点は釣行時間がジャスト3時間しか持たない事です、しかもその後はひたすら陸べら専門となり、私のウキを見てアタリがあったの動いたの、合わせろのとうるさいのです。

難関その1

ウキのアタリの見方です、へらウキの動きには独特なものがあります。もやと呼ばれるものでバラケ餌に集まってきた魚が餌周辺で動きまわる時に出るもので、ゆったりした動きで微妙にウキに現れるようです、直接的には餌には魚が触れていませんのであわせても掛かりません。食いアタリは様々なものがあるようですが、私の経験ではウキの目盛り1つから2つぐらいが一瞬入るアタリ(ツンアタリと言うそうです)、このすばやいアタリには声は出ますが身動きできない状態です。現在このアタリをとることに専念しています。次にウキのトップまで水面に消し込むアタリ(文字通り消し込みアタリと言うそうです)、これは何とかアワセることが出来ますが、力が入ってしまうのか以外と掛からない事が多いです。ウキが上がってしまうアタリ(食い上げアタリと言うそうです)、ウキがピョンピョン上がりますからアタリを取るタイミングが難しいですが、ほとんど口でくわえているいるようで結構掛かってきます。このように微妙な動きを察知しなくてはならないウキに大敵は風です、鏡のような水面でも前述のアタリを判別することは私にとって至難の業と言えますから、釣りポイントはできるだけ風の影響の無いところを優先的に選択します。

難関その2

次の大きな問題はアタリのとり方で竿の振りが大き過ぎることでした。山ちゃんにはよく「鯨でも釣っているのかい」などと嫌味を言われました。今までに黒鯛を相手に(めったにお目に掛かれませんが)していたものですから、竿の振りがどうしても大きくなってしまうことでした。へら釣りではこれは致命的なことかもしれません、振りが大きくなるということはすばやいウキのアタリに対応できませんし、しかも掛かっても最初の頃はそのせいでよくハリス切れに泣かされていました。意識的に直していますが、たまに鯨になってしまいます。

難関その3

餌づくりの困難さです。基本的に数種類の餌をブレンドし、水を加えることで作ると言うことを教わりましたが、初心者にはこれが特に難しい問題です。最初に教わったのが両だんご釣法で、2本のハリスの長さに長短を付け、上のだんごはバラケさせて魚を集める機能を持たせ、下のだんごは落ちるバラケの中で食わせの機能を持たせるというシステムですが、上のだんごを適度にバラケさせる、下の餌は針にもたせながら魚が吸い込みやすくする。言葉では簡単ですが、実際は基本餌に手水(本当は指水です、私は最初は素直に手に水を付けていました)を加えながら練りでそれぞれを調整をすることは至難の業でした。このバラケ具合はウキに正直にでます。だんごを付け仕掛けを投入するとウキが餌をつけない状態から5〜6目盛り静かに沈んで行き止まります、これがなじみ・なじみ幅と言うそうです。理想的には少しづつ少しづつ上がってくるのですが、バラケ過ぎると仕掛け投入後すぐにウキが上がってしまいます。また餌が硬くてバラケにくいといつまでもウキが上がって来ず、しばらくたってスッと上がってしまいます。バラケだんごですら、その調整に3時間(一回の餌を作る量がおおよそ3時間釣行分です)ですから、なんとかバラける餌が出来たと思った時には、再度餌つくりが必要になってしまい一日中餌作りに没頭した時もありました。そんな餌に悩んでいる最中にへら歴数十年というベテランに餌をもらうことができました、触った感じは非常に柔らかく練り込んであり、水に入れて見ると適度にバラケる、しかし針持ちはいい。理想的な餌でした。実際自分の作った餌でなかなか掛からなかったのに、餌を交換してみるとウソのように掛かってしまいました。配合調整は十数年の経験からできたものなので極秘でしょうが、おおよそのブレンドと作り方を教わりましたので最近はその製法にこだわっていますがなかなか同じようにはできません。

back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016

Back

2016年釣行

釣行日 場所 釣行時間 同行者 状          況
280416 飯坂T沼 9:00-14:30 単独

あまりの好天気に誘われて昨年1年間ブランクのヘラ釣りに出掛けました。例年ですと連休期間中にようやくシーズンが開始するところですので、ウキの動きなどは期待していませでした。先着の釣り人は一人、その後私と同時刻に4人の釣り人が集結しています。釣りポイントは西側の日当りの良い場所として、水深は約70cm、時折り風が湖面を波立たせます。相変わらず餌作りに苦労しながら、のんびりと仕掛けを投入していると、まともに餌が仕上がっていないながらも、釣行開始から約30分後ウキがスパッと入りました。もちろん合わせの反応は出来ません、当初は木端ヘラと思われる特有の小さく素早いアタリに振り回されていましたが、午前11時を回るとウキ周辺に時折りブクが見られるようになり、緊張感が漂いますが何せ約2年ぶりのヘラ釣りと老化の進行で、ウキの動きに全く反応できません。渾身の集中で合わせた結果、手応えを感じたものの鱗1枚という結果。1度目の餌が終わりお昼のサイレンが聞こえています。アタリも時折出る状況ですので、何とか1枚と2度目の餌を用意して釣行再開としました。その後も時折アタリはでるものの、反応できず2度目の餌も終了となってしまい、撤収としました。ヘラ釣り特有の緊張感でへとへととなり時計を見ると午後2時30分を回っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014

Back

2014年釣行

釣行日 場所 釣行時間 同行者 状          況
260706 飯坂T沼 9:45-15:00 単独 今週は海の釣行予定が立たなかったため、土日は沼の予定でいましたが、土曜日は二日酔いに加えて雨天のため中止、日曜日も出発がすっかり出遅れてしまいました。先着の釣り人はヘラ師4名、鯉師2名の7名。いつものポイントが空いていましたので迷わず決定。いつも満足のいかない餌つくりも一回目から配合分量をきちんと計ったせいか上出来です。陽気はすでに真夏の様相で、水温もかなり上昇しておりさぞや鮒の活性もあがっていることだろうと、心弾ませて釣行に入りました。しかし、その期待はすっかり裏切られてしまいました。釣行開始から30分経過、1時間経過、1時間30分経過、すでに一回目の餌は底をつき始めました。全くウキの動きが出ません、とうとう餌が底を尽き最後の投入、あきらめたその時アタリがでました。突然の単発のアタリで合わせることは出来ませんでしたが、ようやく魚が集まったかな〜と二度目の餌での釣行に突入ですが、またまたウキは鎮静を保ったままの状況となってしまいました。2度目の餌も終盤になりすでにお昼を回った所でようやく二度目のアタリ、午後に入れば状況が変化するかもと、3度目の餌に突入。日差しは真夏を思わせるきつい日差しです、日傘から出ていた左ひざは真っ赤の状態。午後に期待を込めて淡々と釣行を続けますが、3度目の餌でも単発のアタリが2度あったのみ、一向に魚の気配が感じられず暑さと空腹に負けて午後3時退散。
260615 飯坂T沼 8:00-13:00 単独 日本海の天候不順により、久々の沼釣行です。前日には少し強かった風もやみ、好陽気に誘われて自宅を出発、現地到着は8時少し前となりました。先着の釣り人は3名、いつものポイントが空いていましたので釣座の準備開始。すでにお日様が燦々と照り付けています、またまた久々の餌つくりとなりましたので、悪戦苦闘。早々にアタリが出るものと思っていましたが、さっぱりウキが動きません。例年通り産卵を終えた6月は渋い状況が思い起こされ、撤収も考えた程でした。ようやくアタリが出たのは一度目の餌が残り僅かとなってきた頃、ようやくアタリが出て10cm程ですがヘラブナを掛ける事ができました。一度目の餌も底をついてしまい、二度目の餌となり、アタリも頻繁に出るようになりましたが、なかなか合わせきれません。アタリが出なかったのはやはり餌のせいかも知れません。2度目の餌で2枚程同程度のサイズを掛け、3度目の餌に突入。時刻はすでにお昼近くとなり、アタリの頻度も低くなってしまい、掛ける事が出来たのは1枚のみ。午後1時、すでに気温も相当上ってしまい、空腹に負けて撤収としました。
260420 飯坂T沼 9:00-13:30 単独 気温は低そうでしたが、風も無くお天気も良さそうでしたので午前9時前に出発、現地に到着すると先着の釣り人は3名のみ。前回釣行時よりも気温が低い感じです、ポイントは前回同様の東側流れだしの深場。本日は納竿まで7〜8回のアタリがありましたが、いずれも鯉のようで合わせ一回目はチョンアタリの後にウキが消し込んで、沖に一直線に走られ針外れ、二度目は合わせて魚が止まったと思われましたがやはり走られてハリス切れ、三度目も手応えをも感じることができないまま簡単にハリス切れに終わりました。このポイントは鯉のたまり場のようです、周囲の桜は満開の時期を過ぎて、湖面に花びらを散らし初めていますが、深場の水温はまだ鮒が動くには少し時間がかかりそうです。
260413 飯坂T沼 9:30-13:00 単独

自宅付近は風も無く桜が満開の状況でしたので、午前9時過ぎに陽気に誘われて出かけてみました。先着の釣り人は4名、沼周辺は少し風が有り水面が波立っています。釣座は東側流れ出しの深場、一年ぶりの釣行となり準備に手間取ってしまいました、餌の感触もすっかり忘れてしまい、一回目に作った餌は納得のいくものではありませんでした。ウキの動きは最初の餌での釣行で単発の動きが2度ありましたが、合わせるまで行かず。途中でウキを見つめていた視線の端になにやら黒い魚影、足元に近寄ってきた50cm程の鯉と目が合ってしまいました、うきを動かしたのはこいつのようです。2度目の餌でやはり単発の動きが2度、アタリらしき動きに合わせましたが不発。予想通りまだ水温が低く鮒の活性は低いようでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013

Back

2013年釣行

釣行日 場所 釣行時間 同行者 状          況
622 飯坂T沼 9:00-12:00 単独 連日天候に恵まれて、少し出遅れてしまいましたが、午前中の予定で沼で釣行です。前日の酒田釣行の心地よい疲れを引きずりながらの、のんびりとウキを眺めてきました。大物は鮒、鯉いずれにも遭遇することはできませんでした。
615 飯坂T沼 8:30-12:30 単独 本日の釣行も払い出しのポイントとして、ヘラ台をセットして、餌づくりを終えて、いざ仕掛けを投入しようとした時に、沼の水質調査のお役人たちがゴムボートを持ち込んで何やら調査を始めたので、ポイントを西側に移しての釣行となってしまいました。天候は良好、あまりの日差しのきつさに、日傘をセットしての釣行です。先着の釣り人は一人、常連さんです。釣行開始から相変わらず小鮒の相手となりましたが、釣行開始1時間程で小鮒のアタリが途絶えました、大物が近寄った予感。数投後に尺程度の真鮒、走りましたが意外とおとなしくタモに収まりました。その後は延々と小鮒の相手に終わりました。
609 飯坂T沼 7:30-13:00 単独 出発が遅れたかなと思い、現地に到着してみると釣り人無し。風が少し強いものの釣行不能まではいきません。みなさん小鮒に飽きてしまったのでしょうか? 風裏となる払い出し部を本日のポイントとしました。釣行開始からウキがやたら動きます、サイズは5cm〜10cm、ウキの馴染みを待つことなく消し込んで行きます。活性が上がるとダブルでの釣果まで。大型が入り小鮒たちが消えることを願いながら、延々と釣行を続けますが、お昼までこの状況が変わることはありませんでした。あまりの暑さに午後1時撤収としました。
602 飯坂T沼 8:00-12:00 単独 腹が減っては戦は・・・などと朝食の時間が遅くなってしまい、出発が遅れてしまいました。現地に到着すると先着の釣り人は1人、東側ポイントが空いていたので決定。竿は10尺、ウキの調整をしていなかったので、念入りに調整をして釣行開始。2投目ほどでウキに動きが出始めてしまいました、ここは小鮒が居着いているようです。サイズはどこも同じような小鮒を中心としたもので、時折り兄貴分が混ざる程度。大型の獲物はさっぱり見かけなくなりました。延々と小鮒の相手をしていましたが、お昼近くなり空腹に耐えきれず撤収としました。
601 飯坂T沼 7:30-14:00 単独 今週末は海釣行の予定が無いため、ヘラに専念することとなりました。現地に到着すると東側ポイントには先着の釣り人がいたため、西側流れ込みとなりました。このポイントでの釣行はしばらくぶりなので、竿は11尺、棚取りに時間が掛ってしまいました。釣行開始から約2時間を経過しても、ウキに動きは出ません。天候があまりにも良く、餌の水分が抜けてしまい、硬くなってしまうせいかとか、乗っ込みも終わり、食い気が失せてしまったのかとあきらめかけてしまいました。ウキが動き始めたのは開始から3時間以上経過して、最初の餌が底をつき始めた頃となりました。もちろん小鮒が中心となりますが時折り10cm以上の鮒も相手してくれますので、十分楽しめます。1時間以上も止まることの無いウキを楽しんでいましたが、お昼近くになりピタリとウキの動きが止まりました。悪い予感です。大物が近くに来ると小魚たちは散ってしまうようで、鯉が寄ったようです。しばらくすると消込のアタリ、合わせる間もなくハリス切れとなりました。気を取り直して何度か挑戦しますが、2度目に切られた時すでに餌が底をつきましたので、撤収としました。
526 飯坂T沼 7:30-13:00 単独 すっかり気候が良くなり朝方も暖かくなったので、午前7時に沼を目指して出発。現地に到着すると釣り人はゼロ、私が到着してすぐに数名の釣り人が次から次へと到着。ポイントはいつもの東側流れ出しとしました。前日の日本海地磯釣行であちらこちら悲鳴を上げる体をのんびりと休めに午前中を予定しました。いつもの10尺から11尺の竿に替えたためいつもの感覚と変わり戸惑いながらの釣行でした。すっかり水温も上昇し、小鮒は一層活性を増しておりますので、投入ごとにウキが動いてくれます。本日は大物に巡り合うことは出来ませんでした。
519 飯坂T沼 8:00-12:00 単独 ポイントはいつもの東側流れ出し。餌つくりも何とか慣れてきて、早いうちからウキが動き出します。いきなり数投目で尺ほどの真鮒が掛り十分な手応えを味わいました。小鮒も健在で、大物が近寄るとパッタリと小鮒の煩雑なアタリが途絶えます、油断はできません。その後大物の反応はありませんでしたが、10cm程に育った鮒が相手をしてくれるため飽きることなく釣行を続けることができます。
506 飯坂T沼   山ちゃん しばらく更新をさぼっていたので、詳細は忘却のかなた。連休中はいつもですとへらの乗っ込みの時期なのですが、いたって静かなものでした。しかし尺へらにも数度遭遇することができました。写メを撮ったのですが残念ながらタモしか映っていませんでした。6日は久しぶりの山ちゃんとの釣行で小鮒相手となりました。
504 飯坂T沼   単独
502 飯坂T沼   単独
430 飯坂T沼   単独
429 飯坂T沼   単独

