2020K

TOP      2021年 カゴ真鯛釣行

5月          
6月 2日酒田離岸堤 6日酒田離岸堤 12日酒田離岸堤 20日酒田離岸堤 27日酒田離岸堤 30日酒田離岸堤
7月 10日酒田離岸堤 18日酒田離岸堤 22日酒田離岸堤 25日酒田離岸堤 31日酒田離岸堤
8月 7日酒田離岸堤 21日酒田離岸堤      
9月 5日新潟西港突堤 11日酒田離岸堤      
10月          
釣 座 離岸堤北釣座 離岸堤南北階段釣座 離岸堤南中央階段釣り座 北ステージ
令和3年7月22日午前7時15分、58cmと残念ながら60cmには届きませんでした。シールが貼れない・・・・。撮影:自己 採寸確認:やなやん
初釣行に備えて海面水温を確認しました。2021年表面海水温の比較、昨年以上に早期に15度ラインが秋田県沖まで北上し、18度ラインも鳥取県沖に達しており、最初の酒田釣行から十分に真鯛の期待が出来そうです。あとは天候に恵まれることを願うばかりです。5月16日現在

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kita

釣行記中の離岸堤北の釣座位置です。2020年に渡船場向い左から右部分はケーソンの嵩上げ工事がなされました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

minami

酒田離岸堤南の北階段 釣座です。2020年に波力跡から渡船階段付近までケーソンの嵩上げ工事が行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

riganminamikita

酒田離岸堤南の中央階段 釣座です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sute-ji

酒田離岸堤北ステージの釣座です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

back

釣行情報 気象情報 潮情報 釣法情報
釣行月日

月日

区  分 開始時/撤収時 潮/波高

/

釣法 遠投カゴ
場  所 酒田離岸堤 天  候 /   竿/リール 3.5号-5.3/4500番
釣  座   気  温 /   カゴ/ウキ 10号カゴ/12号ウキ
釣行時間

風  向 /   ハリス/針 フロロ6号/11号金+擬装
同 行 者   風  速 /   コマセ オキアミ+集魚剤+アルファ

2021様式

back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0602

back

釣行情報 気象情報 潮情報 釣法情報
釣行月日

6月2日

区  分 開始時/撤収時 潮/波高

小潮/0.0m

釣法 遠投カゴ
場  所 酒田離岸堤 天  候 曇り/晴れ   竿/リール 3.5号-5.3/4500番
釣  座 南-北:渡船階段向左 気  温 16度/ 2:25 2 カゴ/ウキ 10号カゴ/12号ウキ
釣行時間

4:00〜11:10

風  向 南東/ 10:30 23 ハリス/針 フロロ6号/11号金+擬装
同 行 者 やなやん・K 風  速 弱/ 14:14 2 コマセ オキアミ+集魚剤+アルファ

5月中に二度の酒田釣行予定を立てておりましたが、高波、強風、雨天とことごとく釣行不能に見舞われてしまい、そのストレスは極限に達し、安定しない気象状態では来週末も釣行ができる保証がないことから、連日天気予報とにらめっこの結果、本日の釣行としました。渡船出発予定時刻が午前3時30分とのことで、福島出発は深夜11時30分予定となり、私は準備を済ませて2時間程度の仮眠を取りましたが、期待と喜びと興奮で出発予定1時間前に目が覚めてしまい、荷物の確認を済ませ出発に備えます。定刻に迎えの車に乗り込み無事出発となりました、今年初の酒田釣行ですので、忘れ物が心配です。11時44分大笹生ICに乗り、設置された温度計の気温は17度の表示で冷え込みはあまり感じられないようです。経由地新庄を目指しての走行ですが、入り口電光掲示板に何やら不穏な案内が「山形上山ICから山形JC」までの区間が工事のため封鎖されている模様です。予告通り山形上山ICで降ろされ国道13号線での走行となりました。当初天童ICから再度高速道路に乗る予定でしたが、深夜でもあり国道の流れも順調であることから、大石田村山ICまで国道での走行としました。いつもの酒田郊外コンビニ到着は午前2時11分と予定通りの到着です、朝食等の買い物を済ませて渡船場到着は午前2時32分、すでに到着の車が2台、船頭さんも到着しており話を聞くと、平日にも関わらず渡船予約の釣人は我々を含めて11人と多数との事、やはり今までの週末の悪天候の影響のようです。常連の天童からのK氏もおり挨拶を交わし、今年2度目の釣行とのことでした。最後の予約客の到着を待って、定刻の午前3時30分の出発となりました。湾内は少し風波があるものの予報よりも弱く一安心です。本日の釣り座は離岸堤北の状況が嵩上げ工事により変わったようで、情報不足から不安を感じて離岸堤南とすることとしました。間もなく離岸堤南の北渡船階段に到着し、我々6人が下船してそれぞれ目指す釣座へ向かいます、残り5人は先端へと向かいます。釣り座は渡船階段向い左から遠投カゴのK、同じく遠投カゴの私、フカセのやなやんとなりました。周囲はまだ暗いため普通は釣行開始は夜が明けてからとなりますが、今回は試作した電気ウキの実釣での試用予定もあり、すぐに釣行準備に入ります。釣行準備を終えて第一投は午前4時となり、すでに周囲は白々となり始めています。不安と期待を込めての第一投でしたが、無事目標地点に到達し仕掛けがなじむと薄暗い海面にしっかりとLEDの明かりが確認できます。底潮の動きは右から左のようで、それほど強くは感じられませんが、このあと期待です。風による上潮のラインへの影響は少ないようです。30分もしないうちにフカセ釣行の釣り人に大型アジの釣果が出始めたようで、やなやんも磯2号竿を大きく曲げています。大群とはいかないまでも周囲でポツリポツリと40cmに迫る大型アジの出現で離岸堤上が賑わいます。午前5時頃になり曇り空ではありますが、明るくなりウキ羽も視認できる状態となったため、ウキ頭部を羽に変更していますが、私はいっこうにアタリが出ず、付けエサは残らず、針に取り付けた偽装のヒラヒラがかじり取られるばかりで、フグのようです。しかし、数投後仕掛け回収時に2度程大型アジの釣果となりましたが、依然ウキのアタリは見られないため消化不良状態です、大アジが消えてしまうと再度エサ取りの出現となりエサ取りの猛攻で、針の偽装は丸坊主状態となり交換とします。午前5時30分頃、突然付けエサが残り始めました、潮もその動きを強めていますので期待を込めて目標に仕掛けを投入します。右隣のやなやんの竿がアジとは比較にならない程の曲がりを見せてやり取りしています。その抵抗と竿の叩きから真鯛か?と思われタモを準備して海面を見守りますが、姿を現したのは丸々としたイナダでした。イナダの出現でエサ取りが消えたようでした。その後すぐにまたも仕掛け回収時にイナダの釣果です。Kにタモ入れを頼み回収し、再度仕掛けを投入してKの方を見ると竿を曲げています。てっきりイナダだと思い、見ているとかなりの抵抗を見せているようです、半信半疑ながらタモを手に近くで海面をのぞき込みます。やはりイナダだと思っていたやなやんも駆けつけてやり取りを見守ります。なんと!海面にゆらりと姿を現したのは60cmを超えると思われる真鯛でした。Kにとって真鯛は久々の釣果となり更に、今季は初回釣行から実測61.5cmの大真鯛の釣果となりました。Kは今年からイカ釣行に目覚めてしまいどハマリし、4月からすでに平潟、相馬と7〜8回の釣行となっており、まずまずの釣果を上げて楽しんでおり、HFWもアルミ筒製のイカ角投入器を製作して提供し、釣行の都度お裾分けに預かっていました。今年のKは何かが違う!!。興奮の中、私も釣り座に戻り釣行再開となりましたが、アジ・イナダも姿を消してしまったようですが、時折付けエサも残り俄然期待感が高まります。その高まる期待感の中、本日最初にウキを消し込んだのは30cmを超える丸々としたフグと言う残念な結果となりました。気を取り直して釣行を続けますが、潮は依然として右から左へ動いているものの南東からの横風が強くなり出して、上潮がラインを右に引いてしまい仕掛けが寄せられてしまいます。海面も最上川からの流れ込みで色を変えています。何とか次の満潮時刻までと思い集中して仕掛けの投入に努めます。横風に難儀しながら午前10時を回ると、久々のウキの消し込みです。ほとんど抵抗は見られませんが真鯛特有の穂先の叩きがみられます、すでにひと眠りを済ませたKがタモを手にしています、しかし、海面に姿を現したのは30cm前後のチャリコでした。実測の結果32cmでリリースとなりました。その後も同サイズ1枚を追加して、コマセが切れたところで撤収としました。

back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0602s

6月2日 小潮 月齢 21.3
釣行 区分 時刻 潮高 経過分 変化率
  干潮 2時25分 2        
  1分 4時01分 4 2 1:36 96 2.1%
  2分 4時43分 6 2 0:42 42 4.8%
  3分 5時18分 8 2 0:35 35 5.7%
  4分 5時49分 10 2 0:31 31 6.5%
  5分 6時19分 12 2 0:30 30 6.7%
  6分 6時49分 14 2 0:30 30 6.7%
  7分 7時20分 16 2 0:31 31 6.5%
  8分 7時55分 18 2 0:35 35 5.7%
  9分 8時38分 21 3 0:43 43 7.0%
  満潮 10時30分 23 2 1:52 112 1.8%
  1分 11時08分 22 -1 0:38 38 -2.6%
  2分 11時27分 22 0 0:19 19 0.0%
  3分 11時42分 22 0 0:15 15 0.0%
  4分 11時57分 22 0 0:15 15 0.0%
  5分 12時11分 22 0 0:14 14 0.0%
  6分 12時25分 22 0 0:14 14 0.0%
  7分 12時41分 22 0 0:16 16 0.0%
  8分 12時59分 21 -1 0:18 18 -5.6%
  9分 13時21分 21 0 0:22 22 0.0%
  干潮 14時14分 21 0 0:53 53 0.0%

back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0606

back

釣行情報 気象情報 潮情報 釣法情報
釣行月日

6月6日

区  分 開始時/撤収時 潮/波高

若潮/1.0以上-うねり強

釣法 遠投カゴ
場  所 酒田離岸堤 天  候 曇り/晴れ   竿/リール 3.5号-5.3/4500番
釣  座 北-先端後方 気  温 13.0/ 6:27 16 カゴ/ウキ 10号カゴ/12号ウキ
釣行時間

3:15〜11:10

風  向 南西/ 12:18 27 ハリス/針 フロロ6号/11号金+擬装
同 行 者 K・やなやん 風  速 弱/ 19:51 9 コマセ オキアミ+集魚剤+アルファ