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012

Back

2012年釣行

釣行日 場所 釣行時間 同行者 状          況
602 飯坂T沼 8:30-12:00 単独 最高気温は夏日が予想され、風も穏やかなようでしたので出発。現地に到着すると土曜日と言うこともあり、釣り人は3名。前回のポイントにはすでに釣り人がおりましたので、西側ポイントへ。久しぶりの西側ポイントに仕掛けの調整に時間がかかり、釣行開始がずいぶん遅れてしまいました。竿は11尺、仕掛け投入のたびに強固な根掛りで、竿を10尺に変更、仕掛け投入後すぐにウキが動きだしましたが、掛ってくるのは5cm前後の小鮒です。時折り10cm〜15cm前後のヘラ鮒が混ざる状況です。このポイントは今の時期大型は期待できませんので、ウキの動きを楽しんでいました。鯉も健在なようで一度ハリスを切って行きました。日差しがとても強く、開始早々から日除けの笠をさしていたのですが、日陰から出ていたたいして長くない足が真赤に日焼けしてしまい、あまりの暑さにお昼に退散でした。
519 飯坂T沼 8:00-11:00 単独 朝から晴れ、いつもより少し早めに出発。現地到着は午前8時、先着の釣り人は3人、前回のポイントが空いていましたので決定。さっそく準備に入り、期待に胸を躍らせながら第一投!・・・・。ウキが動きません、前回は即アタリが出ましたが、本日は沈黙を守っています。釣行開始から約30分後、やっとアタリがでましたが5cmに満たない小鮒。釣行開始から1時間、さっぱりアタリが出ません。しかし、今日は鯉の攻撃がないようですので、一安心です。一度目の餌も残りわずかになった時、きれいなツンアタリが出て、気持ちよく合わせられました。かなりの手応えです、なかなか寄ってきません、姿を現したのは紛れもなく尺を超えたヘラ鮒でした。大型の割にきれいな魚体でした。
513 飯坂T沼 8:30-12:30 単独 風は強そうでしたが、天気がよさそうでしたので午前中程度の予定で出かけました。現地に到着すると釣り人は4名、湖面を強風が渡り歩いていました。流れ出しの堰の風裏にポイントを決めて、釣行開始。第一投からツンとしたアタリ、ヘラ鮒であることを確認して合わせてみると、体調5cm程のヘラ鮒でした。ここは西側に比べて比較的水深があるため、中型・大型を期待していたのですが見事に期待はずれでした。でも幸先の良い状況で第二投、仕掛けがなじむ寸前にウキの消込、竿を立ててこらえましたがハリス切れ、鯉のようでした。しばらく間をおいて、ツンアタリ、今度は20cm程のヘラ鮒でした。食いが立っているのか、この後再度鯉にハリスを切られましたが、尺を超えるヘラ鮒でした。三度目の鯉は何度かやり取りができ、水面に姿を見ることができる程度のサイズでしたが、最後はハリス二本を切って悠然と水中に姿を消しました。昼が近づくと風は更に強くなり、周りの釣り人もいつの間にか姿を消してしまいました。アタリも出なくなり撤収としました。
504 飯坂T沼 10:00-13:00 単独 今季初のへら釣行です。昨日の雨天が嘘のように回復しました。現地にはすでに7名の釣り人がいました、いつもの西側ポイントへ直行。日差しがきつく暑いほどですが、西よりの強めの風が時折り水面を渡り涼しさを感じさせます。さっそく仕掛けの準備に入りましたが、案の定手順をすっかり忘れてしまい、仕掛けを投入するまでに相当な時間を要してしまいました。仕掛け投入後すぐにウキが動きましたが、昨年に引き続き相変わらずの小鮒、時折り10cm程度、もちろん餌作りにも苦労し、一回目の餌は最後まであ〜でもない、こ〜でもないで4〜5枚で終わってしまいました。2回目の餌に突入しましたが、突然の雨粒、雨足は日光が差していますので長続きはしませんでしたが、いきなり冷たい風が吹き出してしまい、アタリの数もめっきり減ってしまいました。なんとか2度目の餌を終了するまで粘りましたが、釣果は落ちる一方となり、午後1時撤収としました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2011

Back

2011年釣行

釣行日 場所 釣行時間 同行者 状          況
917 飯坂T沼 6:00-9:45 山ちゃん 低気圧のせいかウキの動きが悪いです。結局小鮒と小鮒同様うるさい山ちゃんの相手に終始。
903 飯坂T沼 6:00-10:00 山ちゃん 小鮒が乱舞、状況は変わらず小鮒と山ちゃんの相手に終始。
820 飯坂T沼 6:00-10:00 山ちゃん 前回釣行から1ヶ月半、またまた久々になってしまいました。前日宴会中に珍しく山ちゃんからのTEL。勢いで午前5時現地集合の約束。午前4時30分に目覚めたもののへら道具一式は会社に置き去りにした車の中、山ちゃんにTELをするとちょうど向かっている途中で、自宅に回ってもらい車まで送ってもらいました。現地到着は午前6時近くなってしまいましたが、ちょうど山ちゃんは竿を出したところのようです。天候は小雨、気温も随分涼しく感じられます。「しばらくぶりだから準備に手間が掛かって・・・」とか言い訳をしていましたが、準備の遅いのはいつもの事・・・・。私も、夏バテ?、更年期障害?、飲みすぎ?で竿すら出す気になれませんでしたので。本当に久しぶりのへら釣行です、確かに準備の手順をすっかり忘れてしまい、肝心な餌作りが不安でした。準備を終えて仕掛け投入、すかさずウキに不穏な動き。すでに小鮒が待機していたようで、2〜3投はタイミングが全く合わず、自分でも苦笑。その後徐々にタイミングが合ってきましたが、延々と小鮒の相手となってしまいました。すぐ隣で竿を出していた山ちゃんはさっぱりウキの動きが出ないようで、私の小さな獲物にいちいち「ちいせ〜」と合いの手を入れてきます。わたしもすかさず「そんな賞味期限の切れた餌を使っているから、アタリが出ねえんだよ」と切り返し。事実、山ちゃんの一回目の腐れ餌が切れて、二度目は新たに新鮮な餌で開始したら、今までの事がウソのようにウキが動きだしました。本当に餌は大事ですね。それからはいつもの集中力3時間の山ちゃんとは別人のように午前10時まで釣行を続けていました。私も小型ながら、ひさしぶりのウキの動きに熱中してしまいました。

703

飯坂T沼 6:00-10:00 単独 久々のへら釣行です。このところ酒田釣行が続きましたので、のんびりと繊細なウキの動きなどを味わいたいと出掛けました。ポイントは西側の浅場、釣行開始直後からウキに動きがでました。小鮒でもいたずらしているのかと思いきや、掛かってきたのは25cmほどの鯉、3枚ほど鯉が続きました。これが終わると今度は小鮒の連続。朝食抜きでの釣行でしたので、暑さと空腹でめまいがして撤収としました。
522 飯坂T沼 7:30-10:00 山ちゃん 山ちゃんと現地6:00の約束をしたにもかかわらず、前日の夜更かしで目が覚めたのが、午前6:30という始末。それから猫に餌をやり、家を出たのが午前7時少し前となってしまいました。現地に到着するともちろん山ちゃんは釣行中、午前5:40分に来ていたとの事で、本日のポイントは北側、釣果を尋ねると尺近いのが一枚(自己申告)で、あとは小鮒7匹、おたまじゃくし4匹(?)と言うことでした。さっそく私も準備を終えて山ちゃんの隣で釣行開始です。数投でウキに不穏な動き、お約束のおたまじゃくしのようです。早速掛かってきたのは、おたまじゃくし。それでも時折、ツンとしたアタリがあり、5cm以下の小鮒。釣行開始から約1時間30分、雨が落ちてきました。天気予報では午後からの降雨の予報でしたが、早まったようです。もちろん最初のポツリで、ハリボテ山ちゃんは撤収準備開始、「ちょうど餌が切れたから」、「本当はお昼まで頑張るつもりだった」などと言っていますが、山ちゃんの釣行時間はちょうど3時間となり、集中の限界を向かえたようでした。そんな時、ツンアタリが出て、約20cmのヘラでした。荷物を車にしまい、その後私の隣に座り、約40分程話し込んでいましたが、いきなり雨足が強くなりだしたところで、帰って行きました。私はもう少し餌が残っていたので釣行を続行しましたが、10時で餌切れ、撤収となりました。
515 飯坂T沼 7:30-10:30 単独 自宅を出発した時は、風も穏やかで気温もかなり上がる予想でしたので、今日こそは風に邪魔されずに済むかな・・、と意気揚々と出掛けました。現地に到着すると予想に反し、結構な風が吹いています。前日の隣のポイントに入り釣行開始です。早々にウキが動き出しましたが、魚信では無いようです、ウキの回りに頻繁におたまじゃくしが、息継ぎに浮いてきている所を見ると、おたまじゃくしのようです。時折ツンとアタリがでますが、5cm以下の小鮒です。釣行開始から約2時間が経過すると、久々に山ちゃんが来ました。これで完全に集中力を欠いてしまいました。仕事が忙しかったらしく、釣行する気力も無いとぬかし(ゴルフには行ってるんだけど・・・)、1時間程度釣行しながら話し込んでいましたが、状況が変わらず、撤収!
514 飯坂T沼 8:00-10:00 単独 先週に悪天候に阻まれ、十分落ち着いて釣行ができなかったので、風は強いものの天候は良さそうでしたので出掛けました。現地に到着すると土曜日と言うこともあり、あまり釣り人はいません、西よりの風のようでしたので、西側に釣座を設け釣行開始です。しかし今季初のポイントで底に水草があるらしく、なかなか棚が取れません。あげくに仕掛けが風に吹かれて流されてしまい、根掛かりの連続となってしまいます。さらに風も四方から吹く、突風に嫌気を差してしまいました。かろうじて20cmほどの鯉を掛けたのみで撤収としました。
508 飯坂T沼 7:30-10:00 単独 前日の貧果と、右目まぶたの腫れにもめげず、本日は相当気温の上昇が見込めると言うことで、早々と沼に向かいました。現地に到着するとすっかり曇っており、寒くはないものの気温の上昇は見込めないようです。早速釣行を開始しましたが、ウキの動きがさっぱりです、30分経過、1時間経過、ウキは動きません。昨日あれ程忙しく動いていたウキは餌落ちを繰り返すばかりです。2時間程経過して、やっと小鮒1匹。そうしていると朝方は風も無く落ち着いて釣行ができましたが、しだいに雲行きが悪くなってきました。遠くでは雷の音も鳴り出して、雨もポツリポツリと落ちて来ると、いきなり近くで雷鳴一発、超特急で撤収でした。
507 飯坂T沼 8:00-12:00 単独 前回の釣行に気を良くして、早々に出掛けました。前回のポイントに着き、早速準備をしていると、右目まぶたにチクリと痛みを感じました、何かに刺されたようですが、痛くもかゆくもありませんでしたので、気にも留めず釣行開始です。釣行開始から約30分で早々とウキが動き始めました。小鮒のようで、消し込みあり、食い上げあり、忙しくウキが動きます。あげくの果てにW掛かり、と言う渡利沼状態、おまけに時折おたまじゃくしが掛かってくる始末。この状況が釣行開始から約2時間も続いたころ、どうもウキが見えにくくなって来ました、どうも右目のまぶたが腫れて視界を妨げているようです、先ほど刺された箇所のようです。小鮒、おたまじゃくし?に翻弄されてお昼近くになってしまうと、強風が出てきましたので、撤収としました。

505

飯坂T沼 9:00-13:30 単独 今年最初のヘラ釣行です。山ちゃんと同行予定でしたが、山ちゃんの都合により単独釣行となりました。天候も良く、心配した風もそれ程では無く、絶好のへら日和となりました。水温が上がり始める9時頃からの釣行を予定し、自宅を出発したのが8時30分頃、沼までの登りの山道は、地震の被害を受けたのか、あちらこちらで注意のバリケードがあり恐る恐るの走行となりました。現地に到着し見渡すと、すでに陽気に誘われた釣り人が6名程がすでに釣行していました。風向きを見ると西からの風、ポイントも空いているようでしたので、西側浅場での釣行となりました。到着したときは西よりの風でしたが、準備を終えて釣行を開始する頃には南よりの風、東よりの風とめまぐるしく変化していました。餌作りも感触を思い出すのに時間がかかり、思うようにバラケてくれません。そんな中、釣行開始から約30分、いままで微動だにしなかったウキが消し込みました。あわてて合せると相当な手応えです、寄ってきたのは丸々と太ったヘラ鮒で、ゆうに30cmを超えるサイズです。すでに水温も比較的高くなっており、動きも活発になっているようでした、その後は落ち餌に集まったのか、ハヤ、真ブナ、ヘラっこ、鯉っことウキが止まることは無く、大変楽しめました。お昼までの釣行予定でしたが、止まらないウキに夢中で、時を忘れ午後1時過ぎに風が冷たくなり、ウキの動きが止まってしまうまで釣行を続けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2010

Back

2010年釣行

釣行月日

場 所 釣行時間 同行者

状         況

1011

飯坂T沼

7:00-11:30

山ちゃん

前日の10日はヒラメ船釣りの予定でしたが、低気圧の接近でうねり、風のため釣行不能。山ちゃんが夜に電話を掛けて来て、「久しぶりに沼に行かないかい」。すでに2ヶ月もヘラ釣行をしていませんでしたので、午前7時に現地待ち合わせ。翌日約束の時間に沼に行ってみると、すでに山ちゃんが到着し、仕掛けの準備をしていました。そのほかの釣り人は皆無。私も山ちゃんが草刈を済ませてくれていた隣で準備を開始。餌を作っていた山ちゃんが「車に仕舞い込んでいたバラケ餌が腐ってすごい臭いがする、嗅いでみる!」と大騒ぎ。私のヘラバック内も一時車庫に放置していたせいで、底が水溜り状態。天気もいいのですべて出して虫干し。幸いにも私の餌にはカビの兆候は見られませんので山ちゃんにバラケ餌を提供。山ちゃんが準備を終え、数投するとウキが動いたとのこと、掛けたのは10cm以下の幼魚。しかし8月釣行時から見ると少し育っている感じです。私も準備を終えて釣行開始です、さっそく小魚らしきめちゃめちゃなアタリが出て合わせますが、最初の数投は久しぶりの釣行で合わせが大きくなり、掛けることができません。小魚で遊ぶこと約1時間、そのうちにアタリが変化してきました。本来のヘラらしいツンアタリが出始め、掛けると約15cm程のヘラの連続釣果となりました、このサイズなら何とか楽しめます。本日もおたまじゃくしを掛け、すでにウキの動きが止まってしまった山ちゃんが先に撤収。私は午前11頃までウキが動き続けましたが、その後ウキの動きもなくなりましたので撤収、本日は結構楽しめました。

816

飯坂T沼

9:30-12:30

K、山ちゃん

海に出かける余裕はなさそうでので、山ちゃんに「T沼が渡利沼状態になっているよ」と連絡、3名が集合しました。山ちゃんは午前7時30分に現地に到着していたようで、何度か携帯に着信がありました。12日の状況までは行かなくとも、やはり小鮒がウキを動かしているようで、随分楽しんでいたようです。その間おたまじゃくしも2〜3匹掛けたようで、自分で呆れていました。私が到着した午前9時30分頃にはすでに集中力を欠いていました。そんな山ちゃんを横目にこの日のために用意した八尺の竿で準備を終えて、釣行開始です。約30分間釣行を行いましたが、ウキの動きは出ません、たまらず前回使用の十一尺の竿に交換です。やはり2〜3投もするとウキに動きが出ました。しかし、前回よりウキの動きは非常に緩慢です、モヤのような動きは出るもののアタリにつながりません、ようやくアタリが出て合せるとやり取りを待たずにハリス切れです、鯉のようでした。その後は鯉が姿を消したせいか、小鮒の襲来です。約2時間で5〜6匹の釣果ですが、まだ15日にひいてしまった風邪のせいで頭痛、扁桃腺の腫れ、体中の節々が痛み、お昼過ぎに撤収となりました。
812 飯坂T沼 14:00-17:00 単独
久しぶりのへら釣行となりました、海の釣行も忙しくなったせいもありますが、ウキの動きの出ない釣行へはなかなか足が向きませんでした。午後2時過ぎに現地に到着すると、突然の雨模様。雨足も強くなったり、弱くなったり、あがったりの超不安定な天候です。雨の弱くなった隙を見て、釣行の準備を終えて、第一投、第二投、第三投目、予期しないアタリが出ました。第四投、仕掛けが馴染む前に触ってきます、「ツン」あり、「食い上げ」あり、「消し込み」あり、こんな忙しいウキの動きは何処かで経験しています、以前冬場に通っていた渡利沼の状況に良く似ています。久々のへら釣行と言うこともあり、合せる事ができずなかなか針掛かりしません。やっと針掛かりしてきたのは体長10cm弱の真鮒でした、その後もウキの動きは途切れる事無く、益々その動きは活発になってきます。10匹程(内ヘラは3匹程)掛けたところでKが遅れて到着、出発時に雨模様となったので釣行を断念していたようです。その後午後5時まで小鮒の相手をし、撤収としました。この沼でこれほどの小型は初めてです、やっと自然繁殖したようで、来年が楽しみです。

605

飯坂T沼

8:30-11:30

単独

気温は低いながら朝から日差しがあり、気温の上昇も望めましたので、沼に出かけました。現地に到着すると4名程の先客、前回ポイントでの釣行です。ウキの動くのを期待しましたが、釣行開始から1時間が経過、一度目の餌が切れる2時間を経過してもウキに動きは出ません。この後気温も上昇しそうなので、二度目の餌を準備して釣行続行です。しばらく釣行を続けていましたが、一向にウキが動き出す気配も感じられず撤収としました。天気はいいのですがね・・、昨日の気温低下、降雨の影響でしょうか?

530

飯坂T沼

13:30-16:30

単独

本日は午前中に用事があったため、昨日とうって変わって非常に良い天候に恵まれながらも、午後からの釣行となりました。現地に到着してみると、今まであれほど閑散としていた沼に、釣り人が7名と大盛況。すでにいつものポイントは人が入っていましたので、東側水門のポイントとしました。日差しがきつく気温は相当上がっているようですが、少し風が吹いていますので大変凌ぎやすい状況です。水深があるせいか釣行開始からウキの動き出しまで約1時間以上かかりました、ウキの動きは頻繁な状態ではありません、そのアタリも1〜2節の小さなアタリで2度程見送ってしまいましたが、ウキに動きが出てから約30分後にもやの後に「ツン」アタリが出て、完璧な合わせと思われましたが、ハリス切れとなってしまいました。前日の海での釣行の大合わせの癖が出てしまいました・・・・。この後新たな餌を追加して釣行を続けましたが、約1時間気配も無くなってしまい餌を残して釣行終了としました。

523

飯坂T沼 8:30-12:00

単独

気温が上がる午前9時ごろの出発としていたのですが、前回のウキの頻繁な動きにつられて出発は8時ごろとなりました。8時20分現地到着、釣り人の姿はありません。随分釣り人に嫌われてしまったようです、前回のポイントに入り釣行開始は8時30分頃です、早々のウキの動きを期待したのですが、叶わず1回目のアタリはあきらめかけた釣行開始からおよそ30分後となりました、その後数投目で一枚をGET、30cm弱です。これをリリース後、再度仕掛けを投入するとすかさずアタリが出ました、予想もしていませんでしたので当然空振りとなってしまいました。数度のアタリの後にやっと掛けましたが、無念なことに掛かりが浅く針はずれとなってしまいました。その後魚の暴れに驚いたのか30分ほどはウキが動かない状況となっていましたが、再度ウキが動き出しました。もやの動きが多くて悩まされましたが何とか2枚目GET、前回の40cmには届かないもののかなり良い型で、活性もあがってきたせいか、かなりの抵抗を見せました。その後すぐに一度目の餌が底を付いてしまいましたが、まだ午前10時を少し回った所、お昼頃までの釣行を予定していましたので、2度目の餌で再度挑戦です。しばらくしてウキに動きが出始めましたが、Kと直からの「アジの情報が入ったから明日は酒田にどうだい」「何時出発にする」との頻繁な電話でウキに集中することが出来ません、とうとう合せることが出来ずじまいで1時間が経過してしまいました、明日の打ち合わせが済み、集中できる状況となりましたが、午前11時を回るとその後1時間はすっかりウキの動きは止まってしまいました。明日の準備とお昼寝のため、予定通り12時に撤収としました。

515

飯坂T沼 9:30-14:30

単独

曇りの天候で、先日入った寒波の影響で肌寒く感じられましたので午前9時出発としました。ポイントは前回釣果を見たポイントです、他の釣り人は一人、すっかり敬遠されてしまったようです。本日は釣行開始から約30分でウキの動きが出ました。もちろん最初のアタリで掛かるはずも無く、先日はかなり手こずってしまいましたが、今回は4回目のアタリで掛けることが出来ました。型は尺を超えています。一枚目を掛けたことにより、気の緩みが出たのでしょうか、一枚目を掛けた後にそれ程時を置かず再度アタリが出て。合わせましたが掛かりが浅くばらしてしまいました。ばらしたことによりしばらくはアタリは出ないだろうとタカをくくっていると、約10分でまたまたウキが動き始めました、2〜3度のアタリを経て掛けることが出来ましたが、寄せようとしている時にハリス切れ、仕掛けの点検を怠っていた罰のようです、すでに時刻はお昼を回っていました。この後釣行を続けるかどうか迷っていましたが、餌が残り僅かになったときに「ツン」とウキに動きが出ました、これほどウキが動くチャンスは滅多にありませんので、再度餌を追加して釣行を続行しました。しかし午後に入ると空は厚い雲に覆われてしまい、風が吹くと寒さを感じる程です。約1時間はウキの動きが出ませんでしたが、午後2時を回ったところでウキが動き出しました・・・、しかしもやのような難しいアタリです、食い気は午前中より遥かに落ちているようで、合せのタイミングが取れません、合せようとすると体に力が入り、タイミングを逃してしまいますので、ウキを見つめ無心に合せましたが、掛かりが浅くバラシてしまいました。4枚を手中にしながら回収は1枚と散々ですが、今までの状況からするとウキの動きが非常に活発になり、楽しめる釣行となりました。