本来なら前日5日の釣行予定でしたが、私のコロナワクチン接種が前日にあり副反応が懸念されましたので、本日釣行となりました。渡船予定が午前3時と言う事で出発は心配していたワクチン接種の副反応の影響も無く深夜11時となりました。高速に乗り本日は工事区間も無く順調に酒田郊外コンビニに予定通り午前2時15分到着、渡船場到着は出船予定時刻30分前となりました。すでに多くの予約釣り人が到着しており、本日は多人数の予約があるようで、準備出来次第出船することとなりました。我々は本日目指す釣座は離岸堤北としましたが、11名全員が北に向かうようです。嵩上げ工事後の詳細状況が不明でしたが、渡船場階段は嵩上げ部分まで延長されているようです。階段から昇れば釣り場に降りるためにアルミ脚立が必要となるようですが、船は以前の高さのまま残っているケーソン部分に着けられて、少し船との段差はありますが無事乗ることが出来ました。私は嵩上げがされていない部分の沖側左端を釣座としようと荷物を運びましたが、一面波が被り濡れた状態でしたが予想されている波高は1m前後でしたので、濡れていない部分を選び、特に気にもかけず荷物を配置し釣行準備に入りました。沖側の波の状態を見ると強いうねりが押し寄せており、時折り足元まで届きそうな勢いです。フカセ釣法のやなやんは中央、遠投カゴ釣法のKは右端としてそれぞれ準備に入っています。準備を開始して約10分後、うねりが音とともに防波堤上を濡らしました。風向からも今後次第に収まりつつあると思われますが、予想していなかった強いうねりと波高に釣座を変更することとして、先端段差の左からK、やなやん・私となりました。私は本日も前回に続き試作した電気ウキの試用となりましたので、暗いうちから釣行開始としましたが、前回に続き水漏れが発生し僅か数投でLEDは消灯してしまい、使用不可となってしまいました。もう手の施しようが・・・・。釣行を開始してから約30分が経過し、うっすらと離岸堤周囲が見渡せるようになると、一向にうねりは収まる気配を見せず、むしろその強さと高さは増しているようです。遠投したウキはうねりで浮き沈みしてしまい、アタリすら判明せず、仕掛を回収してみるとアジ(中型)が付いているような状況です。午前5時を回り釣行開始から2時間経過した頃、付近でルアー組にイナダが掛かり始めました、遠投の私とKにはその気配はありません、フカセのやなやんにもイナダの釣果が出て、タモ入れも波の上下が大きく難儀します。その直後すぐに竿を曲げています、当然イナダと思われましたが、重量感で曲がる穂先を盛んに叩いています、真鯛のようで、タモを持って海面を見守ります。ゆっくり姿を見せたのは45cm真鯛でした。前回のKに引き続き、イナダ釣果の直後の真鯛釣果です。これだけの大きなうねりの中で真鯛の釣果は賞賛ものです。その数分後今度はKの竿が大きく曲がっています、今度はKに・・・・と思い海面を除き込むと、茶色の大きな魚体が見えてきました。サメでした体長80cmを超えるサイズです、私の魚不在の水槽用にと海水を満たした60cmのクーラーへ確保します。ブクブクは用意していないため、時折り新たな海水を入れるなどしましたが、窮屈だったのか生還させる事は出来ませんでした。その後もうねりは収まる事は無く、午前8時30分ともなるとアジの姿も消えてしまい餌取りの猛攻となってしまいました。その後延々と2時間は餌取りと大きなうねりとの戦いとなり、ようやくアジが再度出現したのは午前11時前となりました。二人はすでに撤収準備に入っていましたが、潮の動きも見られ期待感が持てる状況でしたので、最後の気力を振り絞り仕掛を投入しましたが、最後の一投までアジの姿しか見る事は出来ませんでした。

back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0606S

6月6日 若潮   月齢 25.3
釣行 区分 時刻 潮高 経過分 変化率
  満潮 0時39分 21        
  1分 1時43分 20 -1 1:04 64 -1.6%
  2分 2時15分 20 0 0:32 32 0.0%
  3分 2時41分 19 -1 0:26 26 -3.8%
  4分 3時07分 19 0 0:26 26 0.0%
  5分 3時31分 18 -1 0:24 24 -4.2%
  6分 3時56分 18 0 0:25 25 0.0%
  7分 4時22分 17 -1 0:26 26 -3.8%
  8分 4時49分 17 0 0:27 27 0.0%
  9分 5時22分 16 -1 0:33 33 -3.0%
  干潮 6時27分 16 0 1:05 65 0.0%
  1分 7時49分 17 1 1:22 82 1.2%
  2分 8時22分 18 1 0:33 33 3.0%
  3分 8時48分 19 1 0:26 26 3.8%
  4分 9時11分 20 1 0:23 23 4.3%
  5分 9時33分 21 1 0:22 22 4.5%
  6分 9時54分 22 1 0:21 21 4.8%
  7分 10時16分 23 1 0:22 22 4.5%
  8分 10時40分 24 1 0:24 24 4.2%
  9分 11時10分 25 1 0:30 30 3.3%
  満潮 12時18分 27 2 1:08 68 2.9%

back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0612

back

釣行情報 気象情報 潮情報 釣法情報
釣行月日

6月12日

区  分 開始時/撤収時 潮/波高

中潮/

釣法 遠投カゴ
場  所 酒田離岸堤 天  候 曇り/ 6:44 26 竿/リール 3.5号-5.3/4500番
釣  座 南-北階段 気  温 18度/ 8:18 25 カゴ/ウキ 10号カゴ/12号ウキ
釣行時間

4:00〜11:20

風  向 南西/ 14:38 35 ハリス/針 フロロ6号/11号金+擬装
同 行 者 K・やなやん・山ちゃん 風  速 弱/   コマセ オキアミ+集魚剤+アルファ

本日は山ちゃんも加わり4名での釣行です。今季初参加の山ちゃんはk・やなやんと真鯛の釣果がでているため、今度は「オレの番だ!」と大変な意気込みでの参加です。渡船予定時刻が午前3時30分という事でしたが、前回と同様の出発時刻深夜11時丁度のとしました。通行止め区間の無い事を願いながら大笹生ICへ向かいます。願いもむなしく入口電光掲示板には前回と同様の山形上山ICから山形JCまでの区間が工事のため通行止めとなっていました。前回は要領を得ないまま大石田ICまで国道13号線での走行となってしまいましたが、今回は山形北ICから乗れるとの事で山形上山ICで降りて、ひたすら一般道の走行となりましたが、山形北ICが近づきインターに入ろうとした所で、道に迷ってしまいようやく国道13号線に戻れた頃はすでに、目指す入口は通貨してしまったようで、やむなく一般道で大石田ICまでの走行となってしまいました。後から調べて見ると山形北ICは東北横断自動車のインターで、この横断自動車をくぐってから入口を目指すべきところを、手前で入口と勘違いして進入したため、袋小路のような所で右往左往する羽目になったようです。深夜ですのでそれ程の遅れは無く新庄ICに到着し、酒田郊外コンビニ到着は午前2時15分、買い物を済ませて渡船場へ向かうと、渡船場到着は午前2時35分、しかしすでに岸壁に渡船の姿はありません、渡船釣り人の車は10台以上すでに駐車されています。本日も多数の渡船釣り人がいるようで、我々は3番船での渡船のようです。渡船予定時刻までは1時間弱ありますが、準備だけは済ませておこうと支度を整えて渡船が戻るのを待ちます。午前3時前に渡船が戻り、午前3時指定の釣り人が乗り込みましたが、空きがあるようで我々も乗り込む事が出来ました。今回は離岸堤南を選択し、本日は船頭さんからまだ釣り人が居ないと言う情報を得て、離岸堤南の北階段としました。北階段に到着すると情報通り先着の釣り人はいません、昨年嵩上げした離岸堤部分寄りに沖側で山ちゃん・私・やなやんの釣座とし、Kは嵩上げされた部分の一番奥へ行っています。周囲はまだ暗闇に包まていますが、私は前回に引き続き水密部分を改善した電気ウキの試用のため、釣行準備に入ります。仕掛投入はやなやんが先陣を切って投入となりました。投入された電気ウキの状況を見ると潮の動きはほとんど無く、一点にとどまっています。私も少し遅れて仕掛を投入し、暗い中仕掛作りに悪戦苦闘する山ちゃんのもとへ行き、仕掛の確認と棚設定を行い、山ちゃんは明るくなるのを待っての仕掛投入ですが、厚い雲に覆われてなかなか浮き羽が目視できる状態になりません。仕掛投入から約1時間が経過しても、時折り付け餌が残ったかと思えば突然付け餌がきれいに無くなってみたりと、戸惑ってしまう状態です。期待したアジのアタリが全く見られません。針擬装のヒラヒラが一部かじりとられる程度でフグの反応のようです。潮の動きも見られず状況の変化を見る事無く、釣行開始から約3時間が経過して満潮時刻が近づいて来ると、今度は表層が川のような勢いで左から右へと動きだし、仕掛を投入して置けないような状況となってしまい、仕掛投入をしばし止めている程でした。10分程度で表層の動きは収まり、釣行再開となりましたが、状況は全く変わらず、仕掛投入の距離を調整して見たり、棚調整をして見たりとしますが、真鯛の先陣を切るアジの反応は全く見られません。釣行開始から5時間以上が経過した午前9時過ぎに、ようやく雲が切れて日光が差し始めると、内側でアジの釣果が出始めたようで、沖側での無反応に嫌気の指していたやなやんが内側で釣行を開始しています。大アジ、中アジ、ワラサとウキのアタリを楽しんでいるようです。一番奥に陣取っていたKもウキに反応が見られないまま、山ちゃんの隣へ釣座を移しています。一時アジで賑わっていた内側も1時間程でアタリが止まり、やなやんも予定数量となり再度沖側に釣座を移して来ました。すでに撤収予定時刻まで約1時間30分となり、これまでに山ちゃんがフグ2匹の釣果を見ただけで、一切の反応はありません。状況の変化を期待しつつ仕掛を投入しますが、全く反応が見られないまま、撤収予定時刻を迎えてしまいました。なんで・・・・?疑問ばかりが残る釣行でした。

back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0612S

6月12日 中潮   月齢 1.6
釣行 区分 時刻 潮高 経過分 変化率
  満潮 6時44分 26        
  1分 7時02分 26 0 0:18 18 0.0%
  2分 7時11分 26 0 0:09 9 0.0%
  3分 7時18分 26 0 0:07 7 0.0%
  4分 7時25分 26 0 0:07 7 0.0%
  5分 7時31分 26 0 0:06 6 0.0%
  6分 7時37分 26 0 0:06 6 0.0%
  7分 7時44分 26 0 0:07 7 0.0%
  8分 7時51分 26 0 0:07 7 0.0%
  9分 8時00分 26 0 0:09 9 0.0%
  干潮 8時18分 25 -1 0:18 18 -5.6%
  1分 10時05分 26 1 1:47 107 0.9%
  2分 10時43分 27 1 0:38 38 2.6%
  3分 11時12分 28 1 0:29 29 3.4%
  4分 11時37分 29 1 0:25 25 4.0%
  5分 11時59分 30 1 0:22 22 4.5%
  6分 12時22分 31 1 0:23 23 4.3%
  7分 12時44分 32 1 0:22 22 4.5%
  8分 13時08分 33 1 0:24 24 4.2%
  9分 13時37分 34 1 0:29 29 3.4%
  満潮 14時38分 35 1 1:01 61 1.6%

back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0620

back

釣行情報 気象情報 潮情報 釣法情報
釣行月日

6月20日

区  分 開始時/撤収時 潮/波高

若潮/0.5

釣法 遠投カゴ
場  所 酒田離岸堤 天  候 曇り/   竿/リール 3.5号-5.3/4500番
釣  座 南-北階段沖側向い右 気  温 17/ 3:46 31 カゴ/ウキ 10号カゴ/12号ウキ
釣行時間

3:10〜11:10

風  向 南東/ 17:24 17 ハリス/針 フロロ6号/11号金+擬装
同 行 者 K・やなやん・山ちゃん 風  速 中/   コマセ オキアミ+集魚剤+アルファ