509

飯坂T沼 8:30-11:30 山ちゃん
朝から少し風はあるものの比較的暖かく絶好のヘラ日和となり、山ちゃんとの約束は午前8時でしたが、15分過ぎに現地に到着。すでに山ちゃんは釣行を開始していました。のっこみも終わってしまったのか水面は静かになっていました。本日は山ちゃんの右側ポイントに釣り座を選択し、釣行を開始したのは8時30分頃となってしまいました。水面には周りの木々の若葉が写り込み、雰囲気は大変良い状態です。最近はあまり期待の持てない当沼ですが、釣行開始からわずか15分経過した頃に半節の「つん」アタリが出ました。合わせたものの今季初めてのアタリに、自分でも苦笑いするほどの遅合わせとなってしまい、空振りです。しかしこの一度のアタリがあったことにより俄然気合が入りました。20分後に再度アタリです、今度は2節も入りましたが、やはり合わせが遅いようで、掛かりません。さらに20分後の三度目のアタリはトップまで消し込みのアタリでしたが、やはり掛けることが出来ません。ウキに動きの出ない山ちゃんは「へたに合わせるからだめなんだよ・・」とキツイお言葉。「10回ぐらいアタリがあればなんとかなるよ・・」と返事はするものの、4度、5度、6度、7度とはずしまくり、本当に10回行ってしまいそうな勢いです。釣行開始から1時間30分程で餌切れとなり、再度餌作り。新しい餌と、気持ちを切り替えて8度目に挑戦、8度目のアタリが出ましたが記憶に残っていないのです、8度目の正直でとうとう掛けることが出来ました。約半年振りのヘラ鮒の手答えです、やり取りをしている時はさほど大物とは思いませんでしたが、タモに入れようとすると、タモから完全にはみ出しています。山ちゃんに計測を頼むとちょうど40cmあり、改めてビックリでした。今季初の釣果が最大サイズとなり、めでたし、めでたしとなりました。山ちゃんは釣行中一度もウキに動きが出る事無く、少し不機嫌でした。

505

飯坂T沼

8:30-12:00

山ちゃん

陽が昇り暖かくなるのを待って出発しようとしているところに、久々に山ちゃんからの電話があり、「今日は行くのかい?」、「もちろん」と言う事で午前9時現地待ち合わせとしました。2日に4〜5年ぶりに渓流釣りに行き、無理がたたり全身筋肉痛の後遺症で、3日・4日と身動きの出来ない状態となっていました。すでに3日が経過していますが、まだまだ不自由な生活を余儀なくされている状態です。9時前に現地に到着すると釣り人は4名、良い陽気にかかわらずひどく渋いようです、しかし水温が上がり産卵は始まったようで4〜5匹の群れが岸で暴れています。しかし私が釣行しようとしたポイントで午前5時から釣行を重ねていた人も、全くの無反応で撤収して行きました。仕掛け・餌の準備を終えて釣行を開始したところに山ちゃんが到着、ゴルフ練習場のついでとの事でした。昨年11月の疲労骨折と肉離れにもめげず、せっせと山へ芝刈りに行っているようです。今日はヘラ鮒の姿が確認できましたので、少し気合を入れたつもりでしたが、2時間を経過しても相変わらずウキは微動だにしません。今季初めての釣行の山ちゃんはすでに撤収準備に入り、昼前に帰っていきました。昼を迎えるころには強い日差しが容赦無く襲ってきます。しかし無常にもウキが動くことはありません、あまりの空腹で体力・気力ともに力尽きてお昼に撤収となりました。

501

飯坂T沼

7:00-11:00

単独

天候の良い日が続き、もうそろそろ動き出しても良い頃合と出かけてみましたが、依然として水温が上がっておらず4時間まで粘りましたが、微動だにしないウキに根負けして、撤収となりました。

425 飯坂T沼 7:00-9:00 単独
朝、目が覚めると風も無く晴れていましたので、今年初めての挨拶代わりに出かけて見ました。出発しようと道具類の確認をすると、バラケ餌が切れていましたので、即、Kに連絡して調達。現地到着は午前7時前となりましたが、釣り人の姿は皆無。周囲の桜は満開状態、水面に映る桜の花がなんとも綺麗です。しばらくぶりの釣行で手順をすっかり忘れてしまい、釣行を開始したのは午前7時を回ってしまいました。水に手を入れてみるととても冷たくて数秒と入れていられないほど水温はまだまだ低いようです。こんな状況ですが「万が一・・・・・」と2時間ばかり釣行を続けましたが、ウキが動くことはありませんでした、天気も良いので続行か否か迷いましたが、冷たい風が吹き出し続行をあきらめました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2009

Back

2009年釣行

釣行月日

場所 釣行時間 同行者

状         況

211024 飯坂T沼 8:00-11:00

単独

現地に到着してみると釣り人は皆無、相当寒さを感じます、不安がよぎります。その不安は見事に的中、1時間経過、2時間経過、撤収時間までウキに動きは出ませんでした。寒さと空腹に負けて撤収。
211011 飯坂T沼 8:00-10:00

単独

自宅を出発した時は絶好の秋晴れでしたが、現地に到着するといきなり突風と小雨、釣りポイントが障害物があり風裏になっているので、何とか釣行が可能でしたので、粘っていましたが、それでなくともウキの動きが見えずらく、ますます風が強まり出しましたので、一度目の餌が終了した所で撤収としました。
211010 飯坂T沼 7:00-12:30

単独

台風の通過で、海は大荒れ状態であきらめてヘラ釣行へ。少し肌寒さを感じますが、先週も一枚掛かっていますので、気を良くしてヘラ釣行となりました。が、一向にウキに動きは出ません。昼過ぎまで頑張りましたが、空腹で撤収。
211004 飯坂T沼 7:00-13:00

単独

今日は朝から弱い南風が吹き暖かな日和で、のんびりと竿を出すに絶好となりました。釣行開始後約1時間でウキに動きが出始めました。神経を集中して、アタリを待ちます、バラケ餌がゆっくり落ちて、食わせ餌が落ち切る瞬間、アタリました。なんとか合せに成功し、掛けることができました。「今日は複数枚?」、ふらちな考えが頭をよぎります。しかし、現実はそんなに甘くありませんでした。その後はもやすら出ない状態に陥り、降参。
210927 飯坂T沼 6:45-12:30

山ちゃん

7時前に現地に到着、しかし山ちゃんの姿がありません。前日から携帯に着信が残っていましたので、都合でも出来て来れないのかも・・・、電話を入れてみても反応無し。あきらめて釣行準備。あまりにヘラにかまってもらえないので、新たなポイントでの釣行です。8時過ぎに山ちゃん到着、釣行開始から約30分でモヤ、アタリがありましたが合わせる事ができず苦笑い。その後も2〜3度モヤ、アタリがありましが長い間アタリから遠ざかっていましたので、合せのタイミングがどうも取れません。釣果の出ないままお昼近くになり山ちゃんが釣行をやめ、私の後ろに陣取っています。その時再度ウキが動き出しました、もちろん山ちゃんの「あ〜だ」の「こ〜だ」の指導の声が飛びます。直後アタリが出て合せもなんとかタイミングが合い、2〜3ヶ月ぶりのヘラの釣果でした。
210920 飯坂T沼 6:45ー11:00 山ちゃん
二度の消しこみアタリでハリス切れ、鯉のようです。回りでは釣果も出始めました・・・・。
210919 飯坂T沼 9:00-11:00 単独 ウキに動き無し。
  飯坂T沼     この間数回の釣行がありますが、釣果無し。
210628 飯坂T沼 10:00-14:00 単独
前日の地テトラ釣行の腰痛と手足の筋肉痛が取れずぐだぐだしていると、起きて来た嫁にあ〜だ、こ〜だと用事を頼まれてしまい出発が遅れて午前9時30分。今日も昨日に引き続き相当な暑さになる予報、沼は少しは涼しいかもと出かけました。釣行開始は午前10時頃となってしまい、前日宴会だった山ちゃんも、Kの姿もありません(午前6時ごろにいたようです)。いつもの西側ポイントに陣取り釣行開始となりました。1時間経過、2時間経過、餌切れでとうとうお昼です。ウキに動きは出ません、他にも4名の釣り人がいますが、掛けている様子はみられません。もう一度餌を作り再チャレンジ。1時間経過、2時間経過。とうとうウキは一度も動くことはありませんでした。午後2時、空腹となり撤収。
210614 飯坂T沼 7:00-8:00 単独
前日のテトラの疲れで起床が午前6時過ぎとなってしまい、すでに携帯には山ちゃんの着信が残されていました。現地に到着したのが、午前7時頃となってしまい、山ちゃんはすでに釣行を開始していました。釣行開始直後から雨模様、約30分が経過したころにウキに不穏な動きが出ましたので気合をいれましたが、直後に雷の音が鳴り響き、まだ遠いようでしたので、こわごわと釣行を続けましたが間もなく雨脚が強くなり、稲光と雷鳴が轟き、恐怖でとても竿を出している状態では無い様ですので、約1時間で撤収としました。ふと見ると山ちゃんは早々に車に撤収済みのようでした。
210607 飯坂T沼 7:00-11:00
前日は風雨模様で、おとなしく猫の相手をしていましたが、本日は当初相馬での釣行予定で、Kと午前3時に自宅を出て相馬に向かいましたが、あいにく海は前日から荒れ模様で、渡船できずトンボ帰りとなりました。こうなればヘラでもと沼に向かいました。開始から約30分でもやが出て期待がもてました。その後30分は時々サワリが見られる程度でしたが、午前8時ごろアタリが出て待望の一枚をかけることができました。その後3時間はウキの動きは無く、隣で釣行のKも開始から全くウキが動かず痺れを切らし、なんとか11頃まで粘りましたが状況は変わりませんでしたので、撤収。
210531 飯坂T沼 6:00-11:00 山ちゃん
本日も雨の予報でしたが、釣行開始時は時折雲が切れて青い空も顔を出しましたが、1時間もすると雨は降らないものの予報通り厚い雲に覆われてしまいました。ウキの動き出しは早いものの、その動きは僅かにもやが出るものの、続かずそれっきり。2時間もすると山ちゃんの方から大あくびの音が、まったくウキが動かないとのこと。その後1時間もするといつものように撤収して行きました。私は昨日のこともあり、その後3時間ほど粘りましたが時折ウキにサワリが出るものの、アタリにつながらず撤収。
210530 飯坂T沼 6:00-12:00
釣行開始時からしとしとと雨模様、しかし気温は雨の割りに暖かく感じられます。ウキの動き出しは約30分後でしたが、なかなか合わせを取れるような決定的なアタリが出ません。そうしているうちKが到着、またKとの話に盛り上がっていると、いきなり食い上げアタリあわてて合わせると久々の30cm程のヘラでした。その後私の方はアタリが止まってしまいましたが、隣のKのウキは動いているようで、いきなり掛けてしまいました、かなりの大型らしく力強い走り出しにKもあわててしまったのか力任せに引いてしまったようで、針はずれとなってしまいました。しばらくしてまたKにアタリが出たようですが、今度は掛けるには掛けましたがスレ掛りのようでうろこのみでした。Kもなかなか一枚が掛けることができずに苦労しているようです。私の方ももやは出るものの食いアタリが出ず遊ばれている状態、しかしあっと言う間にお昼になってしまい、雨も強くなりだしたので撤収としました。
210524 飯坂T沼 6:00-11:30

山ちゃん・K

薄日が射し昨日の強い風がウソのように収まり絶好と思われる天候の中、自宅を5時30分に出発しようと車に乗り込むと、山ちゃんからの電話。すでに山ちゃんとKが現地についているようでした。昨日のポイントにそれぞれ3人が入って釣行となりました。15分程でウキに不穏な動きが出ましたが、続きません。一時間に一度程のアタリで、完全にリズムを崩してしまいます。アタリがでないまま9時前に山ちゃん・Kは早々に撤収となりました。一人になり集中して釣行を続けましたが、さっぱりウキが動かなくなってしまい、11時30分ギブアップとなりました。
210523 飯坂T沼 6:30-11:30

山ちゃん・K

風が強い中、釣行開始から約15分でウキが動き出しました。気合を入れての釣行でしたが、その直後消し込みアタリでのハリス切れでした。鯉のようです。さらに30分後に再びウキに動きが出始めました、今度こそとアタリを待ち構えていると、やはり消し込みアタリ、合わせると今度はハリス2本とも綺麗に切れていました。その後アタリは止まってしまい、釣行開始から約3時間が経過、仕掛けを投入し隣のKと話をしウキがなじむまでウキから目を離し、なじんだ頃とウキを見ると、投入した場所にウキがありません、一瞬何がどうなっているのか判断がつかずにいると、軽く握っていた竿が手から逃げて行きます、竿だけがすいすいと湖面を泳いで行きます。あわてて目で追いかけますが、湖中央付近で止まってしまいました。途方に暮れていましたが、山ちゃんとKに行方の確認を任せ、リール竿を取りに自宅に戻り、約40分後戻ってくると山ちゃんとKは何事も無かったかのように、「何処かに行って見えなくなちゃった」。その上Kは40cm近いヘラを掛けたと、携帯の画像を見せる始末。お気に入りシリーズの12尺を忘れて紛失に続き11尺も紛失か・・・・と呆然としてしまい、私の釣り台に戻ると見慣れた目の前にウキが浮いています、?????。しばらく状況が飲み込めません、山ちゃんとKを見るとなぜか顔が緩んでいます。そうです、私が自宅に戻った後、魚がまた動き出したらしく、何とか15尺の竿と仕掛けで届くところまで来たそうで、竿はおろかヘラ(私はてっきり鯉と思っていました)を回収していたのです。まったくこの二人を一緒にすると、思いつく限りの悪さをします・・・・。その後11頃山ちゃん・Kは撤収しまい、一人釣行を続行しましたが、餌も底を尽き風も強くなってきたのでそろそろ撤収しようとしたその時、また消し込みアタリが出ました、合わせることも出来て寄せようとした時、ずるずるとなぜかはずれてしまいました。針掛かりが浅かったのかなと思い仕掛けを見ると、プラスチック製のより戻しが切れていました。一枚も掛けることができず散々な一日となりました。
210510 飯坂T沼 7:00-10:30