本日は参加に躊躇していた山ちゃんも家族の激励を受けて加わり、前回に引き続き4名での釣行です。前々日までの気象予報では低気圧の通過に伴い強風が予想されていましたので、昨日朝方までその釣行が危ぶまれていましたが、少し風も落ちるようで渡船の出船が決定されたようです。渡船予定は午前3時との事で福島を深夜11時出発となりました。出発直前に表に出て見ると雲の切れ目から星が確認され、昨日の終日の雨はすっかりあがっており、あまり冷え込みも感じられません。定刻に迎えの車が到着し酒田に向けて出発となりました。大笹生IC入口での情報掲示でいずれの箇所も工事による通行規制は無いようで一安心です。いずれも深夜帯で車の流れもスムーズで順調過ぎる程で午前1時40分に酒田郊外のコンビニに到着してしまいました。心配していた風も内陸では感じられず一応安堵します、買い物を済ませて午前2時頃に渡船場に到着すると、すでに渡船待ちの車両が5〜6台、船長さんもすでに到着していました。続々と到着する釣り人を見て第一便の出船を午前2時30分と早めたようで、我々を含め支度が出来ている釣り人を乗せて定員一杯で離岸堤に向けて出発です。港内を出るとすぐに南東寄りのやや強い風が吹いており、湾内でも風によるうねりが出て船は波しぶきをあげて進みます。離岸堤に上陸すると、風はやや強く先端方向から吹き、離岸堤上は先程まで降っていた雨で一面ぬれており、すぐに沖側の波高を確認しますが、少しうねりはあるものの波高は50cm以下のようです。到着してすぐに改善した電気ウキの水密試験のため、釣行準備を開始して第一投は午前3時10分となりました。釣座は奥から新たに嵩上げされた一段高い部分に私、一段下がりK・山ちゃん・やなやんの釣座となり、風は左からほぼ真横から吹いたおり、遠投距離は驚くほど伸びません。更に風にラインが大きく右側へと流され、左から右への強い上潮の流れもありラインを引き、仕掛は右うち寄りへと流されてしまいます。水密対策を十分に施した電気ウキはうねりにもめげず、この後1時間以上の実釣に耐え得ることとなり完成となりました。仕掛は強い風に流され、瞬く間にはるか右うち寄りへ流されてしまいますが、付け餌は残る事はありませんフグのようです、餌取りは健在のようで前回釣行のような生命反応すら感じられない事も無く一安心です。本日は潮も若潮と期待できるものではありませんが、汐見表の通り時折り動きだしが期待されますので、仕掛投入に専念します。私は暗いうちには釣果を見る事が出来ませんでしたが、明るくなり山ちゃんも釣行を開始したようで、後からの情報で第一投で大アジ、二投目でメバルの釣果を見たようでした。その後は強い横風に翻弄され、トラブルの度に呼ばれます。午前8時前までこの強い横風と上潮の流れに悩まされ30分程一時釣行を中段していましたが、みなし時合の8時が近づいたため、釣行再開としました。次第に風が弱まり、強さを見せていたうねりもやや落ち着いたようで、不自然にラインが仕掛けを引く事も少なくなりました。底潮の動きは感じられないものの期待感が増し、目標地点に3分ピッチで仕掛を連続投入します。やや引かれていたウキが本日初めてのアタリを出しました、ウキの消し込みと同時に穂先に小さな魚信がでて、竿を手に取りリールを巻きます。抵抗は僅かながら真鯛の感触です、難なく海面に姿を現したのは35cm程の真鯛で、この直後やなやんにも同サイズの釣果が出たようです。本日は水槽用にチャリコの確保の準備をしてきましたので、Kのフロートスカリで保存ですが、腹部の空気袋の膨らみが回復することを願うばかりです。私はその後仕掛回収時にイナダの釣果を最後にウキに反応は見る事無く、午前9時をまわり再度強く吹き出した横風と上潮の流れに翻弄されるばかりとなりました。午前10時を回るとこの状況に嫌気をさしたのか、Kがそそくさと撤収準備に入ってしまい釣行終了となりました。その後「午前11時近くには満潮時刻も控えているから」と説得したにも関わらず、山ちゃんまでもが撤収準備開始となってしまい、自分の釣りがさせてもらえないとやなやんまでもが撤収準備開始です。Kは撤収準備も終わっていたため、一足先に午前11時前に迎えに来た渡船で帰港してしまいました。本日の撤収予定はお昼の予定で、撤収準備の時間を考慮すると残された釣行時間は約30分、風もやや向い風となって遠投距離はさらに短くなっていますが、時折り残り始めた付け餌に期待感を持ちながら釣行を続けます。しかし、ウキに変化は無く撤収直前には、いつの間にか付け餌も残ることが無くなり時刻到来で釣行を終了としました。

back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0620S

6月20日 若潮   月齢 9.6
釣行 区分 時刻 潮高 経過分 変化率
  干潮 3時46分 18        
  1分 5時20分 19 1 1:34 94 1.1%
  2分 6時02分 20 1 0:42 42 2.4%
  3分 6時36分 22 2 0:34 34 5.9%
  4分 7時05分 23 1 0:29 29 3.4%
  5分 7時32分 24 1 0:27 27 3.7%
  6分 7時58分 26 2 0:26 26 7.7%
  7分 8時24分 27 1 0:26 26 3.8%
  8分 8時52分 28 1 0:28 28 3.6%
  9分 9時26分 29 1 0:34 34 2.9%
  満潮 10時38分 31 2 1:12 72 2.8%
  1分 11時52分 29 -2 1:14 74 -2.7%
  2分 12時25分 28 -1 0:33 33 -3.0%
  3分 12時52分 27 -1 0:27 27 -3.7%
  4分 13時18分 25 -2 0:26 26 -7.7%
  5分 13時42分 24 -1 0:24 24 -4.2%
  6分 14時08分 22 -2 0:26 26 -7.7%
  7分 14時35分 21 -1 0:27 27 -3.7%
  8分 15時07分 19 -2 0:32 32 -6.3%
  9分 15時47分 18 -1 0:40 40 -2.5%
  干潮 17時24分 17 -1 1:37 97 -1.0%

back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0627

back

釣行情報 気象情報 潮情報 釣法情報
釣行月日

6月27日

区  分 開始時/撤収時 潮/波高

中潮/0.5

釣法 遠投カゴ
場  所 酒田離岸堤 天  候 曇り/ 6:58 32 竿/リール 3.5号-5.3/4500番
釣  座 南-北階段向 気  温 19度/ 9:24 31 カゴ/ウキ 10号カゴ/12号ウキ
釣行時間

3:05〜11:15

風  向 南東/ 15:23 42 ハリス/針 フロロ6号/11号金+擬装
同 行 者 K・やなやん・山ちゃん 風  速 弱/   コマセ オキアミ+集魚剤+アルファ

 私の1度目のコロナワクチン接種に続き、うかつにも2度目も金曜日としていたため、当初土曜日釣行予定でしたが、本日日曜日の釣行となりました。一度目より副反応が強く出るとのうわさでしたが、幸いにも更に軽い副反応で、前日午後には回復し万全の体調で臨む事となりました。前日午前のやなやんよりの連絡で渡船時刻は午前3時、出発は深夜11時丁度の予定です。出発予定時刻の10分程前に準備を済ませて玄関先で待っていると迎えの車が到着し、少し早めの出発となりました。懸念されていた高速道路の交通規制は無く、いつもより随分早く酒田郊外のコンビニに到着です。ゆっくり買い物を済ませて、渡船場到着は午前2時過ぎ、船頭さんも到着しており予約釣り人の到着を待っていました。午前2時35分、予約客が全員そろい離岸堤を目指して出港となりました。本日は珍しく湾内はほぼ無風状態で火力発電所の照明を海面に綺麗に写し出しています。程なく離岸堤南の北階段に到着、7〜8名の釣り人が上陸し、それぞれ目指す釣座へ向かいます。離岸堤上は南東より少し風があるものの沖向きの釣座にとっては追い風となり神風です。渡船場迎い右からK、山ちゃん、私、フカセ釣行のやなやんの釣座となりました。せっかくの電気ウキがありますので、すぐに釣行準備に入ります。第一投は午前3時頃となり、弱い追い風にも助けられて沖合約70mmに到達し、海面に赤くLEDを光らせています。餌取りの状況を確認するため、時間を置かず仕掛を回収して見ますが、針の擬装が齧り取られており、フグのようです。潮はほとんど動く事は無く、上潮も風の影響は出ていないようで、ラインが引かれる事も無くほぼ沖合の一点に止まります。満潮予定は午前7時頃ですが、本日の潮汐の状況では満潮前は確認出来ていませんが、ほとんど動きは出てないようです。上潮が落ち着いているうちに底潮が動き出すのを待つばかりですが、釣行開始から約2時間後の午前5時頃、Kの叫び声が聞こえました、リールを巻き取っているようですが、竿に曲りはほとんど出ていません。何事かとKの所へ行くと、「竿が引き込まれそうになった」との事で、大真鯛の可能性です。ハリスを確認すると針が有りません、相当の力で引かれて針が抜けていました。手巻きで針の装着をしていたようで、落胆の色を隠せません。時合到来と私は仕掛を投入です、針をむしり取って行った真鯛はともかく、つがいのいる可能性があります。その後数投後、私の竿に魚信が出ました。竿を手に取りドラグを少し締めてリールを巻くと、チャリコ以上の手応えを感じとる事が出来ます。リールを巻きながら今季初の40cmオーバーで真鯛と言えるサイズを願うばかりです。海面の姿を確認しても微妙なサイズで、Kにタモ入れを頼んで回収し、すぐさま定規による計測をした所、42cmであることが判明し、今季初真鯛の釣果となり小さいながらもボウズ街道から解放されました。私の初釣果に私より先に真鯛の釣果をあげようと気合の入っていた山ちゃんは意気消沈でした。その後満潮に向い底潮が少し動き出したようで、左からの風に耐えて仕掛は弱く右から左へと流れる絶好の状況となって来ましたが、相変わらず餌取りが活発でウキを沈めたかと思うと30cm前後の大フグで緊張感の維持が大変です。午前9時前から沖側でのウキの変化の無さに、内側へ釣座を移していたやなやんは丸々とした大アジの釣果で楽しんでいるようです。そんな時午前10時が迫った頃、やなやんの「タモ〜」の声に振り向くと、不意を突かれたのか2号磯竿がのされて、竿を立てる事が出来ずに何とか耐えているようでしたが、次の瞬間「あ〜」と言う声と共に竿の曲りが無くなりました。ハリスを確認すると3号のカーボンハリス切れのようでした。沖合に突然走り出したと言う事から大真鯛であることは疑いようも有りません。その後午前10時のみなし時合でもあることからテンポ良く仕掛を入れて行きますが、風向が南西方向に変わり、遠投距離も制約されてしまい、強くなりだした風にラインが引かれてしまいます。風の弱まる頃合いを見計らって仕掛を投入しますが、餌取りの猛攻は続き撤収時刻を迎えてしまいました。増々大真鯛の可能性が高まり次回釣行が楽しみです。

back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0627s

6月27日 中潮   月齢 16.6
釣行 区分 時刻 潮高 経過分 変化率
  満潮 6時58分 32        
  1分 7時27分 32 0 0:29 29 0.0%
  2分 7時40分 32 0 0:13 13 0.0%
  3分 7時51分 32 0 0:11 11 0.0%
  4分 8時01分 32 0 0:10 10 0.0%
  5分 8時11分 32 0 0:10 10 0.0%
  6分 8時21分 31 -1 0:10 10 -10.0%
  7分 8時31分 31 0 0:10 10 0.0%
  8分 8時42分 31 0 0:11 11 0.0%
  9分 8時55分 31 0 0:13 13 0.0%
  干潮 9時24分 31 0 0:29 29 0.0%
  1分 10時55分 32 1 1:31 91 1.1%
  2分 11時30分 33 1 0:35 35 2.9%
  3分 11時57分 35 2 0:27 27 7.4%
  4分 12時21分 36 1 0:24 24 4.2%
  5分 12時43分 37 1 0:22 22 4.5%
  6分 13時05分 38 1 0:22 22 4.5%
  7分 13時27分 39 1 0:22 22 4.5%
  8分 13時51分 40 1 0:24 24 4.2%
  9分 14時20分 41 1 0:29 29 3.4%
  満潮 15時23分 42 1 1:03 63 1.6%

back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

030627c

カゴの部屋へ戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

030630

back

釣行情報 気象情報 潮情報 釣法情報
釣行月日

6月30日

区  分 開始時/撤収時 潮/波高

中潮/0.5以下

釣法 遠投カゴ
場  所 酒田離岸堤 天  候 曇り/   竿/リール 3.5号-5.3/4500番
釣  座 北-渡船場向い左 気  温 日中暑い/ 1:03 10 カゴ/ウキ 10号カゴ/12号ウキ
釣行時間

3:10〜11:10

風  向 南東/ 8:37 32 ハリス/針 フロロ6号/11号金+擬装
同 行 者 やなやん・U君・Y君 風  速 中/ 12:38 29 コマセ オキアミ+集魚剤+アルファ

 本日はやなやんにU君よりの誘いがあったようで、前回釣行から見ても状況が良くなっているとの判断から参加を決めました。U君とは年に一度程度釣行をする機会があります。渡船予定時刻はいつも通り午前3時、福島出発は深夜11時としていましたが、少し早めに福島を出発することとなりました。大笹生IC入口での通行規制は無く順調に走行できるものと思い安心して走行していましたが、大石田ICから新庄IC間で尾花沢北ICから舟形ICの区間で工事のため夜間通行止めとなっており、一般道の走行となりました。これによりやや時間が掛かってしまいました、酒田郊外コンビニ到着は午前1時35分と早めの到着となりました。深夜帯は強風の予報が出されていましたが、内陸は風も弱く一安心ですが、離岸堤上もこのような状況を願うばかりです。ゆっくりと買い物を済ませて、渡船場に到着したのは午前2時10分、船頭さんはすでに到着しており、他の予約釣り人の車はまだありませんが、予約釣り人がそろえば即出船となりますので、到着と同時に支度の準備を開始して出船を待ちます。風は予報通り海側は南東よりやや強く吹き出ているようです。午前2時30分過ぎに7名全員が揃い、出船となりました。本日は今後風が強まる予報も有り、離岸堤北のみの渡船となり、全員が離岸堤北へ向かうこととなりました。到着と同時に私は渡船場迎い左端(釣行開始後すぐにやなやんが私のラインの風でのはらみを嫌って左端に入りました)、右にフカセ釣行のやなやん、一段上り先端段差にU君(フカセ後カゴ釣行)、右我にY君(フカセ後カゴ釣行)となりました。海面の状況が穏やかなのを確認して、釣行準備を開始して第一投は午前3時10分頃となりました。風はほぼ真後ろから吹き遠投距離は伸びているようですが、上潮の動きも全く無く、底潮の動きも感じられません。LED電気ウキが暗闇の中に一点にとどまっています。雲っているためウキの目視できる時刻は少し遅れるようですが、コマセ投入のつもりで数投しますが、フグを中心とした餌取りばかりのようで、アジの姿は見れません。投入間隔を開けていますが、付け餌は一切残らず、針擬装がちぎられるばかりですでに針は丸ボウズ状態となっています。フカセ釣行のやなやん、U君、Y君いずれもアジ、メバルの釣果は見られず、やなやんに至っては頻繁な根掛かりに閉口しているようです。明るくなるのを待ってLED部分を羽に換えて釣行となりますが、釣行開始から約1時間が経過しますが、海の状況は変化が見られません。餌取りもさらに活発になり、カゴ内のコマセの量も減らしてみますが、いずれのポイントも瞬時に付け餌がやられてしまいます。すっかり陽も昇り明るくなり切った頃、渡船階段付近で釣行していた釣り人にアジの釣果が出ているようで、すかさずやなやんが釣座変更となりました。その後中型ながら丸々としたアジで楽しんでいるようです。その直後から遠投した仕掛けを回収する時に、アジの釣果が出始めました。これで餌取りもおとなしくなってくれればと思いますが、今度はアジ釣果の連続となってしまい、一時は一投一匹の状態です。型も小さいながら丸々と太って大変旨そうでしたのでキープとします。アジタイムも2時間もすると静かになってしまい、再度餌取りの猛攻の開始です。みなし時合の午前8時前からピッチをあげて仕掛を入れますが、潮の状況の変化は感じられず次第に心が萎えてきます。何度か心を奮い立たせ釣行に集中しますが、潮の動きが風に負けず右から左へと動き、明確になったのは午前11時直前で、すでにコマセも切れかかり、最後は付け餌のみで仕掛投入と言う暴挙となってしまいました。期待に反し、この潮の動きで活発になったのはアジばかりで撤収予定時刻を迎えてしまいました。

back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0630S

釣行 区分 時刻 潮高 経過分 変化率
  干潮 1時03分 10        
  1分 2時29分 12 2 1:26 86 2.3%
  2分 3時08分 15 3 0:39 39 7.7%
  3分 3時41分 17 2 0:33 33 6.1%
  4分 4時10分 19 2 0:29 29 6.9%
  5分 4時39分 21 2 0:29 29 6.9%
  6分 5時08分 24 3 0:29 29 10.3%
  7分 5時38分 26 2 0:30 30 6.7%
  8分 6時12分 28 2 0:34 34 5.9%
  9分 6時54分 30 2 0:42 42 4.8%
  満潮 8時37分 32 2 1:43 103 1.9%
  1分 9時22分 32 0 0:45 45 0.0%
  2分 9時44分 32 0 0:22 22 0.0%
  3分 10時01分 31 -1 0:17 17 -5.9%
  4分 10時17分 31 0 0:16 16 0.0%
  5分 10時33分 31 0 0:16 16 0.0%
  6分 10時49分 30 -1 0:16 16 -6.3%
  7分 11時05分 30 0 0:16 16 0.0%
  8分 11時23分 30 0 0:18 18 0.0%
  9分 11時46分 29 -1 0:23 23 -4.3%
  干潮 12時38分 29 0 0:52 52 0.0%

back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0710

back

釣行情報 気象情報 潮情報 釣法情報
釣行月日

7月10日

区  分 開始時/撤収時 潮/波高

大潮/0.5以下

釣法 遠投カゴ
場  所 酒田離岸堤 天  候 雨/ 13:43 44 竿/リール 3.5号-5.3/4500番
釣  座 南-渡船場向い左 気  温 日中暑い/ 22:02 10 カゴ/ウキ 10号カゴ/12号ウキ
釣行時間

4:30〜11:00

風  向 南東/   ハリス/針 フロロ6号/11号金+擬装
同 行 者 K・やなやん 風  速 中/   コマセ オキアミ+集魚剤+アルファ
 今週末は天候も潮具合も大変迷う釣行日選択でした。天気予報は目まぐるしく変わり、金曜日までの予報では日曜日と内心決めていたものの、前日金曜日の予報ではどちらも朝方に雨の予報が出されており、比較的早い時刻に雨が上がるだろうと土曜日としました。しかし潮具合は、土曜日は満潮ながら午前中の潮の状況が解りません、釣行しながらの潮の変化で判断することとなります。出発定刻15分前に玄関に出て見ると結構な雨模様で、荷物を運び出すのが躊躇され玄関内で迎えの車を待ちます。定刻迎えの車が到着し、荷物を積んでいざ出発と言うところで、Kが忘れ物に気が付いてKの自宅まで逆戻りとなり、東北自動車道西ICから大笹生JCを経由して酒田に向かうこととなりました。走行道路はいずれも雨模様ですが米沢を過ぎた頃から小雨となり新庄までは雨が止んでおり、「これはもしかして酒田も雨が上がっているかな〜」と淡い期待を抱きつつ、戸沢村を過ぎる頃から本降りの雨となっており、期待は無残に打ち砕かれ、この雨は酒田郊外のコンビニでも止むことは無く、渡船場まで降り続き、渡船時は雨具の覚悟が出来ました。渡船場到着は午前2時30分、出船予定が午前3時でしたので、先着の釣り人は一人、間もなく船頭さんも到着し、予約釣り人二人も到着し出船を待ちます。午前3時を過ぎましたが予約のあった釣り人の到着を待っているようで、約15分程待ちましたが到着せず出船となりました。早めに雨が上がることを願いますが、離岸堤に向かう間も南東の風が吹き、小雨ではあるものの降り続き、目指す離岸堤南-北階段に到着です。離岸堤上は嵩上げ工事が追加されるのか、階段右側はバリケードが張られて立入が出来ません。風は南東からの追い風となる、沖側を釣座とします。階段左からカゴ釣行の私、フカセ釣行のやなやん、カゴ釣行のKとなりましたが、私は本日は雨模様でもあり、明るくなってからの釣行を予定していましたので、椅子で仮眠です。この間も雨は容赦なく降り続きます。午前4時を過ぎて周囲が幾らか明るくなり出したものの、厚い雲に阻まれてウキが視認できる明るさになるのは時間が掛かりそうです。やむなく午前4時30分の釣行開始時は電気ウキでの釣行としました。風は追い風、電気ウキは右から左へとゆっくり動きます、上潮の動きはないようでラインも穂先からウキまでほぼ直線状態です。数投後ウキを羽に交換し、コマセを集中投入して潮の動き出しを待ちます。時折りアジのいたずらでウキが姿を消し期待感が増します。しかし、釣行開始から約2時間が経過すると背後から吹いていた風がいきなり南からの横風となり、その強さを増して来ました。さらに風に流された上潮も動きだして、ラインと仕掛を強く引いてしまいます。早々に釣座を内側へ切り替えますが横風は変わらず、遠投は叶いません、しかし、ラインは風に引かれてしまいますが底潮はかなり強く左から右へと流れているようで、アッと言う間に流されてしまう訳ではないようです。釣座を変更して約2時間が過ぎた頃、内側先端よりで釣行していた釣り人の竿が大きく曲がっています(後の確認でカゴ釣行2度目で76cmの大真鯛との事でした)。時合到来と仕掛投入に励みますが、ウキに変化は無く、その後午前9時を過ぎると底潮が動き出した沖側でも真鯛の釣果が複数出ているようです。本日は船頭さんの都合で午前11時30分の渡船の迎えですので、釣行時間はあと約2時間弱、風が弱くなるのを願いながら仕掛と投入します。午前11時まで釣行を続けましたが、コマセ切れもあり撤収準備開始としました。仕掛投入ポイントも絞れず、横風に負けた釣行となってしまいました。

back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0710S

7月10日 大潮   月齢 0.0
釣行 区分 時刻 潮高 経過分 変化率
  満潮 13時43分 44        
  1分 15時29分 40 -4 1:46 106 -3.8%
  2分 16時14分 37 -3 0:45 45 -6.7%
  3分 16時51分 34 -3 0:37 37 -8.1%
  4分 17時24分 30 -4 0:33 33 -12.1%
  5分 17時56分 27 -3 0:32 32 -9.4%
  6分 18時28分 24 -3 0:32 32 -9.4%
  7分 19時01分 20 -4 0:33 33 -12.1%
  8分 19時38分 17 -3 0:37 37 -8.1%
  9分 20時23分 14 -3 0:45 45 -6.7%
  干潮 22時02分 10 -4 1:39 99 -4.0%

back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0718

back

釣行情報 気象情報 潮情報 釣法情報
釣行月日

7月18日

区  分 開始時/撤収時 潮/波高

小潮/0.5以下

釣法 遠投カゴ
場  所 酒田離岸堤 天  候 晴れ/   竿/リール 3.5号-5.3/4500番
釣  座 南-中央渡船階段向い右 気  温 朝から暑い/ 2:08 26 カゴ/ウキ 10号カゴ/12号ウキ
釣行時間

3:45〜11:15

風  向 東のち西/ 8:57 39 ハリス/針 フロロ6号/11号金+擬装
同 行 者 K・やなやん・山ちゃん 風  速 弱/ 15:25 25 コマセ オキアミ+集魚剤+アルファ