単独

方々からの風が強く、釣行しずらくボウズで早々と撤収。
210509 飯坂T沼 6:30-12:00

単独

朝から日差しが強く夏を思わせる陽気です。アタリ出しも釣行開始から30分といつもより随分早く、良釣果の予感。釣行開始から2時間後一枚、その30分後2枚目。久々の複数枚の釣果に満足、満足、気合も入ります。また、1時間後に一枚追加と午前中で3枚の釣果、型も30cmオーバー2枚、40cm弱1枚となりました。
210506 飯坂T沼 6:00-12:30

山ちゃん

待望の40cmオーバーかと思われましたが、39cmでした、残念。
210505 飯坂T沼 5:30-11:30

山ちゃん・K

4時30分過ぎに朝目覚めて、のんびり朝のお茶を楽しんでいると山ちゃんからのいきなりの電話、「これから家を出るから」。昨日40オーバーを掛けて調子の良かった山ちゃんは相当な入れ込みようです。私も昨日念願の一枚目を掛けることができましたので、なるべく早く出ようとは思っていましたが、何も午前5時とは・・・。現地に到着するとすでに山ちゃんは到着、なんとKもすでに来ていたと言うことです。いつものポイントで準備を終えて仕掛投入、昨日は産卵でお祭り騒ぎでしたが、今日は全く静かで何か拍子抜けです。釣行開始から2時間の釣行の間、相変わらずアタリは数える程、スレ掛りでばらし1枚。午前9時を回るとアタリすら出ず午前11時撤収でした。
210504 飯坂T沼 9:00-2:30

山ちゃん・K

念願の一枚目です。前日までの絶不調で気合が入らず、午前8時30分、朝方の雲が切れて薄日が射してきたので、やっと沼に出かけようと車に乗ったところでKからの電話「ヘラがうじゃうじゃだよ〜」。現地に到着すると西側浅場でヘラの産卵が始まったようで、ヘラはもちろん鯉まで入り乱れてのお祭り騒ぎです。目の前を大型ヘラが悠々と手下を従えて通りすぎて行きます。とても餌には見向きもしません、気持ちはわかるような気がしますけれど・・・。そんなところで山ちゃんが超大物GETです、計測したところ43cmもありました。俄然気合が入りますが、時折出るアタリに翻弄されるばかりで空回りするばかり、山ちゃんはお昼ごろ撤収となりましたが、なんとか一枚と粘りお昼を回った時念願の一枚目をGETすることができました。欲を出してもう一枚とその後2時間程粘りましたが、ウキは動くことはありませんでした。
210503 飯坂T沼 7:00-11:00

単独

アタリ一度・・・・・。
210502 飯坂T沼 8:30-11:30

単独

アタリ二度・・・・・。
210426 飯坂T沼 7:00-11:00 山ちゃん
前回とはうって変わっての雨模様、昨日からこの時期にしては強い雨が続き、天気予報では今日には上がるようでしたので、自宅を出るときに落ちていた小雨もそのうち上がるだろうと、午前7時前に出発です。現地にはすでに山ちゃんも到着しておりました。雨も少し強まり、風も時折り湖面を揺らします。気温も雨のせいでしょうか相当寒く感じられます。仕掛投入から約1時間でウキが動きました。アタリとまでは行かないサワリ程度でしたが、久しぶりのウキの動きに俄然気合が入ります。が、続きません、30分に一度程度いたずらされますが、もちろん合わせるまで行かず、突然のウキの動きに翻弄されるばかりです。なんとか一枚と雨もますます強くなり出し、風も強まってきていますが、なんとかウキの動きを捉えようと頑張りましたが、風雨とあまりの寒さに11時でギブアップとなってしまいました。しかし、帰宅してお昼を過ぎると風は強いものの、信じられないほどの好天気となっていました、もう一粘りが必要だったかも知れません。
210419 飯坂T沼 8:30−11:00 山ちゃん
午前8時過ぎに現地に到着すると、山ちゃんがたった今一枚掛けたとの事でした。さっそく期待満々で準備開始、仕掛投入となりました。暖かな日差しの中、風も微風、沼の周りに咲いていた桜が満開の時期を過ぎて、はらはらと花びらを沼に落としています。とても風情があり、ついアタリの無いことも忘れてしまいます。山ちゃんもその後パッタリとウキの動きが止まってしまったようで、アタリが止まってしまったのは私のせいだとしているようです。このところまともなアタリに遭遇していませんので、心当たりも無いことはないですが・・・・・。釣行開始から2時間が経過しすでに10時30分、一向にアタリの出ない状況が続きます。山ちゃんは車でZZZ・・・。私も集中力を欠いてしまい、午前11時に撤収となりました。
210412 飯坂T沼 7:00-12:30 K/山ちゃん
昨日の1度のアタリが頭から離れず、午前7時前に自宅を出発してしまいました。天候の割りに朝方は相当の冷え込みを感じ、車に入れて置いた防寒服を着用です。早朝だからでしょうか、先客は一人、さっそく準備に取り掛かり、仕掛けを投入したのは午前7時少し過ぎていました。風は無く湖面は鏡のように静まり返り、周りの5分咲きの桜を綺麗に写し出しています。釣行開始から約1時間が経過し、ウキがいきなり消し込みです、合わせましたが、簡単にハリス切れとなりました、鯉は健在のようです。そのうち山ちゃんが到着で、対岸で竿を出し始めました。私に気づいていないようです。その後1時間で何度かウキが動きましたが、合わせきれずに午前9時になってしまいました。Kがやっと到着し、隣で竿を出しました。午前9時を回ってからはウキは一向に動きません。Kもウキの動きは見られないようです、あっと言う間にお昼になってしまい気力が持続できず撤収としました。
210411 飯坂T沼 9:30-12:30 単独
午後から用事が入っていますので、午前中のみの釣行です。少し風は吹いているものの、すでに午前9時を回り寒さは感じられません。3時間の釣行で、アタリは一度と言う渋さです。回りも5名程の釣り人がいますが、釣果を確認できたのは1枚のみ。2度目の餌を作る気にもならず撤収としました。
210405 飯坂T沼 8:30-10:30 単独
朝方から風は強いものの暖かそうな陽気となりましたのでT沼にでかけました、出がけに山ちゃんに電話を入れてみましたが、応答なし。また前日に宴会でもしたのだろうと思い、沼に到着した頃に返信があり、本日は釣行不能とのこと。沼にはすでに釣行者が2名、気になっていた風も強くなり風裏、追い風となる西側を釣りポイントとしました。準備を終えて釣行開始ですが、風がおこす波でウキの動きが非常に見ずらい状態、時折強い風で竿置きに乗っている竿が動かされます。開始から1時間経過、気配は出ません。先行していた釣り人2人はいつの間にか撤収していました。その後1度目の餌が終了するまで釣行を続行しましたが、ウキは風にあおられるのみでアタリは出ず、ますます風が強くなってきたため撤収としました。
210404 松川S沼 14:00-16:30
山ちゃん情報で、3月にすでに釣果が上がっているとの飯坂T沼での釣行予定でしたが、Kが飯坂の沼で朝方7時から午前中いっぱい釣行しましたが、ウキは動かずとのことでしたので、午後からS沼での釣行としました。釣行開始から約1時間でウキが動き出しましたが、アタリが微妙なことと、今季初めての釣行のせいでしょうか、合わせる事ができません、一度目作成の餌が終わる頃ハリス切れで終了としました。

back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2008

Back

2008年釣行

釣行月日

場   所 釣 行 時 間 同 行 者

状         況

11月16日 福島市飯坂

午前8時

午後0時

山ちゃん

前日すっかりウキの動きに見放されてしまい、ウキが動けばヘラか真ブナの期待が出来る飯坂の沼に出かけました。午前8時前に現地に到着すると、ヘラの釣り人は誰もいません、山ちゃんもまだ来ていませんでした。わたしが仕掛けの準備をしていると、山ちゃんがやっと到着です。少し雨模様ですが、風は無く、釣行には支障はありません。釣行開始から30分、予期していませんでしたが、ウキにツンとアタリがありました。俄然気合が入ります、が・・・その後続きません、餌二度まで粘りましたが、これが本日唯一のアタリとなってしまいました。明日はワカサギの予定を入れていましたが、これではワカサギ釣行も思いやられます。
11月15日 伊達市保原

午前8時30分

午前11時00分

山ちゃん

前回のリベンジと意気揚々と出かけましたが、完敗でした。前回釣行終了後に目星を付けて置いたポイントにすでに山ちゃんは到着し、釣行を開始するところでした。ブルーギルでもウキが動けばと、あまり期待をせずに竿10尺で釣行を開始しましたが、今日のポイントは相当遠浅のようです。開始30分が経過しましたが、ウキの動きが思わしくありません。合わせを取れるようなウキの入りがありません、もや〜、もや〜としたメリハリの無いウキの動きにすっかり翻弄されてしまいました。釣行開始から1時間もするとそんな動きも無くなってしまい、途方に暮れるのみでした。「どうせ動かないなら飯坂の沼でも同じかな〜」と明日は飯坂の沼を予定しました。
11月9日 伊達市保原

午前9時

午後1時

山ちゃん

ヘラ放流の情報を得て、初めての保原に出かけました。待ち合わせは8時30分、現地に到着するとすでに全体で30名以上の釣り人がおりました。初めての釣行なので、釣りポイントが判らず(すでに釣り人が入っている場所が釣りポイントと思われます)、車が駐車でき空いている場所に限られてしまい北西側で釣行開始でした。水深は約一本ですが、水底は岩石だらけのようで、宙釣りとなるようです。今まで底釣りのみの経験ですから、大変不安でした。縁からかなりなだらかな傾斜のようですので、竿は11尺。釣行開始後約30分後、ウキにもやのような不穏な動きが見られました。宙釣りの特有のウキの動きなのか、もやの後の入りがありません。隣で竿を出していた山ちゃんが掛けたのは体長10cm程のブルーギルでした。私の頭にはヘラしかありませんでしたから予想外です、彼らが餌をつついていたのです。しかし不満はありません、しばらくぶりにウキが動くことについ感動しまった程です。噂には聞いていたブルーギルですが、なかなか手強い相手です、合せのタイミングがつかめません。約4時間の釣行で仕掛けの投入のたびにアタリが出ますが、掛けることが出来たのは3匹のみ。ウキが動いたことに満足した釣行でした。
11月3日 福島市飯坂

午前8時30分

午後0時30分

単独

アタリ1度のみ、なんとか一枚を目指して粘りましたが、ギブアップ。
11月2日 福島市飯坂

午前9時

午前11時00分

単独

アタリ出ず、一回の餌で撤収。
10月26日 福島市飯坂

午前8時

午後0時30分

山ちゃん

本日は風も無く、朝方の暖かさに誘われて午前8時前に出発してしまいました。現地に到着すると山ちゃんもたった今仕掛けを入れた所でした。ポイントは北側深場です、尺物の亡霊に取り付かれてしまったかのように同じポイントに陣取っていました。天候は前日とはうって変わり空は雲に覆われていますので、気温は上がりません。釣行開始から約1時間経過した頃、山ちゃんにアタリが出たようです。山ちゃんのウキは止まってしまったようですが、しばらくすると私のウキに不穏な動きがでました。半信半疑ながら集中して仕掛けを投入し続けると、アタリです。珍しく合わせのタイミングが合い、掛けることができました。小型の真鮒でした。相変わらず山ちゃんのウキは動かないようで、頻繁にあくびの音が聞こえ、早々に撤収の準備をしていました。私の方もその後ウキが動く事無く撤収予定時間となってしまいました。
10月25日 福島市飯坂