本日の釣行は久しぶりに雨の心配は無く、前日の福島は梅雨明けを思わせる好天と暑さに見舞われており、酒田においても十分な暑さ対策が必要と思われます。釣行支度は半袖上着、短パン、サンダルの夏仕様とし、渡船前に飲み物を十分に確保しました。深夜11時に福島を出発した時は大笹生IC入口の気温は24度と日中の暑さの名残を残しており、栗子の山中でも22度と思いのほかさがっておらず釣行時の暑さを覚悟しました。予定より15分程度早めに酒田郊外コンビニに到着し、食料・飲み物を調達し渡船場へ向かいます。渡船場到着は午前2時10分、すでに船頭さん、他の予約釣り人も到着しており、準備が出来次第出船となりそうです。程なく最後に到着した釣り人を乗せて離岸堤に向けて出港となりました。進む湾内はもちろん鏡のように夜景を映し出しています。離岸堤南の北階段付近は離岸堤の嵩上げ工事が開始されたようで、釣り人全員が防波堤南の中央階段を希望したようです。本日の釣座は東よりの風と言う琴で沖向きとなり、渡船階段向いに左から山ちゃん、私、やなやん、Kの順となり釣行準備に入ります。荷物を配置して釣行準備を終える頃、気が付くと山ちゃんの左側を釣座とした他の釣り人との間隔が狭く、遠投方向が定まらない山ちゃんでは釣行で迷惑を掛ける恐れがあったため、山ちゃんにKの右側に行くように勧めましたが、段差をおっくうがって動く様子はありませんでしたので、私がKの更に右側に移動し、山ちゃんにもっと間隔をあけることが出来るようにして他の釣り人に迷惑のかからないようにしました。これで少し時間が掛かり釣行開始時刻は午前3時45分となってしまい、周囲は少し明るくなり始めていました。第一投、棚は約3本、追い風に乗って沖合約65m地点にLEDライドが輝きます。上潮の流れは皆無、仕掛はほぼ一点に止まり少しあるうねりで上下しています。底潮の動きも皆無のようです。本日は小潮ながら潮の動きが数回期待できます。しかし、釣行開始から30分が経過してもウキに反応は全く無く、付け餌が無くなるばかりです。予想ではすでに潮が動き出しても良い時間となっていますが、ウキは微動だにしません。日の出を過ぎて明るくなった所でトップを羽に替えての釣行となりましたが、明るくなりポツリポツリとアジが掛かり出したようです、そのアジも比較的大型で、やなやんに至っては尺を優に超えるサイズとなっています。今の時期にしては泳がせ釣り用の小アジを期待していたのですが、予想に反してしまいました。一時のアジ時々サバの群れも小さいのかすぐに姿を消してしまい、餌取りの復活となりました。やなやんが沖側でのアジの反応がないため、陸側でも竿を出していましたが潮の動きが出ていない状況ではいずれも同様のようで、すぐに沖側へ戻って来ました。午前6時を過ぎて、あまりの手持ち無沙汰と、空腹さに朝食として今後来ると思われる時合に備えます。午前8時の見做し時合を迎えて、追い風がやや弱くなり、風だのみの遠投が露呈してしまい、遠投距離が出ません。仕掛投入ピッチを早めてみますが、満潮時刻帯に入り潮泊りとなっているようです。追い風はやがて無風となってしまい、今度は西よりの風の向かい風となってしまい、増々遠投距離が制限されています。しかし、上潮も底潮も動く気配は無く、少し動き出した上潮が左から右へと仕掛を流します。手立て無く黙々と仕掛を投入するばかりの釣行に暑さも手伝って集中力が切れかかります。あとは下げ潮に入り潮の動きに期待するほかはないようですが、西風によって少しざわめき出した海面の状況に淡い期待を抱きながら仕掛投入を続けます。しかし、予想したいた潮の動きは撤収予定時刻まで見る事が出来ず、もちろん真鯛とのの遭遇も無く、暑さの中での釣行を終了してしまいました。

back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0718S

7月18日 小潮   月齢 7
釣行 区分 時刻 潮高 経過分 変化率
  干潮 2時08分 26        
  1分 3時31分 27 1 1:23 83 1.2%
  2分 4時09分 28 1 0:38 38 2.6%
  3分 4時40分 30 2 0:31 31 6.5%
  4分 5時09分 31 1 0:29 29 3.4%
  5分 5時37分 32 1 0:28 28 3.6%
  6分 6時04分 34 2 0:27 27 7.4%
  7分 6時33分 35 1 0:29 29 3.4%
  8分 7時03分 36 1 0:30 30 3.3%
  9分 7時39分 38 2 0:36 36 5.6%
  満潮 8時57分 39 1 1:18 78 1.3%
  1分 10時14分 37 -2 1:17 77 -2.6%
  2分 10時47分 36 -1 0:33 33 -3.0%
  3分 11時14分 35 -1 0:27 27 -3.7%
  4分 11時38分 33 -2 0:24 24 -8.3%
  5分 12時02分 32 -1 0:24 24 -4.2%
  6分 12時26分 30 -2 0:24 24 -8.3%
  7分 12時51分 29 -1 0:25 25 -4.0%
  8分 13時20分 27 -2 0:29 29 -6.9%
  9分 13時56分 26 -1 0:36 36 -2.8%
  干潮 15時25分 24 -2 1:29 89 -2.2%

back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0722

back

釣行情報 気象情報 潮情報 釣法情報
釣行月日

7月22日

区  分 開始時/撤収時 潮/波高

中潮/0.5以下

釣法 遠投カゴ
場  所 酒田離岸堤 天  候 晴れ/   竿/リール 3.5号-5.3/4500番
釣  座 南-中央渡船階段向い左 気  温 朝から暑い/   カゴ/ウキ 10号カゴ/12号ウキ
釣行時間

3:15〜11:15

風  向 東のち西/ 11:51 47 ハリス/針 フロロ6号/11号金+擬装
同 行 者 K・やなやん 風  速 弱/ 20:24 12 コマセ オキアミ+集魚剤+アルファ
オリンピック連休の初日と最終日に釣行予定を入れ、気合を入れての釣行でしたが、HP更新が26日となり、記憶が薄らいでいます。前日の天気予報では南東の風が3m以上と若干の不安を抱いていましたが、暑さが予想されましたので、途中のコンビニで十分な飲み物を確保して、いつもの通りの路線で渡船場着も午前2時過ぎ、本日の渡船予約客は我々3人のみとの事で、支度を整えるとすぐに出船となりました。目指すは前回釣行と同様に離岸堤南の中央渡船階段です、もちろん先着の釣り人はおりませんでしたが、東からの風は思いのほか強いようです。渡船階段向い左からカゴ釣行の私、フカセ釣行のやなやん、カゴ釣行のKの釣座となりました。本日の潮の状況は潮位表の通り、釣行予定時間内の詳細が不明ですが、お昼近くの満潮に向けて潮が揚がってくることは間違いなく、釣行しながらその変化を見て行くしかないようです。ゆっくりと釣行準備を終えて第一投は午前3時15分、うねりはほとんど無く、暗闇に浮かぶ電気ウキはゆっくりと右から左へと動いています。懸念された上潮の動きは無いようで、風の影響もありません。珍しく本日は暗いうちからアジの釣果が出始めました、サイズは様々ですが25cm以上のものはクーラーにキープとして、小さいサイズはKの泳がせ釣りの餌として泳がせバッカンに確保しますが、なかなか泳がせ釣りに適しているような小アジは掛かりません。遠投の我々もフカセのやなやんもアジの釣果の連続です。しかし、明るくなってしまうとアジのアタリは激減、潮の動きも緩慢なままで、いきなりの餌取りの猛攻の開始です。いつ動き出すか淡々と仕掛を入れ続けて釣行開始から、約3時間が経過した午前7時頃、潮の動きに変化が出始めました、再度アジの群れが回って来たようです。チャンス到来と仕掛投入ピッチを上げて、サイズダウンしてしまったアジの相手をしていると、アジと同様にウキの姿が消えました、またアジか・・・と竿を持って軽く合わせると結構な手応えです、60cm程度の期待が出来るようで、十分にその抵抗を楽しんで、リールを巻き取ります。最後まで抵抗して海面に姿を現したのは、60cm弱の真鯛でした。久々の真鯛釣果でその採寸と画像撮影に時間を取られてしまい、この真鯛の相方の存在すら思い起こす事はありませんでしたが、しばらくして再度仕掛を投入・回収してみると付け餌が残っています。「これはもしや・・・・」と期待しながら仕掛を投入していると、右側で釣行のKのウキが沈み込み竿を持って合わせている姿が目に入って来ました。しかし、最初に合わせた時の竿の大きな曲りが途中でなくなっています、バラシのようです。Kの所へ確認に行くと合わせた時の手応えは確かに逢ったものの、その後手応えが無くなってしまったとの事で、ハリスを確認するとチモト上部で綺麗に切断されていました。針のすっぽ抜けに続き再度大真鯛の機会を失って一言「今日は終わってしまった・・・・」と落胆の声でした。その後は潮の動きも力強さを失ったものの、引き続き気合を入れての釣行となりアジを追加することとなりましたが、釣行予定終盤は向い風が吹き出して、仕掛投入ポイントもままならず撤収予定時刻を迎えてしまいました。

back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0722s

7月22日 中潮   月齢 12.0
釣行 区分 時刻 潮高 経過分 変化率
  満潮 11時51分 47        
  1分 13時37分 43 -4 1:46 106 -3.8%
  2分 14時22分 40 -3 0:45 45 -6.7%
  3分 14時59分 36 -4 0:37 37 -10.8%
  4分 15時33分 33 -3 0:34 34 -8.8%
  5分 16時06分 29 -4 0:33 33 -12.1%
  6分 16時39分 26 -3 0:33 33 -9.1%
  7分 17時14分 23 -3 0:35 35 -8.6%
  8分 17時53分 19 -4 0:39 39 -10.3%
  9分 18時41分 16 -3 0:48 48 -6.3%
  干潮 20時24分 12 -4 1:43 103 -3.9%

back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0722C

初釣果から4日ぶりの釣果となり、大真鯛には到達できませんでしたが、サイズ更新となりました。7月22日午前7時15分、中潮

釣行記へ戻るときは画像クリック     カゴの部屋へ戻るときはこちら

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0725

back

釣行情報 気象情報 潮情報 釣法情報
釣行月日

7月25日

区  分 開始時/撤収時 潮/波高

大潮/0.5以下

釣法 遠投カゴ
場  所 酒田離岸堤 天  候 晴れ/ 6:00 30 竿/リール 3.5号-5.3/4500番
釣  座 南-中央渡船階段向い左 気  温 とにかく暑い/ 8:36 38 カゴ/ウキ 10号カゴ/12号ウキ
釣行時間

3:10〜10:35

風  向 東のち南西/ 14:33 49 ハリス/針 フロロ6号/11号金+擬装
同 行 者 K・やなやん 風  速 弱/   コマセ オキアミ+集魚剤+アルファ
連日の福島の暑さもやや収まりつつありましたが、仮眠から目覚めて出発時外に出て見ると雲一つ無い空は満月で異様な明るさです。未だ日中の暑さを残す中、出発予定時刻前に支度を終えてクーラーに腰を掛けて迎えの車を待ちます。定刻迎えの車に乗り込み出発となりました、大笹生ICの温度計は24度、栗子山中の温度計は23度、米沢市内の温度計でも23度と涼しさは感じられません。戸沢村での温度計でようやく22度と涼しさを感じる事となりましたが、庄内町に入ると何と25度の表示。本日は相当な暑さを覚悟しなければならないようです。もちろん飲み物を十分に確保して、渡船場に向かい到着は午前2時前、船頭さんがすでに到着していましたが、我々の到着と同時に予約釣り人の到着です。予約釣り人が全員到着して、早めの出発となりました。我々は前回と同じ離岸堤南の中央渡船階段を目指します。離岸堤上はやや強い風が感じられますが、気温が高いため涼しさは感じられません。釣座は前回と同様に左から私、やなやん、Kの順で、本日はやなやんもカゴ釣行となったようです。早速釣行準備を終えて第一投となりました、浮かぶ電気ウキはうねりによる上下動も無く、潮の動きも全く無く固定されてしまったように一点にとどまっています。強は何とか潮の動きを捉えられるだろうとの予想は全く覆されてしまいました。上潮の動きは無く仕掛を引かれる事もありませんが、ほぼ一点から動かないウキに手立てがありません。明るくなり午前4時過ぎに別渡船で久々に星くん、US氏、同行者に遭遇となりました。いままで新潟での釣行となっていたようで、久々の出会いとなりました。私の左側でそれぞれ釣座としました。その後時折りウキを沈めアタリが出ますが、食気が落ちているようで掛かりません。釣行開始から約4時間経過、いっこうに動き出さないウキに仕掛投入ポイントも絞り切れていません、そんな中でKの竿が曲がっています、竿の曲りではそれ程の大きさには見えませんが、kは真鯛を確信したようです、前回釣行から新たな竿とリールを新調して気合を入れての釣行での初釣果です。難なく海面に姿を現したのは45cmの真鯛でした。この動かない潮の中で見事です。その後私が真鯛の神様と崇めているUS氏もこの動かない潮状況の中、難なく真鯛を手にしています、感服するばかりです。その後も動かない潮を相手に釣行を続け、みなし時合の午前8時になり、仕掛投入ピッチを上げていると、突然付け餌が残ることとなりました。いままで餌取りの猛攻で微塵も残ることが無かった付け餌が少しかじられる程度で残っているのです、この機会を逃すまいと更に仕掛投入ピッチを上げますが、仕掛回収の度に付け餌が残って戻って来るのです。動かない潮で棚の設定に不安を持ち、何度か上下に棚を変更してみますが状況は変わりません。仕掛投入ポイントも周囲に少しずらして見ますが状況に変化は無く、お手上げ状態です。隣で竿を出すやなやんも付け餌が残り出して早、1時間「何もいね〜」と向い風を覚悟して陸側で竿を出しても見ますが、何せ潮の動きが無く、やはり何の反応も無いようでした。午前9時を過ぎると風が治まってしまい、暑さが突然襲ってきます。動かない潮、たよりない風、容赦なく照り付ける太陽にその気合も失われつつあります。この過酷な状況と戦い1時間30分が経過した午前1030分頃、船頭さんから撤収準備を開始していたKに連絡があったようです、あまりの暑さに心配になったようで、早めに迎えに行くとの事で、これ以上の手立てを失い、戦意喪失していた我々は撤収を決め、撤収準備となりました。福島の暑さで慣れている筈の私たちでしたが・・・・。

back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0725S

7月25日 大潮   月齢 15.0
釣行 区分 時刻 潮高 経過分 変化率
  満潮 6時00分 38        
  1分 6時40分 38 0 0:40 40 0.0%
  2分 6時53分 38 0 0:13 13 0.0%
  3分 7時04分 38 0 0:11 11 0.0%
  4分 7時15分 38 0 0:11 11 0.0%
  5分 7時24分 38 0 0:09 9 0.0%
  6分 7時34分 38 0 0:10 10 0.0%
  7分 7時44分 38 0 0:10 10 0.0%
  8分 7時55分 38 0 0:11 11 0.0%
  9分 8時08分 38 0 0:13 13 0.0%
  干潮 8時36分 38 0 0:28 28 0.0%
  1分 10時09分 39 1 1:33 93 1.1%
  2分 10時44分 40 1 0:35 35 2.9%
  3分 11時11分 41 1 0:27 27 3.7%
  4分 11時34分 42 1 0:23 23 4.3%
  5分 11時56分 43 1 0:22 22 4.5%
  6分 12時17分 45 2 0:21 21 9.5%
  7分 12時39分 46 1 0:22 22 4.5%
  8分 13時03分 47 1 0:24 24 4.2%
  9分 13時31分 48 1 0:28 28 3.6%
  満潮 14時33分 49 1 1:02 62 1.6%

back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0731

back

釣行情報 気象情報 潮情報 釣法情報
釣行月日

7月31日

区  分 開始時/撤収時 潮/波高

小潮/0.5以下

釣法 遠投カゴ
場  所 酒田離岸堤 天  候 晴れ/   竿/リール 3.5号-5.3/4500番
釣  座 南-中央渡船階段向い左 気  温 とても暑い/ 1:25 28 カゴ/ウキ 10号カゴ/12号ウキ
釣行時間

3:20〜11:10

風  向 東のち南西/ 8:18 41 ハリス/針 フロロ6号/11号金+擬装
同 行 者 K・やなやん・山ちゃん 風  速 弱/ 14:52 29 コマセ オキアミ+集魚剤+アルファ
本日は久々の山ちゃんを伴っての釣行です。このところの釣行は厳しい暑さに見舞われており、体力も根性も無い山ちゃんが心配です。定刻に少し遅れて迎えの車が到着して、さらにKが忘れ物をしたとのことで忘れ物を取りに行って、福島西ICよりの出発となりました。運転手のやなやんも出発前の仮眠中に電話に邪魔されたことで、睡眠不足のようで言動が少し怪しい状態です。大笹生IC温度計は24度を示し、台風通過後は少し涼しささえ感じます。出発で出遅れてしまいましたが、酒田郊外コンビニ到着はほぼ変わらず、途中の走行のスムーズさを物語ります。私も寝付くのがやや遅れてしまい仮眠不足で途中で睡魔に襲われてしまい、不覚にも「コックリ」となってしまいました。釣行は明るくなってからを予定し、少し仮眠することとしました。渡船場到着は午前2時30分、すでに船頭さんもほかの予約釣り人も到着しており、我々の到着を待っていたようです。準備を整えて渡船に乗り込み、東からの風が吹く中、目指すは離岸堤南の中央渡船階段です。もちろん離岸堤上は風もやや強く感じますが、むしろこの風が止み暑さに悩まされた前回釣行を思い起こすと、遠投も助けてくれて神風のようです。釣り座は私が渡船場向かい左として、やなやん、山ちゃん、Kとなりました。明るくなるのを待っての釣行を予定していましたが、いざ離岸堤に乗ってしまうと釣行を開始せずにはいられず、すぐに釣行準備に入りました。第一投は午前3時20分となりました、沖合に浮かぶウキはほぼ一点にとどまっており、上潮も底潮の動きも無いようです。ややウキの上下動からうねりがあるようですが、ウキが見え隠れするほどではありません。棚は潮の動きもないことから少し浅めの設定に調整します、最初に釣果を出したのは、少し白けてきた午前4時頃で、やなやんがカマスを掛けたようで、朝まずめの開始となったようです。潮の動きはないものの、一斉にアジの釣果が出始めました、型はそれほど大型ではありませんが、その活性はウキを沈め、時には竿先にも魚信を出すほどです。アジ祭りが約1時間続きましたが、午前5時30分になると、アジの群れも無くなりエサ取りが活発となってしまいました。本日の満潮時刻は午前8時頃となっており潮の動き出しを待つばかりです。それまでにポイントを絞り、コマセを投入してその時を待ちます。しかし、予想されている潮の変化が感じられす、エサ取りも活発です。しかし、時折り素面の小魚が青物に追われて逃げ回っているようで、付けエサも残るようになっています。そんな中、アジを泳がせた泳がせ釣りに挑戦していた、Kの竿が大きく曲がっています。タモを持ってKの元へ駆けつけます、石鯛竿にも関わらずかなりの抵抗を見せており、怪力のKでも手こずって魚影がなかなか見えてきません、ようやく姿を見せたのは60cmに迫る丸々と太ったイナダでした。早速山ちゃんが回収に来たのは言うまでもありません。20cm程のアジを難なく丸のみにしたようです。アジの泳がせ釣りは3度目の釣行でようやく釣果を見ることができたようで、次はヒラメが見たいところです。これを機会に私は時合到来とばかりにさらに仕掛け投入に気合を入れます。午前8時頃の満潮時刻帯は潮止まりのようでで、全く動き出す気配はなく、下げに入る動きだしに期待するばかりです。潮も動くことなく午前9時を過ぎてしまい、風が南からと風向が変わるとラインが右へ引かれはじめましたが、底潮が右から左へと動きはじめました。再度アジの釣果も出始めて期待感が増してきます。25cm程のチャリコの釣果も出ます、時折り付けエサも残る状態となり、増々期待感が膨らみ、仕掛け投入ピッチを上げます。あとは真鯛の出現を待つばかりです。しかし、そんな状況から30分、1時間と時間ばかりが過ぎ、ウキを沈めるのはアジばかり、エサ取りの出現を繰り返すばかりで、暑さも増して気合を維持することが難しくなってきます。午前10時30分を過ぎると、風向がさらに変わり、南西方向よりとなり、向かい風となり、風に頼って仕掛けを入れてきたため、仕掛け投入ポイントが維持できません。しかし、潮の動きは依然として右から左へと期待感は失われていません。すでに撤収準備を終えたKが、少し早めの船頭さんの迎えをお願いしたようで、残された時間は約30分、最後の気力を絞って仕掛けを投入し続けますが、反応するのはアジばかりの状態で、久々に潮の動きを明確に感じられ期待が高まった釣行でしたが、真鯛には届くことなく撤収時刻を迎えてしまいました。

back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0731s

7月31日 小潮   月齢 21
釣行 区分 時刻 潮高 経過分 変化率
  干潮 1時25分 28        
  1分 2時51分 29 1 1:26 86 1.2%
  2分 3時30分 30 1 0:39 39 2.6%
  3分 4時01分 32 2 0:31 31 6.5%
  4分 4時30分 33 1 0:29 29 3.4%
  5分 4時57分 34 1 0:27 27 3.7%
  6分 5時24分 36 2 0:27 27 7.4%
  7分 5時52分 37 1 0:28 28 3.6%
  8分 6時22分 38 1 0:30 30 3.3%
  9分 6時58分 40 2 0:36 36 5.6%
  満潮 8時18分 41 1 1:20 80 1.3%
  1分 9時32分 40 -1 1:14 74 -1.4%
  2分 10時05分 39 -1 0:33 33 -3.0%
  3分 10時33分 37 -2 0:28 28 -7.1%
  4分 10時57分 36 -1 0:24 24 -4.2%
  5分 11時21分 35 -1 0:24 24 -4.2%
  6分 11時46分 34 -1 0:25 25 -4.0%
  7分 12時12分 32 -2 0:26 26 -7.7%
  8分 12時42分 31 -1 0:30 30 -3.3%
  9分 13時20分 30 -1 0:38 38 -2.6%
  干潮 14時52分 29 -1 1:32 92 -1.1%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0807

back

釣行情報 気象情報 潮情報 釣法情報
釣行月日

8月7日

区  分 開始時/撤収時 潮/波高

大潮/0.5以下

釣法 遠投カゴ
場  所 酒田離岸堤 天  候 晴れ/ 12:47 47 竿/リール 3.5号-5.3/4500番
釣  座 南-中央渡船階段向い右 気  温 暑い/ 21:10 17 カゴ/ウキ 10号カゴ/12号ウキ
釣行時間