午9時30分

午後0時30分

単独

本日は山ちゃんが勤務のため、単独釣行です。朝方は非常に風が強かったため、出動を躊躇していたのですが、午前9時を回った頃から風がおさまり出したようでしたので、出発でした。現地はまだ西風が吹いていましたので、本日のポイントは西側の浅場としました。釣行開始から約30分、ウキにもぞもぞという動きがでました、3投程その状況が続き、アタリが出て、合せましたがハリスの切れる感触で終わってしまいました、鯉のようでした。その後しばらくはだめだろうとたかをくくっていたら、10分も過ぎないうちにチクリとアタリです。気合を入れて仕掛け投入ですが、続きません。こんな状況が30分に一度繰り返されますが、突然のアタリに合せる事が出来ず2時間が経過してしまいました。お昼を回ってしまうと、さっぱりウキも動かず撤収となりました。
10月19日 福島市飯坂

午8時30分

午前11時30分

山ちゃん

前日の尺サイズに魅せられて、山ちゃんは相変わらず早々に現地におりました。状況は前日と変わらないと思われましたが、ウキの動きを聞くと、釣行開始から1時間、まだアタリは出ないとの事。期待は出来ないな〜と思いながら、仕掛けを入れて3投目、アタリが出てしまいました。5投目には1枚GETでした。しかしココからが長く感じられました、早々にアタリが来てしまったため期待感が先走りしてしまい、延々と2時間微動だにしないウキを眺めることとなってしまいました。山ちゃんは用事があり10時に撤収でした。私もお昼から用事があったため11時30分まで粘って見ましたが、ウキの動きは出ませんでした。
10月18日 福島市飯坂

午8時30分

午後0時30分

山ちゃん

早朝はめっきり気温が低下し、出かけるのがすっかり遅くなってしまいます。現地に到着すると山ちゃんは前回と同様北側に陣取っていました。本当は西側での釣行を予定していたのですが、ウキも動くと言うことから北側での釣行開始です。山ちゃんはすでに一枚を掛けたとのこと、仕掛け投入後約30分後、ウキにアタリが出ました。気合を入れなおして再度仕掛け投入です、すかさずアタリが出て掛けることができました。サイズは20cmほどですが、元気いっぱいのヘラでした。その後間を置かず小型ながら2枚が掛かり、絶好調の予感。その後私のウキが動かなくなると今度は、山ちゃんのウキが動き始めました。掛かってきたのは尺サイズのヘラですが、たも入れ寸前でバラシとなってしまいました。その後も山ちゃんのウキが動き、再度尺サイズのヘラで、今度はしっかりたも入れしていました。私の方はその後餌落ちしたと思われた仕掛けに掛かっていた一枚を追加しましたが、めっきりウキの動きが出ず撤収となりました。
10月5日 福島市飯坂

午8時30分

午前10時30分

山ちゃん・K

前日の夜更かしが祟り、目が覚めたのが午前6時頃、それでもなかなか寝床からおきだすことができず、現地到着は午前8時を回ってしまいました。すでにK・山ちゃんもいましたが、山ちゃんは珍しく対岸に釣ポイントを取っていたため話すことができませんでした、前日の鯉狙いの釣行の結果が気になるところです。Kに本日の状況を尋ねると釣行開始から約2時間経過した今、アタリが出たところとの事。急ぎ準備をして釣行開始はすでに8時30分となっていました。気温も暖かく感じられ、風も無く絶好のへら釣日和のようですが、2時間経過した10時30分まで微動だにしないウキに根負けして、午前10時30分撤収としました。対岸の山ちゃんは数枚掛けているのが確認できました。
9月28日 福島市飯坂

午前8時30分

午前10時

山ちゃん

穏やかな天候には恵まれたものの、ウキの動きは釣行時間中に2度のみ、早々に撤収としました。
9月27日 福島市飯坂

午前7時30分

午後0時

山ちゃん

時折雨が落ちてくる空模様で、ウキの動きは大変渋い状況でしたが、釣行開始から約3時間後、久々の尺超えの大物が掛かりました。その後お昼までウキの動きは出ませんでした。

9月21日

福島市飯坂

午前7時30分

午後2時

単独

前日のワカサギ釣行で、山ちゃん用の電動リールの不良(実は電池が無かったせい、どうせならオーバーホールをと)のメンテナンスをしていたことで、夜更かしをしてしまい、目が覚めたのが午前6時30分となってしまいました。外は雨模様、おそらく山ちゃんは来ないだろうと出かけたのは午前7時を回っていました。沼に到着すると雨降りのせいか、だれもいません。西側ポイントに陣取り、釣行開始となりました。開始約1時間はウキが動く事はありません、時折強くなる雨足に小さくなりながらの釣行です。その後ウキに動きが見られるようになりました、何度かもやが出たとたんにアタリです、合わせましたが鯉のようでハリス切れとなりました。その後しばらくは寄ってこないだろうと思っていましたが、程なくツンとアタリがでました。しかし、合わせることができません、約30分の格闘の結果、やっと一枚を掛けることができました。すでに午前10時を回っていました。雨もあがり始めると二人程釣り人が到着です。その後ももう終わろうかと思うと、チクリとウキにアタリが出ます、もう少し、もう少しと粘りますが掛かって来ません。餌のサイズを小さくしたり、バラケやすくして見ましたが結果は同様、これで午後2時まで遊ばれてしまいました。竿⇒8尺 後日山ちゃんに連絡を取ると、午前6時に沼に到着し20分ほど待っていたそうです。

9月15日

福島市飯坂

午前6時

午後2時

山ちゃん・K
13日のワカサギ釣行、14日の黒鯛釣行と十分満足して過ごすことができましたが、腰、肩に疲れがどっと出てしまいました。午前6時ごろ沼に到着すると、いつもすでに到着しているはずの山ちゃんの姿がありません、他の釣り人も誰も居ませんでした。山ちゃんはその内来るだろうと、準備をして第一投、しばらくぶりに今日は釣ポイントを西側に移しての釣行です。30分経過、ウキは動く気配を見せません、やっと山ちゃんが寝ぼけた顔で到着しました。続いてKも到着です。1時間経過、さっぱりウキは動きません。その後3時間を経過しても、ウキに動きが出ないためポイント移動です、移動してすぐにアタリがでました。合わせることはできませんでしたが、頻繁に動きが出るようでになり真鮒ですが一枚掛けることができました。午前10時頃、山ちゃんは用事があり撤収、Kもお昼前には撤収となりました。お昼を回りウキの動きも止まり、私も空腹に耐えかねてそろそろ撤収しようとすると、再度ウキに動きが出始めましたので、もう一度餌を追加し釣行を続行して、また真鮒でしたが一枚追加することができましたので、欲を出して午後2時まで粘りましたが追加することは出来ませんでした。

9月7日

福島市飯坂

午前6時

午前10時

山ちゃん

前日の相馬釣行で、山ちゃんは飲み会、私はあまりにも早く目が覚めてしまい、その上釣果に恵まれなかったため疲れがでてしまいました。そのせいか6時過ぎの仕掛け投入でしたが、気合が入っていないうえにさっぱりウキが動きません、気温は早朝にしては暖かく感じられて、お日様も薄日ではあるものの、状況は悪くはないと思われますが、約1時間30分は音沙汰無しの状態でした。一回目の餌が終了しかかった時、ウキが物凄い勢いで水中に引き込まれました、あわてて合せると鯉のようで竿を残すのみで仕掛けすべてが水中に消え去りました。ほどなくして沼中央付近にウキがぽっこりと顔をだしました。もちろん回収は不可能となってしまいましたので、新たな仕掛けを準備して釣行再開です。再開からまたまた約1時間30分経過、それまでウキに反応は全くありません。そのうちにKがひょっこりと顔をだして、雑談が始まってしまい、山ちゃんもウキの動きが無いようで、すでに緊張感は切れてしまっているようでした。わたしもこのままの状態では午前10時には撤収だな・・・・。と思っていると餌落ち寸前のウキが食い上げられています、合せると寄せるにも苦労するほどの丸々と太った尺ベラでした。そろそろ食いが立ってきたのかと気合を入れなおして釣行に臨みましたが、餌切れまでウキが動くことは無く、予定通り10時に撤収となってしまいました。竿11尺⇒10尺

8月31日

福島市飯坂

午前6時

午前10時30分

山ちゃん

降雨が無ければ、昨日に引き続き相馬釣行予定でしたが、早朝目を覚ますと、完全な雨模様でした。海を断念し、沼に向い現地到着は午前6時で小雨程度でしたので、準備をして釣行開始です。釣行開始直後には土砂降りの雨に変わり状況はきつかったのですが、ウキは開始後30分程度で動きがでました。前回と同様のスタートでしたが、ウキの動きがアタリにつながりません。3時間程は動いていたウキもその後は動くことはありませんでしたが、そんな中山ちゃんは2枚を掛け上機嫌です。雨足は弱まりましたが冷たい西風が出てきましたので、午前10時30分撤収としました。
8月29日 福島市飯坂

午前11時

午後4時30分

単独

忙しい仕事を終えて、のんびりしたくて休暇を取って沼に出かけました。あまり期待しない釣行でしたが、仕掛投入3投目ですでにウキに動きが出たのです。今まで長く雨模様が続いていましたが、今日はそれも一段落でしょうか薄日が差し込む絶好の日和に恵まれました。めったに掛りはしませんが、頻繁にウキが動きますので、時間の過ぎてゆくのは大変早く感じられます。釣行開始から約3時間で2枚を掛けることができ、大変満足し日差しもきつくなってきましたので、撤収しようかどうか迷いましたが、こんな天候に恵まれるのも今度はいつになることやら・・・・・、もう少し粘って見ることにしました。その後約1時間後時折動くウキに惑わされながらも30cmのヘラを掛けることができました。しばらく無かった複数枚の釣果でした。
8月24日 福島市飯坂

午前5時

午前10時

 
忘却のかなた・・・・。
8月23日 福島市飯坂

午前5時

午前10時

 
忘却のかなた・・・・。
8月17日 福島市飯坂

午前5時

午前10時

 
忘却のかなた・・・・。
8月16日 福島市飯坂

午前5時

午前10時

 
忘却のかなた・・・・。

8月10日

福島市飯坂

午前5時

午前10時

 
忘却のかなた・・・・。

8月3日

福島市飯坂

午前5時

午前10時

山ちゃん/K

釣に関しては、特にコメントはありません。相変わらずウキは固まったままの状態です。そんなところにひょこりと直が現れました、娘の用事で福島に来たとのこと。これで一気に緊張感を失ってしまい、空腹も手伝って釣行を持続する気力を失い、撤収となりました。

8月2日

福島市飯坂

大笹生

午前5時30分

午後12時30分

山ちゃん

早朝からの釣行にもかかわらず、山ちゃんも私もウキに動きがでません。4時間が経過し、たまらずウキの動きを見たいと別沼に移動となりましたが、頼みのブルーギルにさえ相手にされず、本日は一度もウキが動くこと無く、撤収となりました。ひどく暑い一日でした。

7月27日

福島市飯坂

午前5時30分

午後1時30分

単独

本日は午前4時30分頃に山ちゃんが電話をよこして、仕事の都合で釣行できないとのことでした。私の方は前日から仕掛けの準備をして万全ですので、いつもの通り沼に向かいました。現地に到着すると、釣り人はまだいませんでした。前日に準備した仕掛け(最近めっきりと眼力が衰えたため、見やすいウキをセットしていました)を投入。30分経過、さっぱりウキが動きません、1時間経過、2時間経過、第一回目の餌が終わろうとした時、やっと魚の気配をウキに感じることができました。餌切れのついでに「ひよっとして・・・」と思い、いつも使用しているウキに変更してみました。第二回目の餌を準備し、釣行開始です。時間帯や魚が寄っていたせいもあるでしょうが、盛んにウキが反応します。最初に使ったウキは微妙なサワリなど負荷が大きすぎてウキに出ていなかったようです。直後にヘラを掛けることができました。その後異様なウキの動きに翻弄され、しばらく時間かかって掛かってきたのが、ハヤでした。この沼では初めてでビックリです。2度目の餌も底をつきかけた時に再度、ウキが動きだしてヘラを掛けることができました。その後午前10時ごろから撤収まで、2度餌の補充をおこないましたが、その間全くウキの動きを見ることは出来ませんでした。

7月21日

福島市飯坂

午前5時

午後1時

山ちゃん・K

朝から雨模様の天候で、現地に行って見ると山ちゃんが道具も出さずにうろうろしています。どうしたのかと思えば雨降りなので竿を出すかどうかまよっているとの事、「おめ〜はハリボテかい!天気予報では回復に向かうはずだから・・」。やっと説得して、準備開始ですが、あたり一面はガスに覆われて見通しが利きません、ウキすらはっきりと見えない状態です。しかし昨日から餌を投入していたせいか、早々にアタリがでました。今日は昨日のこともあり意識的に合わせを小さくしてみました、久々に掛かりました・・・、真鮒でした。その後も真鮒を追加したところで午前6時頃にKが到着です、約2時間の釣行予定とのこと、相変わらず準備にたっぷりの時間を掛け、釣行を開始したとおもったら、難なくへら鮒をあげてさっさと帰って行きました。山ちゃんもヘラを一枚あげていましたが、午前10時を回ると二人ともアタリそのものが無くなってしまい、昨日の二の舞を予感させましたが、雨も上がり少し明るくなり始まった頃から再びウキが動きだしましたが、山ちゃんは時間切れのようで、陸ベラの後、お昼には帰って行きました。私は、ウキも動きだし何とかヘラをかけるまではと粘り釣行続行です。30分程でへらをかけることができましたが、餌が残っていたことと、益々欲が出たこともあり、餌切れまで粘りましたが、追加の釣果をあげることはできませんでした。