3:30〜11:00

風  向 東のち南西/   ハリス/針 フロロ6号/11号金+擬装
同 行 者 K・やなやん 風  速 中/   コマセ オキアミ+集魚剤+アルファ
更新が遅れてしまい記憶が定かでありません、風が強い予報の中離岸堤に向けて航行した事が思い出されます。深夜でも26度以上気温の中でやや強いと思われる風も暑さを和らげてくれており、この風が止んでしまうと暑さに悩まされそうです。離岸堤上に乗ると更に風の強さを感じられます、しかし、風向は幸いにも真後ろからと私にとっては神風そのものです。釣り座は左からやなやん、私、kの順となりました、しかしここでハプニング、Kの道具を入れたバッカンの一つが無いと言うのです、渡船には荷物が残っていないことを確認していますので、桟橋に置いて渡船に積み忘れたか、車内に置き忘れてしまったかのようです。バッカンにはリールやウキ、カゴが入っているとのことで、途方に暮れていましたが、たまたまやなやんが予備のリールをもっていたため、何とか釣行はできそうです。私は早々に釣行準備を終えて第一投、棚は3本から開始、やや強い神風によりかなり遠投距離が出ているようです。仕掛けはゆっくりと左から右へと動いています、上潮や風の影響では無いようですので、底潮そのものの動きのようで期待感が増します。しかし、暗いうちウキに反応は出ず、午前4時30分を過ぎ周囲が明るくなりだした頃からアジの反応が出始めました。始めのころは型はやや小さめで、kの泳がせ釣りに最適なサイズですので活かしバッカンにキープです。その後はややサイズがアップしたもののアジタイムは約1時間で終了してしまい、群れもさほど大きく無いようです。一時離岸堤付近に群がっていた釣り船も沖合に出てしまっており、アジの群れが離岸堤から離れてしまったようです。底潮は強弱を繰り返しながら左から右へと動き、期待感は変わりません。風も予報通りやや強くなりだしており、強弱により仕掛け投入ポイントがやや前後してしまいます。明るくなりKも釣行を開始していますが、道具を忘れてしまったためかいつもの気合は無いようで椅子にもたれかかり睡魔との闘いとなっているようです。釣行開始からすでに3時間が経過していますが、エサ取りの出現と時折りアジの反応とを繰り返すばかりで単調な釣行となっています。午前8時のみなし時合を目前にして仕掛け投入ピッチを上げて行きますが、エサ取りの勢いは衰えることはありません。午前8時30分を過ぎると更に底潮の動きが強く早くなり出して、一層期待感が増してきます。しかし、この増す期待感とは裏腹にウキに反応は出ません。午前9時30分を過ぎると風がやや弱くなりだして、風のおかげで今まで感じられなかった暑さが増してきます。時折り雲に遮られる日光に助けられながら釣行を続けますが、依然としてウキに反応が出ることはありません。午前11時前にこの状況が解かっているのか、Kに船頭さんから連絡があったようで、早めに迎えに来るとの事でした。すでに戦意喪失のKは撤収準備を終えており、私も急かされるように撤収準備を開始して午前11時過ぎに撤収となりました。潮の動きは大変期待感が持てる動きでしたが、近辺に真鯛がいる気配が全く感じられません、このところの最上川の水位の異常な低下?、海水温の上昇?、何が影響しているのでしょうか・・・・。

back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0807s

8月7日 大潮   月齢 28.0
釣行 区分 時刻 潮高 経過分 変化率
  満潮 12時47分 47        
  1分 14時32分 44 -3 1:45 105 2.9%
  2分 15時17分 41 -3 0:45 45 -6.7%
  3分 15時53分 38 -3 0:36 36 -8.3%
  4分 16時27分 35 -3 0:34 34 -8.8%
  5分 16時59分 32 -3 0:32 32 -9.4%
  6分 17時32分 29 -3 0:33 33 -9.1%
  7分 18時06分 26 -3 0:34 34 -8.8%
  8分 18時44分 23 -3 0:38 38 -7.9%
  9分 19時30分 20 -3 0:46 46 0.0%
  干潮 21時10分 17 -3 1:40 100 -3.0%

back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0821

back

釣行情報 気象情報 潮情報 釣法情報
釣行月日

8月21日

区  分 開始時/撤収時 潮/波高

大潮/0.5以下

釣法 遠投カゴ
場  所 酒田離岸堤 天  候 晴れ時々曇り/ 6:13 41 竿/リール 3.5号-5.3/4500番
釣  座 南-中央渡船場向右 気  温 暑い/ 6:43 41 カゴ/ウキ 10号カゴ/12号ウキ
釣行時間

4:10〜10:40

風  向 南西/ 12:44 49 ハリス/針 フロロ6号/11号金+擬装
同 行 者 K・やなやん 風  速 弱/   コマセ オキアミ+アルファ
先週末はお盆期間のため釣行はお休みとしており、今回は二週間ぶりの釣行となります、海の状況の変化を期待するところです。渡船予定は午前3時30分と夜明けも遅くなり、少し出船の時刻も遅くなりましたので、福島を深夜11時30分の出発としました。少し早めに荷物の準備を終えて外で迎えの車を待つと、一時程の暑さを感じられず、虫の音が聞こえるようになって来ました。定刻に迎えの車が到着し、出発となりました。走行途中ではいずれも気温は22度前後と涼しい陽気ですが、肌がベタ付くような湿気を感じます。雨の気配は感じられませんでした。酒田市郊外コンビニを出発しようとした頃に少し雨粒が落ちてくるのが感じられました。渡船場に到着が午前2時30分過ぎでしたが、駐車している車は船頭さんの車のみのようです。港付近は風は無く、今しがたかなりの雨が降ったようで道路には水たまりで周囲が濡れています。ゆっくりと支度をして出船を待ちます。午前3時過ぎに突然船頭さんが出船の準備を始めました、渡船釣り人は我々のみのようです。出船予定時刻より早めに出港となりました、本日も目指すは離岸堤南の中央渡船場です。湾内では感じられなかった風も、離岸堤に近づくと陸から沖へ東よりの風が少し出ているようです。離岸堤上に到着し、釣座の決定に3人で躊躇してしまいましたが、結局渡船場迎い右を私の釣座とすると、左にやなやん、更に左にKとの釣座となりました。いままでの海の状況と変化していることを願いながら釣行準備をします、釣行準備をしている最中にも雲が少ないためか、周囲が次第に明るくなってくるのが感じられます。第一投は午前4時10分、背後からの救い風で遠投に問題はありません、ウキの動きは出ていません。上潮、底潮の動きは今の所無いようです、第一投の仕掛を回収時に指2本程度、5~60cmの太刀魚が私の針擬装に食いついて来ました。幸いにもハリスに傷付く事は無かったようですが、珍しい暗いうちの反応が出て期待感が出ます。その後は太刀魚は姿を消したようですが、中アジ(20cm前後)のアジがウキに反応を見せ増々期待感が増す所です。午前5時を迎えて明るくなり、ウキも電気ウキから羽ウキに変えた頃、ウキの少し沖合に波しぶきが見えます、始めは漁船の波しぶきかと思いましたが、よく見るとイルカの群れで、5~6頭が戯れながら南下していきました。これでアジの反応も消え去ったのは言うまでも有く期待感は全崩壊です。しかも餌取りは健在で、擬装ヒラヒラがちぎられるようになってしまい増した、フグの仕業です。少なくとも沖合60m以上の所にフグが居座っています、午前6時をまわりやや底潮の動きが出て来たようでしたので、仕掛投入ピッチを上げて見ますが付け餌はことごとく無くなって来ます。このままコマセを入れ続けたものか、否か迷います。このままコマセを入れればフグを一層活性化させてしまうようで、投入ピッチを少し長めに取り午前8時のみなし時合に備える事としました。しかし、餌取りの状況は全く変わらず、期待できる底潮の動きも変わらずに右から左へ、アジの反応も無くその後2時間が経過してしまいました。午前8時を迎えてみなし時合突入ですが、まだ迷っています。通常ペースで約30分間仕掛投入です。その後少し投入ピッチを上げると小アジ、20cm足らずのチャリコの反応が出ましたが、一瞬で餌取りの猛攻が再開してしまいます。こんな釣行の繰り返しは前回、前々回の釣行と変わりません、残されるのは暑さとの戦いのみ、その後午前10時を回り、予想通り風が弱くなってしまい暑さとの戦いに突入です。可能性が感じられるのであれば、その気力も持続できますがすでに気力喪失の状態です。本日の撤収予定時刻は午前11時30分の予定ですが、約1時間前に撤収準備開始となり釣行を終了しました。

back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0821S

8月21日 大潮   月齢 12.5
釣行 区分 時刻 潮高 経過分 変化率
  満潮 6時13分 41        
  1分 6時19分 41 0 0:06 6 0.0%
  2分 6時22分 41 0 0:03 3 0.0%
  3分 6時24分 41 0 0:02 2 0.0%
  4分 6時26分 41 0 0:02 2 0.0%
  5分 6時28分 41 0 0:02 2 0.0%
  6分 6時30分 41 0 0:02 2 0.0%
  7分 6時32分 41 0 0:02 2 0.0%
  8分 6時34分 41 0 0:02 2 0.0%
  9分 6時37分 41 0 0:03 3 0.0%
  干潮 6時43分 41 0 0:06 6 0.0%
  1分 8時38分 42 1 1:55 115 0.9%
  2分 9時12分 42 0 0:34 34 0.0%
  3分 9時38分 43 1 0:26 26 3.8%
  4分 10時00分 44 1 0:22 22 4.5%
  5分 10時21分 45 1 0:21 21 4.8%
  6分 10時41分 46 1 0:20 20 5.0%
  7分 11時01分 46 0 0:20 20 0.0%
  8分 11時22分 47 1 0:21 21 4.8%
  9分 11時48分 48 1 0:26 26 3.8%
  満潮 12時44分 49 1 0:56 56 1.8%

back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0905

back

釣行情報 気象情報 潮情報 釣法情報
釣行月日

9月5日

区  分 開始時/撤収時 潮/波高

大潮/0.5以下

釣法 遠投カゴ
場  所 新潟西港 天  候 曇り/ 3:24 23 竿/リール 3.5号-5.3/4500番
釣  座 西突堤-への字 気  温 涼しい/ 7:11 21 カゴ/ウキ 10号カゴ/12号ウキ
釣行時間