7月20日

福島市飯坂

午前5時

午前10時30分

山ちゃん・K

前日の相馬釣行の帰りに、午前五時集合の約束通りすでに山ちゃんは到着していました。いつもの西側のポイントから今日は南側ポイントに入っていました、実は私も西側の強い日差しにさらされるポイントから変更したいと思っていました。西側のポイントに比べると随分深いような錯覚を覚えます。朝まづめを期待して気合を入れて釣行開始です、間もなくウキが動き出しました。合せるとハリス切れです、時間を置いてこれが2度も続きました。昨日の海での釣行の癖が残ってしまって、合わせが強すぎるせいかと思いましたが、どうやら鯉のようです。鯉が来てしまってはこの後しばらくは期待できそうもありません。事実、午前中撤収まで、ほとんどウキは動きませんでした。3人そろってボウズとなりました。

7月12日

福島市飯坂

午前9時

午後2時

単独

前日の予定では、相馬に出かける予定でいましたが、午前4時に目が覚めると表はかなりの強い雨が降っており、今日はどこへも出かけられないな・・・。と久々に作業場の片付けなどして過ごしていましたが、午前8時を回ると天候は一変し、太陽が顔を出して強い日差しが差しているではありませんか、すかさずヘラの用意をして出かけました。沼に到着するとすでに数人の釣り人がおりました。すでに朝まづめは過ぎてしまい、日差しも直射日光を浴びると痛いほど強く、日傘を準備しての釣行となりました。天候が良すぎる時は、乾燥で餌が変化してしまうので大変苦労します。相変わらずウキは長時間動きません、2時間ほどしてアタリがありましたが、鯉のようでした。何のテンションも無くハリスが切られて帰ってきました。その後は全くウキが動かなくなってしまいましたので、先週に味をしめた宙釣りに変更してみました、しばらくして2匹ほどのへらが餌の周囲に確認できるものの全く興味を示しません。これ以上私の手には負えませんので午後2時まで粘ってみましたが、状況が変わらず撤収となりました。

7月6日

福島市飯坂

午前7時

午後1時

山ちゃん

久々の山ちゃんとの釣行です、前日のリベンジもあり私は午前7時に現地に到着、山ちゃんの姿はありません。間もなく山ちゃんからの電話で「今目が覚めました・・・、飲みすぎました・・・・。」、相変わらず気合の入らない男です(人の事はあまり言えませんが)。今日は朝から気温がかなり上昇し、完全な夏日です。さぞヘラ鮒の活性も上がっているのだろうと、期待し仕掛けを投入です。山ちゃんが到着するまで約30分、アタリさわり無し状態です。山ちゃんが来てからも私にはアタリが全く出ません。山ちゃんは釣行1時間ほどでウキが動き出したようで、1枚を掛けてしまいました。2度目の餌を使い切るまで、ウキは動かず思い余ってポイントを変更しての釣行としました。仕掛けを投入してすぐにアタリは出ましたが、掛ける事はできませんでした。2〜3度アタリが出たものの、30分もするとウキの動きが止まってしまいました。ヘラが浮いてしまっているようで、4〜5匹ウキの回りを泳いでいます、山ちゃんが釣行を終えて脇に陣取り、「どうせ釣れないんだからいたずら半分に宙釣りでもして見たら。」などと散々からかった挙句に帰って行きました。今日は用事があり1時30分までに帰宅しなくてはなりません、釣行は午後1時までと刻々と残り時間が少なくなっていきます。残り30分となったところで、まだウキの回りにヘラの姿が確認できます、思い切って浮いているヘラを狙うこととしました。負荷のあるウキに取り替えてウキ下は約50cm、宙釣りは経験がありませんので、半信半疑で仕掛けを投入すると、盛んにウキが動きますが、底釣りでの動きとは全く違い、合せのタイミングが取れません。えいや〜で合せた所、掛かってしまいました、尺超えのヘラでした。味をしめて再度挑戦したところ、今度は消し込みのアタリで30cm超えの鯉でした。ここで撤収予定時間の1時になり撤収としました。

7月5日

福島市飯坂

午前9時

午後4時

前日のKとの約束の時間は午前6時・・・・。でしたが、前日の宴会が盛り上がり目が覚めたのが午前8時、おそらくKも起きれないだろうとたかをくくり、現地へ到着すると、なんとKがいるではありませんか、午前6時ごろは来ていたとのこと。感心、感心。その上私が到着する5分前ほどに待望のヘラ鮒を1枚上げたのと事、益々感心、感心。Kでもあがると言う事は、ずいぶん食いが立っているのだろう・・・。などとまたまたたかをくくって準備を終え意気揚々と仕掛け投入です。1時間経過・2時間経過・・・・。一度目の餌の終了までウキが全く動きません、お昼前にKは釣果を出したので「おっさき〜」と撤収です。午後に入ると時折強い雨が降り出しました、しかしKに遅れをとるわけにはいきません、なんとか1枚をGETするまで粘るつもりでした。その機会は以外と早く来ました、2度目の餌を随分残した時点で1枚をGETすることができました。今日は特に用事も無いので夕まづめまで釣行予定でしたが、その後ウキの動きも渋く、ヘラ鮒の顔を見ることは出来ませんでした。

6月28日

福島市飯坂

午前7時

午前11時30分

単独

本日は朝から雨模様、天気予報通りでした。雨の日のテトラ釣行は避けたいので、当初よりへら釣行の予定を組んでおりました。自宅を出るときには小雨程度でしたが、現地に到着した時には本格的な雨模様となっていました。この分では山ちゃんは来ないだろうな・・・・。(はりぼて山ちゃんだから) 天候も不順なので、釣果もあまり期待はしていなかったのですが、以外とウキの動き出しが開始から30分と早めにでましたので、俄然気合が入りました。しかし動いていたウキが突然止まってしまい、しばらく単調な釣行になってしまいましたが、いきなり消し込みアタリがあり合わせると一瞬鯉を思い起こさせる程の約25cmの力強い真鮒でした。最初に寄ってウキを動かしていたへら鮒がこの真鮒で姿を消したようでした。その後再びウキが動き始めて時間が掛かりましたが、待望のへら鮒2枚をGETできました。お昼前に雨も強くなり、風も出てきましたので撤収としました。

6月22日

福島市飯坂

午前7時

午前11時30分

単独

前日の酒田夜間アジ釣行でもうろうとして、相馬まで行く気力が無かったので沼に出かけてみましたが、時折降る小雨の中約5時間の釣行でしたが、ウキがさっぱり動きませんでした。2度ほどアタリを見たのみで、合せたのが1度。前日のアジの強烈なアタリを味わってしまっているため、微動だにしないウキを眺めている辛さに負けてしまい、午前中で撤収としました。

6月15日

福島市飯坂

午前7時

午後2時

山ちゃん

前日の黒鯛の午後4時までの9時間釣行に腕、足、腰の痛みに本日はのんびりと沼でのへら釣行を楽しもうと出かけました。すでに山ちゃんは私より1時間も前に到着しておりましたが、まだウキの動きは無いようです。さっそく山ちゃんの隣のポイントで準備をしましたが、水が随分濁っており、いやな予感です。私が準備を終え、仕掛けを投入して間もなく、山ちゃんに鯉が来たようです。この時はハリスのみの被害で事なきを得たようですが、それから約2時間後再度鯉のようで、仕掛けを絡ませて使用不能に陥ってしまったようです。この間私にはも・や・すら出ずに、ひたすら炎天下で耐えるのみでした。山ちゃんはいつも通りお昼に撤収となりましたが、山ちゃんの「今日はだめだから、撤収したほうがいいよ」との言葉にも、「山ちゃんが帰った後は爆釣になるんだから」と、私は午後に一分の望みを託して、約2時間粘りましたが、状況は変化せず、午後2時撤収としました。終わり際に13日から3連続で通っているという釣り人と話す機会がありましたが、13日に1枚の釣果を見たのみで昨日、本日は全く食い気が無いようだとの事でした。昨日の地震の影響のようです。

6月8日

福島市飯坂

午前7時

午前11時30分

単独

本日はいつも通り早朝午前4時に目を覚まし、海に出かけるか、沼にするか非常に迷いましたが、満潮が5時30分とこれから出かけるには遅すぎるとの判断で、沼に出かけることとしました・・・。が本心は相馬での磯釣りもすでにシーズン突入となっているのですが、へら鮒での4連荘でのボウズを喰らってますので、自分の中でけじめがついていないのです。「そろそろけじめをつけないと」と気合を入れて、午前6時30分に出かけ、現地に到着したのが午前7時前でした、へら釣りの釣り人はまだ誰も来ていませんでした。天候も朝から真夏日を予感させる絶好のへら日和です。到着してすぐに山ちゃんに電話を入れて見ましたがつながりません。準備を終えて仕掛けを投入です。約1時間、ウキは動きません、餌が悪いのか・・・、ポイントが悪いのか・・・、仕掛けが悪いのか・・・・、様々な不安にかられます。その後30分程経過した時、ウキが動きました。久々のアタリらしいアタリです、ついアタリを取ることも無く、笑ってしまいました。なぜならこんな食いの立ったアタリは約1ヶ月間見ていませんでしたので、つい嬉しくなってしまったのです。まだ掛けてもいなのに、アドレナリンの分泌を感じました。餌も慎重に調整し、丁寧に付けて、寄っているはずのヘラ鮒に挑みます。どんなアタリで掛けたのか思い起こすことは出来ませんでしたが、直後には約1ヶ月ぶりのヘラ鮒の感触を味わうことができました。感動ものです! そんな感傷にひたっていると、山ちゃんからの電話「今日は別の沼で挑戦して見るから」との事でした。その後も、ウキの動きが出て、午前11時までに尺べら一枚を含む、6枚の釣果を見ることができました。これで思い残すこともなく黒鯛を追いかけることが出来ることとなりました。今日は十分な満足を得ることが出来ましたので、早々に撤収し、山ちゃんの所へでも寄って見ようと、お昼前に沼を後にしました。が公園となっている現地に到着すると天候も良いせいか、大変なにぎわいで車を置くスペースがありません、残念ながら山ちゃんとは遭遇出来ませんでした。自宅へ戻りお昼ねの最中、午後2時ごろ山ちゃんから報告がありました。ウキは「絵に描いたウキ」の様に動くことは無かったそうです。竿11尺

6月7日

福島市飯坂

午後12時

午後4時30分

単独

前日の宴会の影響で起きることが出来たのが、午前10時となってしまい、いつもの沼でも前日あたりから釣果が出始めたとの情報を受けて、出掛けたのがお昼前でした。しかし、こんな状態ですから、もちろん坊主街道まっしぐらです。釣行開始直後から午後1時前は数度のアタリが出て期待が持てたものの、雲が出始めてからは、いつもの通りモヤすら出ない状態となってしまいました。しかし周りでは何枚かあげていますので、確かに今までとは状況が変わって来ているようです。竿11尺

6月1日

福島市飯坂

午前9時

午後3時

山ちゃん

しばらくぶりのいい天気に誘われてでかけましたが、6時間の間、ウキは根が生えたように微動だにせず・・・・・。3回連続のボウズでコメントのしようがありません。竿11尺

5月25日

福島市飯坂

午前9時

午後2時

山ちゃん

前日の24日は数年ぶりにカレイの船釣りに行ってきたため、肉体的・精神的に疲労で沖防波堤の黒鯛に挑戦する気力は残っておらず、疲れているようでも早朝3時に目が覚めてしまいましたが、外は土砂降りの雨、ぼんやりと過ごしていると、午前7時ごろに山ちゃんからの電話。昨日のカレイのおすそ分けのお礼の電話でした。「ところで今日は?」。このときすでに雨は随分小降りになっており、もう少しであがる予報でしたので、「沼にでも行くつもりだよ」と待ち合わせして沼に出かけました。到着は午前9時少し前となっていました。私と山ちゃんはそれぞれいつものポイントに入り釣行開始です。私のウキが全く動きません、1時間経過、2時間経過、とうとうお昼になってしまいました。その間、山ちゃんは2枚の釣果。ウキも結構動いているとの事でした。午後に入っても私の状況は変わらず、船釣りで受けた尻のダメージにギブアップしてしまい、午後2時過ぎにポツリ、ポツリと落ちてきた雨を口実に撤収としてしまいした。めずらしく山ちゃんは心残りのようでした。竿11尺

5月18日

福島市飯坂

午前9時

午後4時

山ちゃん

相馬での黒鯛釣りでまたまたストレスを蓄積してしまい、せめてヘラ鮒でもと、ヘラ釣に逆戻りです。午前9時ごろ現地に到着すると、すでに10名程の釣り人がおり、いつものポイントには入ることはできませんでした。山ちゃんも午前7時頃に来たようですが、状況を尋ねると未だウキの動きは無いとの事。不安を抱きながら山ちゃんの隣に釣り座を設けて釣行開始です。約1時間が経過しましたがウキは全く動きません、1時間30分を経過しようとした時に、一瞬ウキにアタリがでましたが、もちろん合わせる事などできません。2時間を経過しようとした時に、大きなアタリがありましたが、鯉のようで、ハリス2本を簡単に切って行きました。その後も30分から1時間に一度に一瞬のアタリが出るばかりで、油断している訳ではないのでが、合わせても掛かりません。この状況が午後4時まで続き、気温も低くなって来たため、とうとうボウズで撤収となってしまいました。何をやってもだめですね・・・。竿11尺

5月11日

福島市飯坂

午前7時

午後4時30分

単独

前日のふがいない釣果のリベンジに燃え、早朝よりの釣行としましたが、小雨の中、前日に引き続き気温が上昇せずアタリの状況も変わらず超シブ状態、何とか午前中に1枚を掛けるも、午後に入ると日差しがさすこともあり幾分ウキが動きましたが、やはり鯉でした。本日沼には9名程の釣り人がいましたが、釣果は全体で3枚という激シブ状態です。この所の貧果は天候のせいでしょうか、鯉のせいでしょうか?竿11尺

5月10日

福島市飯坂

午前9時

午後4時

単独

どんよりとした曇り空で、肌寒い状況です。しまい込んだダウンを着用です。お昼近くなっても気温の上昇がないせいかアタリがでません、午前中の2枚のみです。午後に期待するも、鯉に仕掛けを切られること2度、鯉に怯えたのかへら鮒の気配はありませんでした。竿11尺

5月6日

福島市飯坂

午前7時

午後12時

山ちゃん/K
今日は午前五時半に起床すると、途端に山ちゃんから電話があり、何を血迷ったのかすでに現地に到着しているとのこと。いくら暖かいとは言え無謀としかいいようがありません。準備をして私が現地に到着したのは午前7時前となりました。釣行開始時に昨夜から吹いている強い風が気になります。13尺での約2時間の間一切ウキは動きませんでしたので、いつもの11尺に換えた所やっとアタリが出て一枚。その後もひたすら我慢の釣行となりました。お昼までに1枚を追加したところで、風が強くなりだし、釣行不能となりましたので撤収としました。竿13→11尺
5月5日 福島市飯坂

午前8時

午後3時30分

山ちゃん/K
今にも降り出しそうな空と肌寒い状況の中、ウキの動き出しにひどく時間が掛かり、一枚目は一回目の餌が底をつく寸前の約2時間後。その後も状況は変わらずウキの動きはさっぱり、しばらくぶりのアタリは今までに無い尺をゆうに超える良サイズでした。その後、午後に期待しましたが撤収までウキが動くことはありませんでした。竿11尺
5月2日 福島市飯坂

午前10時

午後4時30分

単独
前日と同様真夏を思わせる陽気でしたが、午前中はアタリの出ない時間が続きましたが、午後に入るとウキの動きが活発になり撤収までに釣果11枚。竿11尺
5月1日 福島市飯坂

午前9時

午後5時

単独

朝から好天に恵まれて、釣行開始直後からウキの動きも活発で十分に楽しむ事ができました。あまりのウキの動きに合わせに苦労しましたが、釣果15枚。竿11尺

4月30日 福島市飯坂

午前10時

午後4時30分

単独
へら釣り5連荘目突入です、昨日のさっぱり動かないウキに懲りずに出かけてしまいました。午前10時、現地に到着すると、夏日の予報もあり釣り人は誰もいません、強い日差しに日陰に釣座を選定しようとも思いましたが、足は勝手にいつも通りの場所に向かっていました。昨日の事もありますから、覚悟しての釣行開始です。しかし、仕掛投入後30分でウキが動きだしました。投入のたびにアタリが出ます、しかし食い気のあるアタリではなく、単発のコツンとしたアタリで掛けることができません。1枚目を掛けるのに1時間程かかり、2枚目はお昼となっていました。午後に入るとウキの動きも活発になり、食い気が出てきたのか順調に掛けることができ、撤収まで合計9枚となりました。昨日と比べても日によってこれだけの変化がある要因はどこにあるのでしょうか。竿11尺
4月29日 福島市飯坂

午前7時

午後2時

山ちゃん
へら釣り4連荘目、正直少々疲れてきました。そこへ午前6時30分山ちゃんからの電話、すでに現地に到着しているとのこと。午前8時ごろの出発を予定していましたが、天候もいいので出かけてしまいました。午前7時には現地到着でした。もちろん山ちゃんのほかに釣り人の姿はありません。釣行開始から約2時間は一切アタリが無くウキが動きません、午前10時を回ると小さいながらもアタリが出始めて、尺サイズを一枚GETすることができました、その後昨日と同様にお昼前後に期待しましたが、僅かなアタリが単発で出るのみで午後2時には6人ほどいたほかの釣り人の姿も無くなってしまいました。空腹と腰の疲れで午後2時撤収としました。竿11尺
4月28日 福島市飯坂

午前9時

午後4時30分

単独
本日は体調も万全で、午前8時30分に出発です。釣行開始が午前9時を回っていました。朝方は日差しもあり暖かかったのですが、天候が目まぐるしく変わります。小雨が降ってみたり、いきなり日差しが出てみたり、風も向かい風になってみたり、追い風になってみたりで大変忙しいです。午前中2時間はウキも沈黙していましたが、午前11時を回った頃からからウキがいきなり動き出し、お昼までに尺越え1枚を含め5枚GETです。昨日と同様にお昼を回るとアタリが止まってしまいました、なんとか一枚を追加しましたが、気が付くとすでに午後3時30分を回っていました。餌の続いた午後4時30分まで粘りましたが追加することはできませんでした。竿11尺
4月27日 福島市飯坂

午前10時30分

午後5時00分

山ちゃん
目が覚めたのが午前7時30分、不覚にも嫁に遅れを取ってしまいました。さすがに宴会も二日連続ですと老体にはこたえます、ぐだぐだしていて午前10時近くに、嫁にケツを叩かれて釣り場に向かうとすでに山ちゃんがいました。2枚上げたとのことでした。昨日とうって変わって日差しもきつくて夏を思い起こさせるような天候です。開始直後からアタリが出て順調な滑り出しを予想されましたが、掛けることができません、アルコール漬けの体が言うことを聞きません。傍らでは山ちゃんが左腕をパンパン叩いています。腕のせいだと言っているようです。山ちゃんはお昼過ぎに帰ってしまい、午後に入るとあれ程出ていたアタリがパッタリと止まってしまいました。午後3時を回り気力を失ってしまい、今日は久々のぼうずを覚悟しました。一服して迷いながらも再度挑戦を決意して、釣行を開始しました。4時30分となったところでやっと一枚を掛けることができましたが、気力・体力共にへとへとでした。竿11尺
4月26日 福島市飯坂

午前10時30分

午後3時30分

前日の宴会の余韻の最中、そろそろ沼に出かけようとしていたところに午前8時過ぎにめずらしくKからの電話、「どこにいるの〜」、「まだ家だす〜」と言う事で一緒に出かけることになりました。現地到着はすでに午前10時を回っていましたので、陽気は暖かでした。私は到着してすぐに致命的な忘れ物をしたことに気が付き、大変やさしいKが取りに戻ってくれました。その間に2枚GETでしたが、午後に入ってからは気温が下がり始め、アタリすら出ない状態です。本日も宴会予定がありましたので午後3時30分撤収でした。竿11尺
4月13日 福島市飯坂

午前8時

午後4時30分

単独

前日の米沢での釣行にストレスを抱え、長竿の練習も兼ねて午前7時過ぎに出発し、午前8時には釣行を開始しました。スタートから約4時間16尺で粘りましたが一向にウキが動く気配はありません。またまたストレスが蓄積です。グルテンをベースとした一回目の餌が切れましたので、ポイントも少し変え、竿も11尺として、集魚効果のある餌に切り替えて再度挑戦です。この餌も残りわずかという午後3時近くになり、やっとアタリが出て掛けることができました。そろそろ撤収を考えていましたが、もう一度餌を準備して粘って見ることにしました。正解でしたその後午後4時30分までに4枚の釣果となりました。20〜22cmが2枚 25〜26cmが2枚 30cmが1枚で久々にへら鮒の感触を味わうことが出来ました。 竿11尺

4月12日 米沢市高畠

午前11時

午後4時30分

初めての場所での釣行とは言えど、ウキを動かすことができませんでした。ロケーションは最高ですが、すでにかなりの釣り人がおり、たまたま駐車可能な場所付近から選択したポイントがかなりの水深で、16尺でもちょうちん状態です。慣れていない長竿という事も有り、しばらくまともな餌造りから遠ざかっていたせいもあり、四苦八苦の状態で、完敗でした。竿16尺。高畑町で偶然にも、渓流釣りの菅野氏、関根氏ご一行様に遭遇しました。

4月6日 福島市渡利

午前8時

正午

山ちゃん

朝方は風も穏やかで絶好のヘラ鮒釣り日和です、今日はポイントを変えてやってみました。いくら小さい沼とは言え、やはり動きが出るまで少し時間が掛かりました。餌もグルテンから少しいじって見ましたが、動きは変わらないようでした。昼になり風が強くなりだしましたので撤収としました。竿11尺

3月30日 福島市渡利
午前8時

午後1時

山ちゃん

前日の強い風は比較的収まったものの、相変わらず冷たい風が吹いており、思ったよりウキの動きは渋いです。周囲にある桜のつぼみは随分膨らんでいるのですが・・・。竿11尺

3月29日 福島市渡利
午前8時

午後1時

山ちゃん

数日前から冷たい風が吹き、朝方は肌寒い感じです。春特有の強い風が吹き、アタリが取れません・・・。驚くほどの小物が出てきました。竿11尺

3月23日 福島市渡利
午前8時

正午

山ちゃん

前日からのぽかぽか陽気ですが、朝方の快調なウキの動きは10時を過ぎてからは長続きしませんでした。水温も随分上がっているはずなのに・・・・。竿11尺

3月16日 福島市渡利
午前8時30分

午後2時30分

山ちゃん
4月下旬の陽気でしたが、思ったよりウキは動きませんでした。特に午後に入って微妙なウキの動きに翻弄されてしまいました・・・・・。竿11尺
3月9日 福島市飯坂
午前9時

正午

単独

暖かい陽気にさそわれて、久々に飯坂に出かけてみましたが、日陰にはまだ残雪、ウキは微動だにしませんでした・・・・・。竿11尺

3月1日 福島市渡利
午前9時

午後1時30分

山ちゃん

風が強くウキの動きが非常に見づらかったのですが、随分ウキが動くようになってきました・・・。竿11尺

2月10日 福島市渡利
午前10時

午後1時

山ちゃん

久々のへら釣行です。前日降った雪と薄氷を撤去しながらの釣行となってしまいましたが・・・。開始1時間はウキが全く動かず、その後なんとか反応してくれました・・・。竿8尺

1月14日 福島市渡利
午前9時

午後1時30分

山ちゃん

相当な冷え込みにめげず、氷を割りながらの釣行となってしまいましたが・・・・・・。初のボウズに見舞われました。竿11尺

1月13日 福島市渡利
午前10時

午後1時

山ちゃん

久々に寒波がはいり前日夜半から降り出した雪が少し積もり、朝方様子を見ていましたが、めずらしく山ちゃんから「行くから」との事、笹木野を出ると道路には雪が無く、風さえ無ければ支障なしでしたが、午後に入り風雪が強まり撤収。寒いわりにはまあまあ。竿11尺

1月6日 福島市渡利

午前8時30分

午後1時
山ちゃん

朝方は小雨が降っていましたが、釣行開始とともに雨が止んでしまいました。昨日と別のポイントにすでに山ちゃんが陣取っていました。餌はグルテンベース。本日は絶好調!竿11尺

1月5日 福島市渡利
午前10時
午後2時30分
山ちゃん

一部薄氷がはっていました。超渋いです、昨年まで使用していた本田スペシャル餌(3ヶ月かかりやっとできた基本餌です)はアタリが出ず通用しませんでしたので、グルテンを使用。絶不調!竿8尺

back