5:00〜10:35

風  向 東/ 12:34 28 ハリス/針 フロロ6号/11号金+擬装
同 行 者 K・やなやん・星くん 風  速 弱/   コマセ オキアミ
今週末も先週に引き続き酒田の気象予報は4日土曜日は雨模様、5日日曜日は天候は回復するものの風速6m以上の強風予報となっており、福島でも連日続く寒さと雨模様の天候に釣行意欲も低下しておりましたが、やなやんから須賀川の星くんが今年頻繁に釣行していた新潟西港突堤の天気予報は恵まれているとの情報から、本日の釣行は新潟西港突堤となりました。当該突堤は十五年以上前にフカセ釣行で訪れた事があり、早い潮流に悩まされた事が思い起こされその対策に悩むところです。出発はいつも通り深夜11時と決まり、途中午前0時30分に磐梯町で須賀川からの星くんと合流することとなりました。出発は定刻となり、福島は予想していなかった小雨が降っています、ワカサギ釣行へのルートを猪苗代町へ向かって走行となりましたが、雨は土湯トンネルを抜け猪苗代側へ出ると路面も濡れているのは所々とすでにあがっているようで本日は雨具を想定しておらず一安心となりました。星くんも予定より早めに合流地点に到着し、新潟へ向けて出発となりました。新潟までは高速道路での走行でスムーズな走行となり、午前2時頃に新潟市内に到着、それからは星くんの案内で渡船場所まで約20分程度一般道での走行で、コンビニでも買い物も済ませて無事渡船場所に到着となりました。出船予定は午前3時、渡船はまだおらず、他の予約釣り人もいるようですが、渡船場所には我々の車だけです。心配していた風も無く早々に支度を終えて、対岸の綺麗な工場群の明りを眺めて待ちます。いつもと勝手が違い少し不安となりますが、出船10分前に渡船が到着し、船頭さんの手も借りて荷物を積んで他の予約釣り人の到着を待ちます。程なく予約釣り人二人も乗り込んで出船となりました。周囲はまだ暗闇に包まれる中15分程で目指す突堤の「への字」に到着です。離岸堤に乗り込むための階段は無く、川側の突堤が低いために直接接岸しての上陸です、渡船箇所は先端から少し手前の突堤が折れた地点で、先端付近は沖側突堤のかさ上げ工事が行われているようです。釣行箇所の選定となりましたが、私が沖側の状況を見ようと脚立に昇っていると、後ろからやなやんの「痛て〜」との声が暗闇に響きました、段差に気が付かず足を踏み外してしまったようです、両手両ひざを着いた時に、手のひら部分をすりむいてしまい、両ひざも打撲してしまったようです。大事に至らず幸いでしたが、出血箇所はKが持っていた救急セットで手当をしましたが、飲んでいる薬のせいでなかなか出血が止まらず、その後の釣行でも竿を持つにも不便だったようです。釣行開始前にこのような騒動もあり、結果、防波堤内側は常に河川の流れが想定されており、沖側は河川の影響は受けませんが一段高い箇所となり、暗闇の中その高さも実感できず、私はとりあえず内側での釣行として釣行準備を終えて明るくなるのを待つこととしました。釣座は左から私、やなやん、星くん、Kとなり、早々にK、星くん、やなやんと電気ウキでの釣行が開始となりました、電気ウキは予想を超える速さで上流から下流方向、右から左へと流されます。棚は2本半程度との事ですが、仕掛着水地点から仕掛の馴染み切るまで相当流されてしまう事が予想されます。離岸堤上陸から約1時間が経過して、周囲も明るくなり出した午前5時頃に私も釣行開始となりましたが、弱いながらも向かい風にその遠投距離も出ず、その上私の左側にも後から他の釣り人が入り仕掛を流して置けない窮屈な状態で数投した所で、このまま釣行を続ける気にならず、借りた脚立で沖側へ登って見ると川側の流れとは違った穏やかな海面が確認でき、風も弱いためその影響も少ないだろうと星くんと共に釣座を沖側へ移すこととなりました。脚立を使っての荷揚げは苦労しますが、やなやんの手伝いも得て荷揚げを完了し午前5時45分頃、沖側で釣行再開となりました。星くんから棚は水深約20mとの情報で3本強から開始、風は背後から弱く吹き遠投距離も十分に出て、仕掛は左から右への潮の動きに乗りゆっくりと流れて行きます。最初はセオリー通りコマセ投入に専念することになります。釣行開始から約30分でウキが前アタリで二度程姿を消し、その後ウキが入り竿先にも弱く魚信が出て合わせて見ると、チャリコと勘違いする程の首振りを見せ尺程度のアジが掛って来ました。コマセが効き始めたようです。その後連続するアジのアタリを期待しましたが、午前6時を回ると潮の動きが少し緩慢となってしまいました。そんな中振り返るとKが竿を曲げて奮闘しています、竿に叩きも出て真鯛であることは間違いありません、やなやんが駆けつけて無事回収となりました。午前6時15分、検測の結果55cmの良型真鯛との事でした。川側の早い流れにめげず釣行を続け真鯛の釣果は賞賛ものです。またもやKに先を越されてしまいました、相当のプレッシャーを感じますが、沖側はすでに潮も緩み期待感が薄らいではいますが、時合到来とコマセを入れ続けます。午前7時を目前とした頃、ウキに何の反応も見られない事から、棚を半ヒロ浅くとり仕掛を投入した所、いきなり竿に魚信です。予想もしていなかったアタリに竿を手に取り合わせを入れて見ると久々の真鯛の手応えでした。大きさは60cmまではないものの真鯛特有の首振りと抵抗を十分に味わいながらリールを巻き、星くんのタモ入れで無事回収となりました。計測の結果54cmでした。この後は最初の釣果も見た事からサイズアップと気合を入れ直して釣行再開となりましたが、数投後再びいきなり竿に魚信です、合せたときには一枚目を上回る抵抗を見せてサイズアップと思われましたが、元気いっぱいの53cm真鯛でした。しかし、これで終わりと思われましたが、更に数投後ウキが消し込まれ、同時に竿にも魚信です、明らかに前の二枚には及ばない抵抗ですが47cm真鯛の釣果となりました。僅か約30分の間に3枚の釣果となりました。その後は左から右への潮の動きが更に弱まりウキの反応が止まってしまい、更に午前9時30分以後は沖よりの風が吹き出して仕掛が右から左へ流されてしまい、その後約1時間で釣行を断念することとなりました。しかし、久しぶりの真鯛の釣果となり、十分満足できる釣行となりました。

back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0905s

9月5日 (新潟東港)大潮   月齢 27.5
釣行 区分 時刻 潮高 経過分 変化率
  満潮 3時24分 23        
  1分 4時10分 23 0 0:46 46 0.0%
  2分 4時31分 22 -1 0:21 21 -4.8%
  3分 4時48分 22 0 0:17 17 0.0%
  4分 5時04分 22 0 0:16 16 0.0%
  5分 5時19分 22 0 0:15 15 0.0%
  6分 5時34分 22 0 0:15 15 0.0%
  7分 5時49分 21 -1 0:15 15 -6.7%
  8分 6時06分 21 0 0:17 17 0.0%
  9分 6時27分 21 0 0:21 21 0.0%
  干潮 7時11分 21 0 0:44 44 0.0%
  1分 8時26分 21 0 1:15 75 0.0%
  2分 8時57分 22 1 0:31 31 3.2%
  3分 9時21分 23 1 0:24 24 4.2%
  4分 9時43分 24 1 0:22 22 4.5%
  5分 10時03分 24 0 0:20 20 0.0%
  6分 10時23分 25 1 0:20 20 5.0%
  7分 10時44分 26 1 0:21 21 4.8%
  8分 11時06分 27 1 0:22 22 4.5%
  9分 11時34分 27 0 0:28 28 0.0%
  満潮 12時34分 28 1 1:00 60 1.7%

back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0905C

計測の結果、残念ながら1cmKの釣果55cmに届かなかった!午前6時55分、k確認:54cmの真鯛です。この後午前7時15分、53cm真鯛:星くん確認、7時25分、47cm真鯛:星くん確認の3枚の釣果を見る事が出来ました。

釣行記へ戻るときは画像クリック     カゴの部屋へ戻るときはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0911

back

釣行情報 気象情報 潮情報 釣法情報
釣行月日

9月11日

区  分 開始時/撤収時 潮/波高

中潮/0.5以下

釣法 遠投カゴ
場  所 酒田離岸堤 天  候 晴れ/ 5:11 42 竿/リール 3.5号-5.3/4500番
釣  座 北-渡船場向い左 気  温 朝方涼しい/ 7:11 21 カゴ/ウキ 10号カゴ/12号ウキ
釣行時間

5:00〜11:00

風  向 東/ 12:34 28 ハリス/針 フロロ6号/11号金+擬装
同 行 者 K・やなやん・山ちゃん 風  速 弱/   コマセ オキアミ
本日は久々に天候に恵まれ3週間ぶりの酒田離岸堤釣行となりました。出発は定刻深夜11時、迎えの車を待ちながら空を見上げると一面雲が覆っています、雨の心配は無いとの天気予報でしたが、一抹の不安を覚えます。少し遅れての出発となりましたが、出船予定時刻までは十分余裕があります。一時の冷え込みも回復したものの大笹生IC温度計は21度と肌寒さを感じます。酒田郊外コンビニ到着はいつも通り午前2時前となり、ゆっくりと買い物を済ませて渡船場へ到着が午前2時頃となりました、渡船場には船頭さんの車を含めてすでに4台の車が到着していました、その後他の予約釣り人も次々に到着します。いつもなら今の季節アユ釣行のはずの天童加藤氏の姿もあります。予定より早めの出船となり離岸堤へ向かいます。我々は離岸堤北を希望しましたが、偶然にも加藤氏ご一行様数名と同じになりました。離岸堤に上陸後、加藤氏ご一行様は先端へ向かいましたので、我々は渡船場向い左から私、山ちゃん、Kの釣座とし、やなやんは渡船場付近でフカセ釣行となりました。私は明るくなってからの釣行予定でしたので、自分の準備を終えて右隣の山ちゃんの準備の様子を確認です。久しぶりの釣行に相変わらず釣行準備に手間取っているようでした、棚設定、仕掛のそれぞれを確認し終えた頃にはすでに夜明けが迫っており、本日は午前5時すぎに満潮のタイミングがありますので、明るくなり切らない午前5時釣行開始としました。棚は3本弱、追い風に乗り気持ちよく仕掛が飛んで行きます。潮は右から左へと、上潮の邪魔も無く綺麗に動いているようで気合を入れ直します。釣行開始から約30分間はコマセを撒く事もあり早めの仕掛回収・投入としますが、餌取りも負けずに活発で付け餌は残ることはありません。明るくなってようやく小アジの反応が出ましたが、続く事はありません。釣行開始から30分もすると潮の動きは少し弱まったものの右から左への仕掛の動きは変わりません。その後期離岸堤周囲に泳がせ釣りの小アジ釣りの釣り船が押し寄せていましたが、餌を調達すると1時間程で沖合に向かって行きました。潮の動きはまずまずの状況が続いていますので、辛抱強く仕掛を投入します。その間に山ちゃんの棚の設定変更、根掛かりの処理など時間ばかりが無常にも過ぎて行きます。あまりのウキの反応が無いため、棚を1m前後上・下して見ますが状況は変わりません。午前9時30分を回ると気温も一気に上昇し始め、風向も南寄りに変化しその強さも増して、海面のラインを引いてしまうようになってしまい、仕掛の流れにも影響が出始めました。2度程手のひらサイズのチャリコの反応はでたものの、餌取りも姿を消す事は無く本命の期待感が次第に薄らぎます、なんとかその後1時間30分の気合の釣行を続けましたが、増々風の影響に嫌気が差してしまい午前11時撤収としました。

back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0911

 

 

 

 

 

 

0911S

9月11日 中潮   月齢 4.0
釣行 区分 時刻 潮高 経過分 変化率
  満潮 5時11分 42        
  1分 6時32分 40 -2 1:21 81 -2.5%
  2分 7時07分 38 -2 0:35 35 -5.7%
  3分 7時35分 36 -2 0:28 28 -7.1%
  4分 8時01分 33 -3 0:26 26 -11.5%
  5分 8時26分 31 -2 0:25 25 -8.0%
  6分 8時50分 29 -2 0:24 24 -8.3%
  7分 9時16分 27 -2 0:26 26 -7.7%
  8分 9時44分 25 -2 0:28 28 -7.1%
  9分 10時18分 23 -2 0:34 34 -5.9%
  干潮 11時36分 21 -2 1:18 78 -2.6%
  1分 12時56分 23 2 1:20 80 2.5%
  2分 13時31分 25 2 0:35 35 5.7%
  3分 14時00分 28 3 0:29 29 10.3%
  4分 14時27分 30 2 0:27 27 7.4%
  5分 14時52分 32 2 0:25 25 8.0%
  6分 15時18分 34 2 0:26 26 7.7%
  7分 15時45分 36 2 0:27 27 7.4%
  8分 16時15分 38 2 0:30 30 6.7%
  9分 16時52分 41 3 0:37 37 8.1%
  満潮 18時17分 43 2 1:25 85 2.4%

back